« ささめきこと 第5巻が発売です他 | トップページ | 大正野球娘。 第11話 »

2009年9月24日 (木)

咲-Saki- ピクチャードラマ 第1話

 本編の流れをちょっと補うようなエピソードが
語られています。麻雀そのものや、咲と和の関係
についてはあまり多く扱われていない感じです。
今後もこんな雰囲気で続いていく?

 テレビアニメ「咲-Saki-」のDVD第3巻特典
となる「ピクチャードラマ」の第1話を見てみました。
 形としては、何枚かのアニメ版のイラストを
切り替えたりズームしたりしながら、ストーリーが
語られていく、という感じですね。音の部分では、
キャラ達の会話が中心になっています。たとえる
なら、CDドラマにイラスト画像を合わせた、という
雰囲気でしょうか。
(ちなみに、脚本は浦畑達彦さんによるオリジナル
だとか。そこへ原作の小林立さんがアイディアを
提供されていたりするそうです。)

 第1話のストーリーは、、、DVDにも収録されている
アニメ第5話「合宿」の中で、咲達が温泉に入って
いる場面の裏で起きていた事が描かれています。
露天風呂で流れ星を見たという咲の言葉を聞きつけて
浴槽へ戻った和と優希。星を待つ間に2人は
いろいろな会話をします。

 和が初めて麻雀にふれた思い出が語られていたり
します。使われているイラスト(スタッフブログにも
紹介されています)では、何か暖かな雰囲気が
漂っているようです。和にとっての麻雀の印象で、
一番中心にあるのは、こういう優しい、愛情のある
イメージなんでしょうね。だからたとえ打っていて
つらい思いや悲しい経験をしたとしても、彼女は
決して麻雀を嫌いになったりはしないのでしょう。
どんな事が起きても、麻雀自体は穏やかで楽しい
ものだと確信しているのでしょうね。
 そういう背景があるから、出会って間もない頃の
咲が、麻雀を好きではないと言っていた事が、また
何よりそんな咲に負けた自分が、和は許せなかったの
ではないでしょうか。そういう彼女の気持ちが見えて
くるような気がします。

 和はこの合宿で、自分と麻雀の出会いについて
優希に初めて教えたようです。とするとこの思い出は、
中学の同級生で一緒に麻雀大会にも出た優希にも
話した事がない、割と秘密な出来事だったのかも?
まあ優希と和は麻雀で別の思い出をたくさん作って
きてますし、改めて言わなくても、麻雀への和の
愛情を、優希はちゃんとわかっているのでしょう。

 というようないろいろ考えさせられるエピソード
も描かれていました。が、何しろ温泉の場面なためか
お色気方面にも力が入れられているようです。
アニメ本編もDVD化されて湯気が少なくなっている
みたいなので、ピクチャードラマでもサービス部分が
考えられていたりするのでしょうか。

 それと、百合的なものが少なかった感じもしますね。
清澄なら咲と和の関係が百合的には一番の注目
ポイントですけれど、今回2人の間の親密さは
あまり出ていなかったようです。

 今回のような構成で進むのなら、これからの
ピクチャードラマでもあまり百合テイストは
プッシュされない、のかな。できれば百合な
エピソードをたくさん見てみたい所です。

・「咲-Saki-」レビューリストレビューセンター

|

« ささめきこと 第5巻が発売です他 | トップページ | 大正野球娘。 第11話 »

作品 咲-Saki-」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/31507029

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- ピクチャードラマ 第1話:

« ささめきこと 第5巻が発売です他 | トップページ | 大正野球娘。 第11話 »