« 神無月の巫女 DVD-BOXが発売です | トップページ | 百合姫 編集部ブログが始まっています »

2009年5月23日 (土)

百合姫S Vol.8

 本誌発のコミックスの予定もまた新しく
立ち上がり始めていますね。今号でも掲載
本数が多くなっていますし、これからも
たくさんの百合作品に出会えそうですね。

 発行一迅社、「コミック百合姫S」Vol.8を
見てみました。なお、掲載作品の本数が増えて
きたので(本誌も発展しているのですね)、
レビューの載せ方を少し変えています。では
内容を一部ご紹介、、、。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・夏の始まり(吉富昭仁)
 夏休み開始の前日、誰もいない海岸。2人
で遊びに来たかえでとのぞみは、木陰で制服を
脱ぎ捨てた。水着姿になった彼女達は、ポーズ
を作って勢いよく海へ飛び込む。
 「親友」から一歩踏み出したら何が起きるか
、、、かえでものぞみも確信はないのでしょう。
でもどうしても気持ちはそちらへ向いてしまう
ようです。彼女達は実はそれだけ惹かれあって
いるのでしょうね。海から上がってくるかえでを
待つのぞみの表情や、転びそうになったのぞみを
かえでが受け止めた場面など良いですね。
 吉富さんの作品集「熱帯少女(仮)」は6/18に
発売が予定されています。たぶん(巻頭カラー
ですし)この作品が最初に収録されるのでは、
という気がします。

・雨粒ハルモニア(いずみやおとは)
 優花は、病弱な妹にかかりきりの両親とは
疎遠になっていた。孤独に暮らす彼女は、ある
雨の日、寒桜の下に裸足でしゃがみ込む1人の
少女に出会う。
 優花は、寂しい日々を忘れたくて、雨音に
のめり込んでいったのかもしれませんね。雨音
ばかりを見ていたから、ちょっとした事を見誤って
しまい、、、。優花が現実を受け入れるには、
雨音の気持ちをきちんと気にかけてあげる必要が
あるのでしょう。ところで最後のページの雨の
場面、、、百合作品だからこその演出、ですね。

・flower*flower flower*8(石見翔子)
 雨期の真伽国、ニナは宮殿の中で本を読んで
過ごしていた。自然に思い出されるのは幼い頃。
病床にあった母親にも留守がちな父親にも会えず
1人でいた時の記憶だった。
 動き回ったり外に出たりが自由にできないと、
つい考えは内面や昔へ向いてしまいますね。ニナ
の場合は今の状況が昔と似ているからよけいに
気になる? そろそろ国の間の思惑みたいな
ものが動き出しそうですが、朱はニナのそばに
寄り添い続ける事ができるのでしょうか。ていうか
女同士の結婚の問題は片づいたの?

・ゆるゆり(なもり)
9.「宿題は、忘れた頃にやって来る」
10.「ザ・家庭訪問2009.春。」
11.「Let's ドリブル the おっぱい」
12.「ザ・家庭訪問2009.春。~第二章~」
 京子が不満げな顔でノートに向かっている。
忘れ物をしたために宿題を出されたらしい。文句
ばかりで身が入らない彼女は、結衣の手の甲に
何か文字が書いてあるのを見つけた。
 あかり達へのちなつの思いや、櫻子と向日葵の
ライバル以上? の関係などほんのりとした百合
テイストに、京子の暴走(「結衣様」もなにげに百合
っぽい?)や千歳の妄想がプラスされて笑える
内容になっている感じですね。京子達がツッコまれた
時の擬音が面白かったです。それと、「Let's~」の
表紙の向日葵が櫻子をまた殴りにいってるような、、、。

・HONEY CRUSH crush 8(椿あす)
 いつものようにみつと恭子が話しながら歩いて
いると、目の前で鉄橋から飛び降りようとする
少女が。2人はあわてて止めに入るが、一瞬
遅く、少女は落下していった。
 同じ幽体でも、みつと菊では立場も考えも
違うようです。チャンスを捨てようとしている
菊よりもみつの方がよほど生きる事への願いが
強いと言えそうですが、だからといってすべて
思い通りに行くかというと、、、。今回はみつの
不利がよりはっきりしてきている感じですけど、
その先に希望は待っていてくれるのでしょうか。

・リンケージ(倉田嘘)
 T&Uメディカル社の、次世代介護ロボット開発
プロジェクトで主任をつとめるリカ。「愛情を持つ
知能システム」に取り組む彼女に与えられた
ロボットの筐体は、少女の姿をしていた。
 愛情のない場所で育ったから、愛情がどんな
ものなのか実感した事がない。そういう部分は、
リカもエルも同じなのでしょう。リカは愛情を
客観的に分析しながら、同時に胸の中では愛を
求めてやまなかったのでしょうね。エルも、リカに
仕組まれたわけではなく、自分にとっての愛が
何なのか自分で感じて行動しているのですよね。
 倉田さんの作品集は6/18に発売予定となって
います。仮のタイトルは「リンケージ」とされていて、
この作品の描くテーマも大きな意味を持ちそう
ですね。

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« 神無月の巫女 DVD-BOXが発売です | トップページ | 百合姫 編集部ブログが始まっています »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/29775655

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫S Vol.8:

« 神無月の巫女 DVD-BOXが発売です | トップページ | 百合姫 編集部ブログが始まっています »