« Phantom 放送時期、キャストなどが公開されています | トップページ | 苺ましまろencore 第1巻が発売です他 »

2009年1月22日 (木)

まりあ†ほりっく 第3話

 かなこと穂佳は、追い求めているのが女の子
だという点では似ているのかもしれませんね。
それが元でいざこざが起きたりもしてしまうの
でしょうけれど、少なくともそうしている間は、
彼女達も本気でいられるでしょうし、それに
百合な舞台が物語の中心になってくれそうです。

 テレビアニメ「まりあ†ほりっく」第3話
「被虐の若芽」です。
 ミッション系の天の妃女学院ではお祈りは
大切な行為。教師の芙美にお祈りのやり方を
教わる事になったかなこは、うきうきしながら
準備を始める。が、彼女が用意していたのは
ロザリオではない、と鞠也は冷酷に指摘する。

 前半は、鞠也がかなこをいじり倒す(?)という、
以前からと同じ流れですね。かなこがおろおろ
する姿が見たくて、鞠也は祖母の形見のロザリオを
彼女に押しつけます。、、、けれど、この辺りの
鞠也の行動って、何だか思いやりの裏返しみたい
にも見えますね。または、小さい男の子が気になる
女の子をついいじめちゃう的なそぶりというか
(鞠也は高1男子ですし、そういう部分は割と
ありそうに思えます)。登下校を必ず一緒にする、
という縛りも、気に入っているからそばに置いて
おく理由を見つけた、とも思えてしまいます。
 とはいえこの人の場合、いじって遊べるぐらいの
意味でのお気に入り、と考えているのかも
しれませんね。けれど茉莉花は、そこに何か
違和感っぽいものを感じているようです。彼女が
どれぐらいの間鞠也と一緒にいたのかは
わかりませんけれど、彼女の気づいたものが
鞠也自身の意識しているのとは別の感情だとしたら、
かなこと鞠也の関係は形を変えていく可能性が
ありそうです。

 ていうかそれよりも後半が、、、。穂佳が使った
魚介系のアイテムとかかなこの脳内の名探偵(?)
ぶりとかありましたけど、それ以上の要素が全面に
扱われていたような気がします。、、、りりしい
先輩にあこがれすぎるために、先輩に近寄る
他の女生徒にはひどい嫌がらせをする、とかって、
女子校内のいさかい事を表現するにはかなり
オーソドックスなタイプのエピソードのような感じが
しますね。それに気づいた隆顕が大胆な行動を、
というのも、ドラマティックさを盛り上げている
ように思います。かなこにとっては、大歓迎な
シチュエーション? 自分もいつの間にかその
輪の中に入って立ち回っているのに気づいたら、
かなこは大喜びしちゃいそうでしょうか。
 このエピソードがそのまま続いていくのかは
わかりません(原作を読んでいないので、、、)。
物語的には、どこかでオチがありそうにも
思えます。なのでどこまで女の子同士の恋愛
らしさを色濃く描いてもらえるかどうかで
「百合色」の度合いが変わってきそうな気も。
できれば百合的な部分を描ききってもらいたい
所ですね。
 それと、奈々美の存在も急激にクローズアップ
されてますよね。無口らしいだけに彼女の
本当の気持ちはまだよくわかっていませんが、
こちらも百合度を高めていってもらえたら良い
ですね。

|

« Phantom 放送時期、キャストなどが公開されています | トップページ | 苺ましまろencore 第1巻が発売です他 »

作品 まりあ†ほりっく」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/27383437

この記事へのトラックバック一覧です: まりあ†ほりっく 第3話:

« Phantom 放送時期、キャストなどが公開されています | トップページ | 苺ましまろencore 第1巻が発売です他 »