« 大正野球娘。 第8話 | トップページ | うみものがたり 第9話 »

2009年9月 3日 (木)

彼女達の物語、、、「姫神の巫女」

 サイトのトップにあるイラストは、やはり
「剣の巫女」こと千歌音と姫子、でしょうか。
彼女達の激しくも切ない物語が、ここから再び
始まるのかもしれません。

 2人組の漫画家、介錯さんにより新しいサイト
が立ち上げられているようです。タイトルは、
姫神の巫女~千ノ華万華鏡~」とされています。
今の所トップページのみの構成となっていて、
イラストが掲載されています。
 イラストには2人の女の子の姿が描かれて
います。左側の女の子はあおあおとしたロングの
黒髪に幅の広いヘアバンド、引き締まった口元と
鋭い眼光が特徴で、セーラー服を身にまとい、
日本刀と思われる刀を手にしています。右側の
女の子は、「紅茶色の髪に赤いリボンをした、
背の低い、くりくりとした目の子」(第5.5話
収録「愛のオロチ懺悔室」より)ですね。

 、、、という事で千歌音と姫子にとても似て
いますね。彼女達が登場する「神無月の巫女」は、
介錯さんの原作によるコミックが連載され、
アニメ化も行われています。物語は、私立乙橘
学園に通う2人の女の子、来栖川姫子と姫宮千歌音
が、16歳の誕生日の朝に、「剣の巫女」としての
運命に目覚め、世界を闇に陥れようとするオロチ
を封じ込めるために剣神アメノムラクモを復活
させようとするが、、、という感じですね。
 剣の巫女は転生を繰り返すとも言われて
います。その一つの姿と思わせるものが別の作品
に描かれています。「京四郎と永遠(とわ)の空
は、コミックもアニメも「神無月の巫女」とほぼ
同じスタッフで制作されています。この作品の
中では、「かおん」と「ひみこ」という名前で、
彼女達と姿も考え方も似ているキャラが登場
します。

 そこで改めて「姫神の巫女」を見ると、やはり
イラストの2人は千歌音と姫子の姿を思わせますね。
左側の女の子がセーラー服を着て刀を持っている
姿は、「京四郎~」で東月封魔女学園(ひがしげつ
ふうまじょがくえん)の制服を着ているかおん
のようにも見えます。右側の女の子の服装は
ちょっと違っていて、2人が違う学校に通っている
イメージがあります。(介錯の1人、セブンさんの
ブログ記事にも、彼女達と思われるイラストが
掲載されたりしています。)
 タイトルのロゴも「神無月の巫女」のものに
近い雰囲気があります。それに、タイトルの
「姫神の巫女~千ノ華万華鏡~」の中には、
「姫」、「巫女(みこ)」、「千」、「華」などの
文字が含まれていて、これが「姫子」や「千歌音」
の名前を思い出させたりします。それと「鏡」の文字で
連想するのは、第7話「恋獄に降る雨」でミヤコの
術に捕らわれた千歌音が、鏡に映るように無数に
現れた偽の姫子に誘惑される場面、とか、、、(後は
コロナの必殺技「ファイナルステージ」もありますね)。
またトップページの背景にちりばめられている
紅葉は秋のイメージ、神無月とは10月の事ですから、
ここも近いものがありそうです。

 ではこのサイトが何を示しているのか、が
気になる所。今はあまり詳しくは紹介されて
いないですね。新しい作品として企画されている
みたいではあります。どんなストーリーが、どういう
形で見られるようになるのでしょうか。

 「神無月の巫女」では、姫子と千歌音が、剣の巫女
という避けられないさだめの中で、自分達の本当の
気持ちを見つけ出していく物語になっています。
中でも千歌音が、自分の命よりも、いえ、世界の
すべてよりも大切なもののために何もかもなげうって
行動する所が胸を打ちますね。
 また「京四郎と永遠の空」では、かおんとひみこは
常に一緒にいて、何度も唇を重ね、2人とも相手の
事を愛しています。それなのに、彼女達は結ばれては
いません。アニメの第2話でキスする2人の表情が、
その悲しみを表していた気がします。

 今回の作品でも、そういう百合な感情をたっぷり
表現していってもらいたいですね。以前は個人的に、
姫子と千歌音の物語は一つの形としてまとまって
いる感じがしていました。なので同じ人物が登場
する別の物語となると微妙にイメージが変わって
しまうのではないかとちょっと不安になっていました。
でも、かおんとひみこの物語も感動的でしたし、
同じように今度のも期待できるかなと思います。

 「神無月の巫女」は、今年がテレビ放送開始から
5年に当たります。5月にはDVD-BOXも発売され、
これで一区切りになってしまうのかな、と思って
いた所で今回のようなサイトが作られたので、
彼女達のストーリーはまだ続きそうですね。
彼女達にはこれから苦しい出来事が待ち受けて
いるのかもしれませんが、それを乗り越えて
自分達の愛を実らせてもらいたいです。

|

« 大正野球娘。 第8話 | トップページ | うみものがたり 第9話 »

作品 京四郎と永遠の空」カテゴリの記事

作品 姫神の巫女」カテゴリの記事

作品 神無月の巫女」カテゴリの記事

百合情報」カテゴリの記事

コメント

ギンガムさん、こんばんは。
遊びにきちゃいました♪

姫神の巫女ですか!
いよいよ始動という感じですね。
ただまだ準備中ばかりなので、具体的にいつから
どんな形態で始まるのかわからないのがもどかしいところですね。
でも楽しみに待ちたいと思います。

それから、もしご迷惑でなければリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: うみ | 2009年9月 6日 (日) 01時47分

うみさん、いらっしゃいませw!
「姫神の巫女」、どういう感じになるのか
とても気になりますね。物語の中ではいろいろ
起きるのかもしれませんけど、彼女達には
最後には結ばれてもらいたいです。

リンク、オーケーですよ。それとこちらからも
リンクさせてもらっても良いですか?

投稿: ギンガム | 2009年9月 7日 (月) 23時36分

リンクありがとうございます。

もちろんうちのブログでよければ、全然オッケイです。
これからもよろしくお願いします。

それから2000記事達成おめでとうございます!すごいですね@@;
私も見習いたいものです。

投稿: うみ | 2009年9月 8日 (火) 19時28分

こちらからのリンクも張りました。
これからもよろしくお願いしますね。

2000記事へのお言葉ありがとうございます!
この記事数については、、、自分でも驚きです。
筆無精なのに。
何ていうか、百合なものにはつい反応しちゃう
みたいです。
うみさんのブログも楽しみにしてますw。

投稿: ギンガム | 2009年9月 8日 (火) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31223994

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女達の物語、、、「姫神の巫女」:

« 大正野球娘。 第8話 | トップページ | うみものがたり 第9話 »