« うみものがたり 第4話 | トップページ | コミックラッシュ 9月号が発売です »

2009年7月25日 (土)

飴色紅茶館歓談 第1巻が発売です

 紅茶の香りの漂う穏やかな日々の中で、甘い
言葉が交わされる中、少しずつ、愛が育てられて
いきます。それぞれが思い描いている未来が
同じものだという事に、彼女達は気づいていく
みたいですね。

 発行一迅社百合姫コミックスより、藤枝雅さん作
飴色紅茶館歓談」の第1巻が今日発売となります。
この作品は、コミックWARDに掲載されたりした後、
コミック百合姫での掲載、連載が始まりました。
連載開始からでも数年たって、ここで単行本の発行と
なりました。これだけ続いているのは人気があるから、
なのでしょうね。また今回は「第1巻」なので、これからも
続いていくのでしょう。(次の第2巻はいつごろ
リリースされるのでしょうね、、、。)
 ストーリーは、紫野(ゆかりの)の地にある小さな
ティーハウス「飴色紅茶館」の店長、犬飼芹穂と、
アルバイトの女子高生琴織さらさの、ゆったりと
した時間の中で育てられる愛情の物語、という
感じでしょうか。さらさの友達の獅子尾ハルと
白鳥日乃夏など、個性的なキャラクターも登場
します。(ところで彼女達の名字って、何となく
星座と重なっているみたいですね。)

 百合的には、何気ないやりとりの中で感じる
相手への思いやりとか、言葉には出さなくても
ずっと相手を支えていきたいと思う決意のような
ものが感じられる気がします。そこからもう一歩
先の恋愛へはなかなか踏み込んでいきません
けれど、その暖かな雰囲気が作品の特徴ですね。
 と、言っている内に、百合姫Vol.16に掲載の
エピソードでは、芹穂がさらさに対する自分の
気持ちを意識し始めたようで、、、。これから後の
展開が気になります(ちなみに先週発売のVol.17
では休載みたいですね)。

 通常版と一緒に発売される限定版には、ドラマ
CDが同梱されています。Vol.16の付録ドラマCDと
同じく、新キャラの早乙女愛華(まなか)と南城詩子
が登場しています。2人は漫画家と担当編集者
らしいですね。彼女達のふれあいも描かれて
いくのでしょう。ドラマCDの脚本は藤枝さんの
書き下ろしだそうです。
 ドラマCDといえば、藤枝さんの以前の作品、
ことのはの巫女とことだまの魔女と」でも、
ドラマCD付き限定版コミックと、独立したドラマ
CD「マドリガルハロウィン」が発売されていますね。
こちらの主人公は魔女のレティと鴇神の巫女の紬
です。そして実はこの2人は、この2枚のドラマ
CDで(それにコミックス本編でも)この「飴色紅茶館」
に来てました。藤枝さんの作品の間でこんな風に
つながっている部分があるらしく、ちょっと面白い
ですね。(他には「Alice Quartet」や劇中劇に
「ローテシアで花束を」が出てくる「乙女色
Stay Tune」とも関係があるようです。)

 なお、今回の発売を記念して、とらのあなでは
限定版の購入者に先着で特別描き下ろしコースター
をプレゼントするそうです。アイスティを飲む時
などに使うと良さそう? というか使うのが
もったいないかもですね。

|

« うみものがたり 第4話 | トップページ | コミックラッシュ 9月号が発売です »

百合リマインダ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/30694093

この記事へのトラックバック一覧です: 飴色紅茶館歓談 第1巻が発売です:

« うみものがたり 第4話 | トップページ | コミックラッシュ 9月号が発売です »