« 2008年 百合に思いをはせる | トップページ | 百合姫コミックス これからの発売予定 »

2009年1月 1日 (木)

百合の期待 2009

 新しい年となりました。今年はどんな
百合が登場するのでしょうね。いろいろな
場面で女の子同士の深い結びつきを見て
みたい気がしますが、そういった期待を
込めながら少し考えてみました。

 今年の百合ジャンルへの予想、というよりは
希望のようなものを書いてみたいと思います。
 去年を思い出すと、アニメでは百合が
メインテーマになっている作品ってそれほど
多くなかったような気がします。ほのぼの
とした空気の中で女の子同士がじゃれあう、
という描写もあるとは思いますが、気持ちの
上でのつながりを見せていってもらえる作品が
多く出てくると良いですね。女の子がたくさん
登場すればそれで百合、というわけでもないように
思いますので、、、。

 この頃だと、アニメ作品をネット配信する
場合が出てきていますね。テレビやOVAに
限らない新しい見方ではあるのでしょう。
こういうものを通して新しい視聴者、特に
百合に興味のある人達に作品を提供するとか、
人の目に触れる機会を増やして新しく興味を
持ってもらえたりできたら良さそうですね。
 後は劇場公開とか、、、? 上映館数を
限定して公開するパターンなどもあるみたい
ですし、これもファンを獲得する手だてに
なるかも。
 劇場公開といえば、実写映画やドラマ
なども気になりますね。映画作品だと割と
一定して女性同士の恋愛を取り扱うものが
制作されていたりしますし。、、、けれど
ストーリーが悲劇的な運び方になる作品が
多いようにも感じられるのですよね。百合を
ポジティブにとらえる映画など作られたり
すると嬉しいですけれど、それは望みすぎ
でしょうか。

 コミックでは、いろいろなタイプの百合
作品が描かれていますね。最近は男の子
向けの雑誌でも女の子同士のいちゃつきが
描かれるものが増えている気がします。が、
よく見てみると、お色気場面を演出する方法
として、女の子同士のふれあいが使われて
いる場合がけっこうあるように見えます。
というのは、男女のキャラで色気のある場面を
描くとちょっと生々しくなってしまいがちだけれど、
女の子同士でいちゃつかせれば少し雰囲気を
和らげられる、という意図が働いているようにも
思えてしまうのです、、、。男の代理ではない
女の子同士のふれあいをもっと見られる
ようになれば、とも感じます。

 他には、別の記事にも少し書きましたけれど、
百合のタイプが分かれすぎてひねりすぎた
作品ばかりにならないように願いたい気が
します。もちろんいろいろなテイストが
見られるのは良いでしょう、その上で、
正統派な百合も見ていきたいかもです。
 まあつまりたくさんの種類の作品を
見られたら嬉しいという事で、、、。今年も
百合、ガールズラブのジャンルが伸びていくと
良いですね。

|

« 2008年 百合に思いをはせる | トップページ | 百合姫コミックス これからの発売予定 »

百合ノート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/26714357

この記事へのトラックバック一覧です: 百合の期待 2009:

« 2008年 百合に思いをはせる | トップページ | 百合姫コミックス これからの発売予定 »