« コミック百合姫 Vol.17 その3 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第2話 »

2009年10月18日 (日)

真・恋姫†無双 第2話

 劉備の登場で物語は動き始めるようですね。
彼女達の行く手に待ち受けるのはどんな出来事
なのでしょう。オープニング映像の感じでは、
これから個性的なキャラがもっとたくさん登場
するみたいですね。

 テレビアニメ「真・恋姫†無双」、第2席
「劉備、桃花村を訪れるのこと」です。
 街で買い物をした帰りに、関羽(愛紗)達は
賊に襲われている女の子を助けた。聞けば桃花村
を目指した旅の途中だという。愛紗達は一緒に
村へ彼女を連れて行く事にするが、彼女の名前が
劉備だと聞いて驚きを隠せなかった。

 愛紗達は、劉備を名乗る男とは因縁があった
ようです(この辺りは前シリーズで描かれたり
したのでしょうか?)。なので目の前の女の子が
同じ名前を出した事でとても驚いてしまった
みたいです。
 この時代って、名前が重要な意味を持っている
ようですね。またこの作品でも、姓、字名、真名
といったいくつもの名前の種類が出てきています。
人とのつながりとして特に重要なのは、第1話
にも出ていた、「真名を預ける」という事らしい
です。今回は、鈴々も翠もお互いを真名で呼んで
いたので、2人のつながりはより深まっている
とも言えそうです。
 それに対して劉備はまだ真名を皆に伝えて
いません。まあ出会ったばかりですし、本人は
あまりお世話になりすぎないうちに出て行こう
としていたみたいですから無理もないのでしょう。
 でも最終的には彼女にとって新しい展開が
待っていたようです。義勇軍の女の子達との
ふれあいもこれから多くなってくるのでしょう。
やがて愛紗達との間で大切な真名を告げあう
場面も描かれるようになるのでしょうね。

 愛紗達は、桃花村に落ち着く前は旅をしていた
ためなのか、諸国を巡る事については心惹かれる
ものがあるみたいです。朱里も世の中のいろいろな
知識を集めたいと思っているようです。が、その
主な内容は、、、。この作品の元になっている
ゲームは年齢に制限のあるものらしいですので、
そちらの流れを表している設定なのでしょうね。
それにしてもこの時の朱里の手の動きが細かい
、、、。アニメ作品だと絵でお色気を表現する事が
よくあると思いますが、今回の朱里や、冒頭で
愛紗を紹介する星のせりふなど、この作品では
言葉で表現する場合が多い感じでしょうか。この
傾向はこの後も健在、なのかな?

 旅立ちを前に、鈴々と翠はお互いに特別の挨拶
をしています。第1話でこの2人の関係を
取り上げたのは、こういう場面があるから
だったんでしょうね。彼女達は姉妹の契りを
結んだわけではありませんが、相手の無事を
祈る気持ちは強いのでしょう。

 こうして旅は始まるようです、そこで気に
なるのは、劉備と星の関係、、、。劉備は颯爽と
現れた「美と正義の使者」にハートを奪われて
しまったみたいですけれど、この思いはこの後
発展していくのかどうかが百合的には興味のある
所ですね。劉備の憧れが恋心の始まりなのか、
そして劉備に対して星はどういう気持ちを抱いて
いるのか、、、。
 今回を見た感じだと、星は、劉備が謎のヒロイン
をべた褒めしているのが嬉しいみたいです。
彼女に対して星が正体を明らかにしないのは、
たとえ名前を明かさなくても、自分の正義感や
行動力が、人を引きつけているのだと愛紗達に
教えたかったから? もし劉備と特別に親しく
なりたいと考えていたなら仮面を付ける必要は
なかったでしょうし。彼女の本心を知りたいかも
ですね。そして例えば劉備が仮面の正体を知った
時にどう思うか、その辺りにも百合な展開が
あるかもしれません。

|

« コミック百合姫 Vol.17 その3 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第2話 »

作品 恋姫†無双」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31837675

この記事へのトラックバック一覧です: 真・恋姫†無双 第2話:

« コミック百合姫 Vol.17 その3 | トップページ | とある科学の超電磁砲 第2話 »