« マリア様がみてる 4thシーズン 第3話 | トップページ | アカイイト&アオイシロ 公式アートワークスが発売です »

2009年1月30日 (金)

Yes!プリキュア5GoGo! 第48話

 戦いが終わった後、のぞみには幾つかの
選択肢があったようです。が、彼女が望んだのは
りん達と一緒にいる「未来」でした。そして嬉しい
事に、彼女の選択に反対する人はいなかった
みたいです。

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5GoGo!」、
第48話「未来へ!永遠不滅のプリキュア5!
です。
 キュアローズガーデンがエターナルの館長の
手で滅ぼされるのと同時に、あらゆる世界の
命が動きを止めてしまった。これ以上の進攻を
防ごうと、のぞみ達は力を振り絞って再び立ち
上がる。

 今回のエピソードについては、百合を思わせる
ような場面はちょっとなかったですね。世界を救う
ためのヒロイン達の気持ちの高まりと大バトルが、
クライマックスではメインになるのでしょうね。
柔らかい、微妙な感情が描かれるとしたら戦いの
後になりますが、そこについても百合なテイストは
あまり入っていない感じでした。
 でもまあ男女の恋愛が描かれていたわけでも
ないので、引き分け(?)とも言えそうでしょうか。
、、、のぞみとココは久しぶりの再会でも淡々とした
雰囲気でしたし、こまちとナッツは一緒には
いないみたいです。それとシリーズの後半で
何だか接近し始めていたうららとシロップも、
特に何かあるわけではないようです。
(ちなみに、うららが読んでいた台本のタイトル
「五つの光」は、フランス語では「サンクルミエール」
というらしいです。)

 このシリーズでは、誰かが誰かに愛情を持つ
らしい表現が所々で見受けられました。それは
女の子同士の場合もありましたし、男女間で
ムードを出している場合もありました。さらに
のぞみ達の間だけではなく、エターナルの側
にもその空気が広がっていたように思います
(アナコンディだけでなくシビレッタも、、、)。
 そういう場面では、だいたい共通した特徴が
あった気がします。それは、男女の間で愛の言葉を
はっきり話す事がほとんどなかった、という事。
そういう言葉を言いそうになるとココもナッツも
急に口をつぐんでいたような。男女間で愛情を
言葉に出したのは、もしかしたらクレープ王女
だけだったかも?
 それぐらい、恋愛についてはメインにしない
方向性があった感じがします。、、、でもその割には、
シチュエーション的に男女間の恋愛を盛り上げ
ようとしていた風にも見えるのですよね。
のぞみとココとかは特に。演出的にはどういう
ものを目指していたのでしょうね。

 これと関係があるのかどうかはわかりません
が、ちょっと気になった事も。物語中、男女が
いい雰囲気になる回があると、そのすぐ後
ぐらいの話数では必ずと言っていいほど、
のぞみ達メンバーがそれぞれの都合でばらばらに
なるエピソードが描かれていたように思います。
愛情のために友情が失われる場合がある、と
言いたい?
 これまでのシリーズでも、ヒロインと憧れの
男子の仲は進展しないパターンだったみたい
です。それならいっその事この作品で男女間の
愛情は表現しない、という選択肢もありそうに
思うのですが、、、そういうわけにはいかない?
一緒に戦う事になったヒロイン達なら、自分達の
間の運命、絆、コンビネーションみたいなものを
確かめるのは重要なのでは、と感じます。
 ところで次のシリーズでは、メインヒロインは
「愛の力に目覚めたプリキュア」だそうです。
なので、もしかしたら愛情表現は何かの形で
必ずあるのかもしれません。でもこれまでの
事を考えると、どうせなら女の子同士のラブを
普通に描いても良さそうに思ったりします、、、。
その辺りを何とか期待したいですね。

 さてその前に今シリーズでの内容に戻って、、、。
女の子同士に関しては、確かにいろいろ
エピソードがありました。ちゃんと「大好き」
と口に出して言う場面もあったり。けれど
微妙にさっぱりした印象で、百合というよりは
友情にとどまっている雰囲気がありますね。
まあ6人の中でカップルが1組だけできあがって
しまうとそれこそ気まずい感じになってしまう
かもしれませんし、やっぱり彼女達のチームが
ばらばらにならないためには、特定の2人
だけが近づきすぎてしまうのは良くないの
でしょうか。見ている側としては想像で補う
事になる?

 お互いの強い所も弱い所も、ボケツッコミも
知り尽くしていて、相手のためならどんな事
でもしてあげたいと思っているのぞみとりん。
1年生の頃一緒に苦労を乗り越えようと思ったのは
決して偶然ではなく、3年生になっても相手を
気遣える距離に寄り添っているかれんとこまち。
のぞみとはばっちり波長が合っていて、一緒に
いればとことん遊んで元気を与え合い、自分
自身もつい満面の笑顔になってしまううらら。
かれんの抱える寂しさを知っていて、彼女に
優しくしてもらうたび自分の身を犠牲にしてでも
彼女を救うための行動を起こすくるみ。
彼女達の間には、口には出さなくてもお互いを
思い合う百合な気持ちがあるのでは、と思いたい
ですね。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« マリア様がみてる 4thシーズン 第3話 | トップページ | アカイイト&アオイシロ 公式アートワークスが発売です »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/27647939

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5GoGo! 第48話:

« マリア様がみてる 4thシーズン 第3話 | トップページ | アカイイト&アオイシロ 公式アートワークスが発売です »