« まりあ†ほりっく DVD第1巻の特典内容が発表されています他 | トップページ | マリア様がみてる 4thシーズン 第4話 »

2009年2月 5日 (木)

フレッシュプリキュア! 第1話

 人の喜ぶ姿を見られるなら何だってしてあげたい
ラブ。それなら、自分自身の喜びについてはどう
思っているのでしょうね。そして百合的には、、、
あるとしても描かれるのはもっと後なのでしょうか。

 テレビ放送が始まったアニメ「フレッシュプリキュア!
第1話「もぎたてフレッシュ!キュアピーチ誕生!!」を
見てみました。
 四つ葉中学に通う2年生の桃園ラブが、幼なじみ
の蒼乃美希、山吹祈里の前で突然泣き出した。
「先輩にフラれた」というのだが、詳しくいきさつを
聞いてみると、彼女はなぜか友達の由美の身の上話を
始める。

 主人公が「『愛』の力に目覚める」というだけある
ためなのか、冒頭から恋愛エピソードになっている
みたいですね。でもこれが直接本人の恋愛事情では
ない、という部分がポイントかもしれません。やはり、
主人公がイケメンとラブラブになるみたいな流れは
この作品ではあまり描かれないのでは、という気も
します。(百合的にもそちらの方が良さそうです、、、。)
それにラブが嬉しく思うのは、最初にも書きましたが
誰かが喜ぶ姿を見る事でもあるようなので、誰かの
恋の橋渡しをしてあげる、といった場面が多く
なりそう?

 ラブは、これから「デート」だという美希の後ろ姿を
見送りながら「いいなー」と言っています。が、彼女は
自分もイケメンのボーイフレンドがほしいとまでは
言っていないのですよね。恋への憧れみたいなものは
あったとしても、それは彼女の中にある興味の対象の
一つでしかないのかも。
 公式サイトのキャラ紹介を見ると、大輔、裕喜、健人
とちょうど3人の男子がいます。大輔はラブが気に
なっていて、裕喜は美希が、健人は、、、? という
感じですが、これでちょうど3組成立、みたいには
ならない気もします。
 他の男性キャラは、、、カオルちゃんは年上の立場
からラブ達を見守るような位置づけみたいですね。
第1シリーズMax Heartのアカネに近いですし、
彼女と同じように、自分なりの悩みを持っていて
上から目線ではなくラブ達と話し合える人であって
もらいたいかもです。後は、メビウスからウエスター
とサウラーも登場していました。この2人は、クールな
ワルというよりは、つっこみどころやコミカルさのある
キャラみたいですね。オープニングではラブ達と
にらみ合っていますが、この2人が恋愛に絡んで
くるパターンはなさそう、、、?

 今のラブは、ダンスとプリキュアの事でいっぱい
いっぱいになっているのでしょう。男の子達と
話すよりも、ミユキにレッスンを受けたりイースと
渡り合って世界を守る方がより重みを持つのでは
ないかと。
 今回描かれた占い館でのイースとの出会いでも、
ラブの胸には何かの気持ちが宿ったみたいです。
占いは「全然信じてない」とまで言っていたラブ
ですが、もしこの後占いが(というかイースの事が)
気になり始めて館へ足を運ぶようになったら、
イースとの結びつきが強まって物語的にも面白く
なりそうに思えます。

 美希はクールな印象で、ものの見方がスマートで
冷静な感じがします。じゃあラブ達の事も少し引いた
目で見ているのかというと、そうでもないみたい
ですね。ラブが泣いていれば、いろいろ言いながらも
ハンカチを差し出していますし、それに学校帰りの
貴重な3人の時間(3人は別々の学校に通っています)を
キャンセルしたら、後でちゃんとフォローの電話を
ラブに入れています。ぱっと見ではわかりづらい
思いやりみたいなものが、彼女の特徴なのかも。
 これで3人がもし初対面に近い間柄だったりすると、
愛情のわかりづらさが影響して仲違いしたり仲直り
したり、というエピソードを期待できそうですけれど
、、、。3人は幼なじみだそうなのでそんな展開は
あまり望めないのかもしれませんね。
 今回の美希のデートの相手は、、、こちらもやはり
ボーイフレンドとかではなさそうに思えたり。
髪の色が同系色ですし、、、。美希が母親と2人暮らし
という点が何かを意味しているようにも思えますが、
どうなんでしょうね。

