« ささめきこと PVが配信されています他 | トップページ | 咲-Saki- 第25話 »

2009年10月11日 (日)

ささめきこと 第1話

 柔らかい音楽に乗せてふわふわと漂うおとぎ話の
ように、物語は進んでいきます。エピソードの
一番最初にあの場面を持ってきたり、あまり
ギャグ方面が強調されていない所と見ると、
百合的な発展を期待できそうですね。

 テレビ放送の始まったアニメ「ささめきこと」、
その一 ささめきこと」を見てみました。
 お昼時、純夏はいつものように、汐ときよりと
3人で弁当を食べようと立ち上がる。しかし汐は
どこか上の空だった。聞いてみると、気になる
女の子ができたらしい。そう、彼女はいつも
「かわいい女の子」を愛してしまうのだ。

 この作品がアニメ化されると聞いた時、どんな
雰囲気になるのか気になりました。原作コミックは、
第1話(最初読み切りとして掲載されたそうです)では
女の子達の思いが交錯する切なさを描く構成、
第2話からは暴走気味な(?)汐と彼女への思いが
通じずに苦い思いを繰り返す純夏、そこにギャグ
っぽい事件やキャラが登場してきて、みたいな
展開になっていました。
 今回のアニメ第1話では、コミックの第1話
(と第1巻に掲載されている「蛇足の1」)を
カバーする内容になっていました。全体的に
落ち着いた印象で、百合テイストを描いていく
場合に適しているように思えます。それに、
一番最初の場面で、コミック第3話の百合な
カットを持ってきたのは、この作品で正面から
百合を描いていくという宣言(?)のようにも
思えます。第2話以降もこういう雰囲気で
進めていってもらえると楽しめそうな気がします。

 画面は色合いも落ち着いていて、キャラの
描き方もマッチしているかもです(ギャグ顔も
あまり派手すぎないですし)。キャラの声も
静かな感じで正に「ささめきこと」と言えそう
でしょうか。
 ストーリーの運び方がゆったりしているのは、
原作の1話24ページ分を1本に割り当てている
から、なのでしょう。このテンポが、音楽にも
引き立てられて、何か時間が過ぎるのを忘れさせる
ようですね。

 また、これからストーリーにに絡んできそうな
キャラも今回ほとんど登場していますね。
朋絵とみやこ、正樹にあずさも。まあ全員同じ
クラスなので日頃から近くにはいるのでしょう
けれど、こうしてそろっていると、これから
この人達がどういう風に関わってくるのか
楽しみになります。ちなみにあずさと正樹は
せりふがありました。正樹の声の感じが女の子
っぽい(キャストは女性です)のがちょっと
意外な気はしましたけれど、この人がアケミ
として登場する時には威力(?)を発揮しそう
ですね。

 それと、あずさが出てくるという事は、同人誌
の話題も出てくる、かな。そうなれば「ゆりフェス」
についても描かれそうですよね。あの「百合の解放区」
がアニメで登場したら面白そうかもです。
(そういえば、作中では「ゆりフェス」は英語で
「THE GIRLS LOVE FESTIVAL」と書かれています。
ちょっと実在のイベントを連想しちゃいますね。)

 、、、いろいろ期待が膨らんできちゃいますね。
それはそれとして今回のエピソードでは、純夏や汐
の性格付けが見えてくる感じでした。純夏は
ちょっと無愛想で周りからは恐い人と思われがち
ですが、傷つきやすくて、汐の事をいつも思って
いて、汐の言葉一つで喜んだり悲しんだりする
女の子、ですね。汐も、自分の恋愛の仕方が
他の女の子達とは違うとわきまえているためか、
純夏達の前では騒いでいても、好意を寄せる相手
(女の子です)には、簡単には自分の気持ちを
打ち明けられずにいるようです。彼女が想像する
夢のような物語の中では、百合の花が咲き乱れ、
自分の思いは遂げられています。それが現実では
どうなるのか、という所がポイントになりますね。
 また、汐が自分の恋に精一杯で、自分の言葉が
周りの人を傷つけているかもしれないと気づけない
部分も描かれています。純夏はこのために昔から
切ない思いをしていますが、今回はきよりにも
被害が及んでいるような。
 それでもあまりめげていないきよりは、いい奴
ですよね。汐が自分の恋の対象を打ち明けても、
ちょっと引いたぐらいであまり気にはしていない
ようですし。純夏と汐が仲直りできるように
応援したりもしてます。まあきより的には、
「女の子同士の恋愛」にあまり現実味を感じて
いないから割と楽観的でいられるのかもです
けれど、女の子同士で愛し合う事を気にしすぎる
純夏と汐を見守って、時々手を差し伸べてくれる
きよりの存在は大切なのではないでしょうか。

 純夏が読んでいた小説は「風立ちぬ」、汐が
図書室で目にとめた本は「雨月物語」です。
「風」からは「風間汐」を、「雨」からは「村雨純夏」
を、それぞれに思い出させます。本人達とは
関係のない本のちょっとした文字だけで相手を
思い浮かべてしまう2人は、お互いをとても
気にかけているのでしょう。そこに気づければ
彼女達の関係も変わっていくと思われます。が、
そういう時がアニメ本編で来るのかどうか、
気になりますね。
 原作コミックの1話をアニメの1話で描いて
いくのであれば、1クールで原作第2巻の最後
ぐらいまでが扱われる事になるでしょうか。
そうだとしたら、純夏と汐の気持ちが重なる
瞬間を見られるようになるのかもしれませんね。

|

« ささめきこと PVが配信されています他 | トップページ | 咲-Saki- 第25話 »

作品 ささめきこと」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31747698

この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと 第1話:

« ささめきこと PVが配信されています他 | トップページ | 咲-Saki- 第25話 »