« フレッシュプリキュア! 第25話 | トップページ | にじぷり 第12話 »

2009年8月 2日 (日)

咲-Saki- 第17話

 前半戦と後半戦の間の、わずかな休憩時間。
ですがそこにもドラマはあるようです。決勝を
戦う彼女達が、気持ちを切り替えるきっかけに
なっているみたいですね。百合的にも、、、。

 テレビアニメ「咲-Saki-」、第17局「悪夢
です。
 龍門渕の衣が連続であがる事により前半戦は
終了。衣は2位の咲に大きな差をつけ、トップ
に立っていた。一方風越女子の華奈は、持ち点が
4万点を切っている。彼女は、もはや立ち直れない
ほどふさぎ込んでいた。

 前半戦は、衣以外の対局者にとっては無惨な
結果になってしまったようです。本人達は解説や
実況を聞くまでもなく、自分達の身動きがとれなく
なっている状況を実感しているのでしょう。
 衣が場を支配する力は強いらしく、また戦術も
豊富なようです。首根を押さえられていて、どう
あがいても抵抗できない感じ。またその感覚を、
3人とも同時に味わっています。衣が格の違いを
見せつけるようにわざとそうしているからなのか、
3人の敗北感は大きいみたいですね。

 休憩時間が始まっても、暗い雰囲気は変わって
いません。特に華菜の落ち込みようは激しい
ですね。
 彼女は、去年も今年も風越の大将を任されて
いますね。以前久が言っていた「セオリー」に
よれば、強い打ち手が先鋒、次鋒を担当する
そうです。華菜は今、校内ランキング2位なので、
1位の美穂子と一緒に先に戦って点差を広げる
役割についても良さそうな所です。
 けれどそうなっていないのは、華菜が大将戦
に対して強い思い入れがあるからなのかも。
去年風越は、華菜が出場した大将戦で龍門渕の
衣と当たり、そこで敗退を決めてしまったらしい
です。また、ただ負けただけではなく、前の年
まで続いていた風越の全国大会出場の連続記録を
断ち切ってしまい、、、。美穂子を喜ばせるため
だけに勝ちたいとさえ思っている所のありそうな
華菜にとっては、自分のせいで敗退するのは
耐えられない事だったのでしょうね。
 まあ今年も衣が大将になるのかどうかは、
オーダーが発表されるまで風越にはわからないの
でしょう。けれど、華菜には、衣と戦って衣を
倒す、この思いは何よりも大きかったようです。
(「魔物退治」の秘策なども練っていたかも?)
 ところが前半戦の結果は、、、。大将戦でこの
点数では、挽回するのはほとんど無理とも思え
ます。また、後半戦に入っても、大きな手を狙って
牌を選んでいれば、ふりこんでしまう可能性も
ありますし。彼女には大ピンチのはずです。
 そんな彼女のもとへ、約束を破ってまでやって来た
美穂子。ですが華菜と対面しても、彼女にはかける
言葉が見つからなかったようです。麻雀の名門、
風越で校内ランキング上位者である2人には、
何も言わなくても、今の状態が絶望的であるのは
わかっているのではないでしょうか。
 言葉の代わりに美穂子がした事は、、、。あの
時の彼女には、華菜に自分の愛情を伝えずには
いられなかったのでしょうね。点数がマイナスに
ならない限り、後半戦も戦わなければならない
華菜に対して、あれは彼女ができる唯一の事
だったのでは。

 、、、という行為を対局室の真ん中でやってたら、
ギャラリーに丸見えなのでは? と思ったら
やはり見られていたみたいです。ゆみがモニター
を見ていた時はこちらに背を向けてましたが、
どんな表情をしていたのかちょっと気になったり。
 それはそれとして、ゆみの所へは桃子が来て
応援していましたね。珍しく弱気になるゆみに、
そんな事はない、と力強く言葉をかけていました。
 これは、ある意味ではゆみを追い込んでしまう
可能性もあった気がします。ゆみは、桃子だけ
でなく智美からも、大将の器として期待されて
いたようです。メンバーからは期待の目で見られ
ながら、でも戦ってみれば、つけいる隙もない
程の衣の支配力に圧倒されてしまいます。
 何とか前半戦を終わらせてきた所へ、今度は
また桃子からの応援の言葉。これはゆみには
相当なプレッシャーにもなりそうです。
 桃子は、ゆみの勝ちを祈り、またゆみが
自分達の期待に応えてくれるのを何も疑って
いないようです。そんな桃子の姿が、ゆみには
重荷になるのかも、、、と思ったのですが、
実際には違ったみたいですね。
 愛すべき後輩が、自分を信じて応援してくれて
いる。彼女の素直な言葉には、何があっても
応えてあげたい、と、ゆみは思えるようになったの
かもしれません。できる事は少ないけれど、
圧倒されて縮こまっているだけではいられない、
やれる事をすべてやって、チャンスをつかもう、
と。それは桃子の、つたないけれど純粋な思いに
ふれたゆみが、胸に宿した決意なのでしょう。
 桃子の方も、最後に意味深な言葉を残しています。
この2人の絆は、この戦いが終わった後にも、
確かめられそうですね。

 そして咲と和、、、。和は、咲の気持ちの
揺らぎに気づく事ができました。さらに、どんな
風にしてあげるのが咲にとって一番いいのかに
ついてもわかったようです。咲が戦っているのは
決勝の大将戦というとても大事な局面。それを
理解した上で、和は励ましの言葉をかけました。
 咲には、この言葉は嬉しかったのでしょうね。
戦う事、勝つ事も重要ですが、それ以上の
気持ちに、彼女は気づけたのではないでしょうか。
 話し合っている間に、咲も和も照れて赤く
なってしまいます。こういう初々しい愛情の
込められたやりとりも、彼女達らしくて良いですね。
 また彼女達の場合、周囲の人達も2人の仲を
気づいていて、さらに受け入れているようです。
休憩時間に咲の所へ走っていった和を見た優希は、
2人の間にあるものを「愛」という言葉で表現
しました。それに、この言葉を聞いた久、まこ、
それから京太郎も、驚かずに普通に聞いていました。
清澄の麻雀部員達の中では、2人の仲の良さ、
というか愛情は自然なものと捉えられているの
でしょう。

 大将戦は後半へと入っていきます。対局者は
それぞれに気持ちを切り替えているようです。
衣も、藤田プロに応援されるようになって
しまってはトップの座も危ういかも? 次は
何が起きるのでしょうね。

・「咲-Saki-」レビューリストレビューセンター

|

« フレッシュプリキュア! 第25話 | トップページ | にじぷり 第12話 »

作品 咲-Saki-」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/30808485

この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki- 第17話:

» 【咲-Saki-】 美少女“麻雀”アニメ 第17話「悪夢」 動画配信開始! [ビーナビ]
残すは半荘1回。「気をつけろ、衣、そいつはまだ生きている。」 完全勝利は近い。このまま終わるのか?どうなる大将戦! 本格ガールズ麻雀ストーリー“咲-Saki”配信中! 第17話 「... [続きを読む]

受信: 2009年8月21日 (金) 16時47分

« フレッシュプリキュア! 第25話 | トップページ | にじぷり 第12話 »