 祈里には、優しさと、その向こう側に何となく
自信のなさが見え隠れしている雰囲気がありますね。
ラブが泣いている場面で、理由を聞こうとしているのに
つい「言いたくなかったらいいのよ」と言ってしまう
辺りとか、、、。誰かの力になってあげたいと思い
ながら相手に近づく一歩が踏み出せない、そこが
祈里の奥ゆかしさでもあり、弱みでもあるのでしょう。
そんな彼女がダンスユニットのメンバーになったり
プリキュアにだってなろうというのですから、大変な
勇気と痛みをもって弱さを乗り越える事になるのでは
ないかと思います。そういう感動の物語がこれから
見られるようになると良いですね。

 そしてイース、、、。彼女とラブとの出会いでは
お互いに何だか印象があったようです。また戦いの後
キュアピーチの前から去る時のイースのせりふには、
本人でさえ気づいていないのでしょうけれど深い意味が
ありそうです。
 イースはキュアピーチの正体がわかっているみたい
ですが、ラブは相手が何者なのか知らない雰囲気。
この差が、2人の気持ちに微妙な違いを与えそうにも
思います。彼女達が、自分達の間にある使命や立場や
探しているものの違いなどすべてを乗り越えて
近づいていけるようになると良いですね。
 イースが4人目のプリキュアなのかどうかは
まだまだはっきりしないのでしょう。でも最初に
ピックルンがちゃっかり(?)4個描かれていたので、
(イースかどうかは別としても)「4人目」という
キーワードがやがて見えてくるのでは。その時
どんなストーリーが描かれるのか期待したいです。

 そこで思うのは、もし仮にイースが4人目の
プリキュアだったとして、彼女がラブ達の所へ
行く前に、何かしなければならないのでは、という
事です。イースは今回、イベントに集まってきた
何も知らない人達を、恐怖と絶望の底へと
突き落としていました。もし彼女がこの世界の
人達のために働こうとするのなら、自分がした事を
謝らなければならないのでは、と、、、。
 イースは、Splash Starの満と薫と立場的に似ている
気がします。けれどこの2人の場合は、「太陽の泉」の
ありかを知るために、主に咲と舞を倒そうと
戦っていました。一般の人達を巻き込むような事は
あまりしようとしなかったのでは、と感じられます。
2人は咲、舞とふれあっていく中で新しい感情に
気づき始めますが、イースにそれが訪れるなら、
自分のしてきた事、これからしたい事を考える
必要があるのかもしれません。

 今回のシリーズでは、ラブのギャグ顔だったり
ノリツッコミなどがあって、コミカルなテイストも
楽しめるかもしれませんね。それと、キャラデザが
やはりこれまでとは少し違うようです。前に書いた
スパッツ率ゼロ」の他にも、コスチュームでは
割と胸が強調されるデザインだったり、ラブ達の
目元はアイラインがはっきりしていたりします。
違うファン層を開拓しようとしているのかも?
(そういえば、公式サイトの「ストーリー」の
ページにある次回予告が、、、。今までは全文
ひらがなとカタカナだけで書かれていたのですけど、
このシリーズでは漢字交じりの文章になって
います。より上の年齢層を意識しているとか
なのでしょうか。)
 ラブ達には女の子同士の関係を強めていって
もらいたい所ですけど、しばらくはそういう
展開にはならないかな、、、。イース(または
4人目のプリキュア)がクローズアップされる時、
何か百合を期待できるのかもしれません。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« まりあ†ほりっく DVD第1巻の特典内容が発表されています他 | トップページ | マリア様がみてる 4thシーズン 第4話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/27815395

この記事へのトラックバック一覧です: フレッシュプリキュア! 第1話:

» ◎フレッシュプリキュア!第1話「もぎたてフ... [ぺろぺろキャンディー]
プリキュアの新シリーズ始まった。といっても、ハートキャッチャーじゃなくて、一年前に始まったフレッシュプリキュアだったりする。とりためてた、プリキュア5がやっと全部見終わ... [続きを読む]

受信: 2010年4月29日 (木) 20時35分

« まりあ†ほりっく DVD第1巻の特典内容が発表されています他 | トップページ | マリア様がみてる 4thシーズン 第4話 »