« とある科学の超電磁砲 サイトがリニューアルされています | トップページ | ランティスから10周年記念のベスト盤が発売されます他 »

2009年9月 8日 (火)

青い花 第10話

 以前恭己が言っていたせりふ「皆わがままだよ」
は、彼女自身にも当てはまるのでしょう。大人に
なれない事を自覚もしているらしい彼女は、
どういう行動をとるのでしょうか。そしてその時
ふみは何を感じるのでしょうか。

 テレビアニメ「青い花」、第10話「幸福の王子
です。
 休日に特に予定のなかったふみは、あきらに
電話しようとするが、連絡が取れなかった。
その頃あきらは教会で結婚式に参列していた。
恭己の姉の和佐と、藤が谷の教師各務による
挙式だった。

 今回は恭己がメイン、という感じですね。
ていうか次回も、タイトルが原作と対応している
なら、彼女が話題をさらっていくエピソードに
なりそうです。アニメは次回までなので、
これではあきらやふみの活躍(?)する場が
少なそう? 次回はヒロインの彼女達の関係を
たっぷり描いてもらいたいかもです。百合的
にも、、、。
 恭己は、かなり昔から、1人の男性に思いを
寄せていたようです。髪を短くしてボーイッシュ
な姿になったのも、その人に興味を持って
もらうためでした。
 ですがその男性は彼女を相手にはしてくれず、
いっぽうで恭己は学校(藤が谷)の女の子達に
もてまくります。松岡女子に転校した後も、
彼女がそのスタイルをキープしたためか、同じ
ように女子達には騒がれたようですね。
 京子は昔から恭己について回り、この春に
出会ったふみも、彼女に好意を持ちます。
この2人に関しては他の女子達のような淡い
憧れとは少し違っていたようですけれど、恭己
が彼女達のために自分を変える事はなかった
みたいです。
 結局恭己は、その男性への思いが捨てられ
なかったようですね。第7話で彼女の姉達と
話している場面で、恭己は男も女も愛せる人間
なのでは、と言われていましたが、実は男性だけ
を愛し続けていた、という事なのかも。

 ちなみに杉本4姉妹の仲では、少なくとも
恭己の他に和佐や公理は男性の方に興味が
あったようです(姿子については語られて
いませんが、どうなのでしょうね)。学生時代
は4人とも藤が谷にいて、原作コミックの
単行本に追加されている過去エピソードに
よると、姿子や公理は周りの女生徒達から
すかれていたようです(和佐のエピソードは、
第3巻までにはなかったような)。この辺りは
恭己に近いですね。

 作中では、恭己が女の子にもてすぎて、あきら
でさえ危うくなびきそうになっていました。
が、たぶん恭己自身は、ふみに出会うまでは
ずっと女の子とつきあったりはしなかったの
では、という気がします。相手の男性がもし
振り向いてくれるような事があった時に、
自分がフリーでいなければ意味がなさそう
ですし。
 なので、恭己とふみとでは、ふみの方が
女の子同士の恋愛関係について経験が多く
偏見も少ないのではないでしょうか。ふみと
千津との交際は、最初は千津が積極的に
なって、自己主張があまりできないふみを
押し切った感じだったらしいです。けれど
ふみは千津に好意を持っていたわけですし、
お互いに理解し合った上で体の関係になって
いたと言えそうです。

 そういう点では、やはりふみの恋心を
応援したいですね。彼女は男性よりも女性を
愛しているようですし。それに、あきら兄や
康も彼女には近づこうとしていないっぽい
ので(あきら兄の場合は昔から知っていたから、
というのもあるかもしれません)、ふみには
のびのびと、自分が本当に恋する女性を
見つけてもらいたいですね。

 ふみは今回、恭己に対する態度の中で、
成長した姿を見せてくれたように思います。
今までは相手の言いなりになってばかりいた
彼女が、自分の気持ちをはっきりと言えて
いたと感じられます。恋愛についても、彼女が
同じように積極的になれれば、素敵な恋人を
探し出せるチャンスも増えそうです。

 さてそんな風に自分をはっきり表現する
ふみを、あきらはすぐそばで見ています。
彼女は成長していくふみを、どう見ているの
でしょうね。
 これまでは、昔も今も、甘えて自分に頼って
くるふみを、あきらはたしなめつつも優しく
受け止めたりしていました。そういう関係で
いる事を、あきらも嬉しく感じていたの
でしょう。
 では今回のようにふみが考えをはっきり
言えるようになったら、、、もう自分が世話を
焼く必要はないと少し距離を置くように
なるのか、それとも自分はふみにとってもう
必要ないのかと心配になって逆に彼女に
甘えようとする、とか。彼女達の間で百合な
関係を見てみたい所ですけれど、でもアニメは
次回まで、なのですよね。一気に大きな
変化が起きたりは、、、しないかな。

・「青い花」レビューリストレビューセンター

|

« とある科学の超電磁砲 サイトがリニューアルされています | トップページ | ランティスから10周年記念のベスト盤が発売されます他 »

作品 青い花」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31292418

この記事へのトラックバック一覧です: 青い花 第10話:

« とある科学の超電磁砲 サイトがリニューアルされています | トップページ | ランティスから10周年記念のベスト盤が発売されます他 »