« えるえるシスター 第1巻 | トップページ | フレッシュプリキュア メインキャストが発表されています他 »

2009年1月14日 (水)

四季おりおりっ! 第1巻

 姉妹であっても関係なしに夏希にアタック
しまくる秋乃でしたが、だんだん姉ラブな場面が
描かれる事は少なくなっていって、、、。このまま
彼女の熱は収まり、普通の姉妹に戻ってしまうの、
と思ったら、最後に思わぬ展開が。この後も
百合満載でお願いしたいですね。

 発行一迅社4コマKINGSまんがぱれっと
連載中の、稲城あさねさん作「四季おりおりっ!」の
第1巻を見てみました。
 ストーリーは、、、親から離れ、姉妹4人だけで
暮らしている春菜、夏希、秋乃、冬香。いつも
4人一緒に行動する彼女達の性格はそれぞれに
個性的で、周囲にはいつも話題が絶えない。

 こちらの作品は、別の記事にも書きましたけれど
「姉妹愛」が気になった一迅社の2冊の内の1冊
です。百合姫とは違う雑誌に掲載されていますが、
百合姫だけでなく他の雑誌へも百合テイストを
広めていく作品になると良いですね。

 おっとりしているけれど実は元ヤンの春菜、
成績抜群だけど無愛想な夏希、元気いっぱいで
何事もやりすぎてしまう秋乃、家事全般を
こなせるしっかり者の割には地味めな冬香、
それぞれの個性が重なり合って、思わず
吹き出してしまうようなギャグが生まれる、
みたいな感じでしょうか。メインのストーリーに
関わってくるキャラが他にあまり出てこない
事もあり、この4姉妹の間にある雰囲気を楽しむ
作品かもしれません。ちなみに全員アホ毛あり、
だったりします。
 百合的には、最初から元気に飛ばしまくる
秋乃が、姉の夏希に思いを寄せる辺りでしょうか。
とにかく姉が大好きで、いつも一緒にいたい、
隙があれば飛びついてキスしたいぐらいの
勢いです。それに対して夏希は冷静に受け流し、
時にはプロレス技で対抗したりもしています。
他の2人は、特に干渉したり秋乃を引き留めたり
といった事はしないで、傍観している状態。
秋乃の姉ラブには慣れっこになっているのかも
しれませんね。まあそれだけ長い間、秋乃は
夏希を追いかけ続けているのでしょう。

 でも後半になってくると、秋乃は相変わらず
元気ではあるのですが、夏希の方に向かって
いく場面が少なくなっています。愛や恋の
感情が前面に出てくるようなエピソードも
あまり見受けられなくなっているような、、、。
 たぶんこれは作品のカラーというか演出
みたいなものだと思われます。が、秋乃が
だんだん夏希になつくのをやめて、他の
喜びを見つけていく、という流れを読者の
目で見ていると、百合的にはちょっと切ない
感覚がありますね。秋乃が、女の子であろうと
実の姉であろうとかまわずぶつかっていった
日々は、ひとときの夢のようなものだったの
かな、と。
 このまま2人はよくいる姉妹関係になって
しまうのかと思っていた所、この巻の最後の
エピソードで夏希が、、、! これまでずっと
本心を言わなかった彼女の気持ちが見えて
きます。それに、彼女が今の学校に入学した
理由って、姉の思いやり程度の気持ちから
来るようなものではないですよね。夏希の
思いは、今まで秋乃の猛アタックの陰に隠れて
いたのかもしれませんね。ここから夏希の
逆襲(?)というかアタックが始まるようになると
面白そうです。この後の物語でも百合テイストが
たくさんあるのを期待したいですね。

|

« えるえるシスター 第1巻 | トップページ | フレッシュプリキュア メインキャストが発表されています他 »

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/27170432

この記事へのトラックバック一覧です: 四季おりおりっ! 第1巻:

« えるえるシスター 第1巻 | トップページ | フレッシュプリキュア メインキャストが発表されています他 »