« 青い花 第9話 | トップページ | 大正野球娘。 第8話 »

2009年9月 2日 (水)

咲-Saki- DVD第3巻が発売です

 ちょっとタイミングが変わりましたが第3巻
のリリースですね。ここから3話収録、また
映像特典に噂の「ピクチャードラマ」が入る事に
なります。ネットでは場面カットも紹介されて
いますね。そこではどんなストーリーが展開されて
いるのでしょうか。

 現在テレビ放送中のアニメ「咲-Saki-」より、DVD
第3巻が本日発売となっています。収録されるのは、
第5話「合宿」、第6話「開幕」、第7話「伝統
です。今回の第3巻から、3話ずつの収録に
なっています。
 この話数の頃は、麻雀部の合宿で咲達が腕を
磨き、県予選団体戦へと挑戦していく流れですね。
合宿での練習の後、1年生女子3人がのんびり
としている所とか穏やかな感じで良いですね。
そして咲と和は改めて、全国大会への希望を
2人で確かめ合っているようです。
 この辺りではまだ県予選が始まってすぐ
ぐらいなので、龍門渕や風越女子、鶴賀学園の
エピソードは少なめな感じです(桃子なんて
どれぐらい出てるのか、っていうような)。
その分咲達のストーリーに集中できたり、また
彼女達の目から見た大会の雰囲気が伝わって
くるのかもです。

 さてこれまで第1巻では「座雀会」スペシャル
の映像、第2巻では百合、というかお色気満載(?)
の抱き枕カバーといった初回特典がありました。
今回からは、「ピクチャードラマ」が映像特典
として付いてきます。内容についてはスタッフ
ブログの記事で一部紹介されていますね。また
別記事では、ドラマ第1話の場面カットが掲載
されています。
 画像には、麻雀卓の前に座る幼い和の姿が
描かれています。周りが淡い色に包まれていて、
回想場面のような感じですね(彼女がペンギン
柄のTシャツを着ている所がまた、、、)。
 表情は、、、とても嬉しそうに笑っています。
誰か親しい人達と一緒に麻雀を打っていたその
時間は、彼女にとってかけがえのない思い出
なのでしょうね。その時の気持ちを失いたく
なかったから、和は、親に反対されても麻雀を
やめなかったのでしょう。

 ですが麻雀を打つ事にこだわりすぎて、彼女は
誰とも直接向き合わずに、ネット麻雀をし続ける
日々に没頭していってしまったのかもしれません。
本当は誰かとおしゃべりでもしながら自分の
手で牌にさわるのが楽しみだったはずなのに、
何かが食い違ってしまったのではないでしょうか。
 それに気づかせてくれたのが、中学1年の
時の、優希との出会いだったのでしょうね。
和はデジタル打ちという自分の特徴を生かし
ながら、優希達と一緒に麻雀大会へ挑戦します。
結果はアニメ本編でも描かれているわけです
けれど、それでも和にとって、あの時一緒に
戦った4人は大切な人なのでしょうね。

 ピクチャードラマ第1話では、和と優希が
メインの登場人物になるようです。この2人の
間で、思い出が語られていったりするのかも
ですね。

|

« 青い花 第9話 | トップページ | 大正野球娘。 第8話 »

作品 咲-Saki-」カテゴリの記事

百合リマインダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31209979

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- DVD第3巻が発売です:

« 青い花 第9話 | トップページ | 大正野球娘。 第8話 »