« 櫻の園 映画第1作がBSデジタルでも放送されています | トップページ | ペンギン娘 はぁと 第21話 »

2008年11月14日 (金)

Yes!プリキュア5GoGo! 第38話

 、、、「ふたり」が手をつないで力を合わせる、
っていうのは、やはりこの作品シリーズでは重要な
テーマですよね。久しぶりにその場面が見られて
良かったです。
 ところで、青い薔薇は一輪、赤い薔薇はたくさん
、、、。という事は、今回以外の組み合わせも
あり得る?

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5GoGo!」、第38話
二人の力!ドリーム&ローズ!!」です。
 ミルクは自分が見つけて育てた青い薔薇の力に
よって、くるみやミルキィローズに変身できる
ようになった。青い薔薇は、自然界には存在しない
奇跡の花。ミルキィローズには重大な使命がある
はず、と聞かされた彼女は、次の日、置き手紙を
残して学園から姿を消した。

 特別な存在、なんて言われれば、くるみだったら
有頂天になってのぞみ達に自慢でもするのかなと
思ったら、何だか反応は違っていましたね。
「重大な使命」という言葉に責任を感じてしまった
とも言えるのかもしれません。
 普段の彼女は、のぞみ達と(精神)年齢が近い事も
あって、5人のペースに巻き込まれたりしながらも
和気あいあいと生活を送っています。が、もともと
彼女がこの世界に来たのは、ココナッツ
身の回りのお世話をするためでした。だから
女の子6人でどんなに楽しい時を過ごしていても、
準お世話役としての仕事ができたらすぐにそちらへ
取りかかっているみたいですね。
 「ファイブDEチャンス」の時も、自分の役割を
理由に、彼女は「5人1組」の座をかれん達に
譲っていましたね。自分の本心、したい事よりも、
自分のするべき事の方を、彼女は優先させている
みたいです。
 今回彼女が行動を起こしたのも、同じ考え方から
だったのでしょうか? 彼女は、ミルキィローズの
役割が何なのかをしきりに気にしていました。
けれど役割が何であるか自体は、パルミエ王国の
準お世話役としての彼女の役目とは直接関係は
ありません。キュアローズガーデンへ行って
フローラを助けると「決定」したのはのぞみ達で、
しかもその時くるみはまだ彼女達とは合流できて
いなかったため、彼女達と一緒になって賛成した
わけではなかったようです。
 その後ミルクはくるみとしてのぞみ達と同じ
暮らしをするようになります。普段の生活や、
エターナルとの戦いの中、のぞみ達の一生懸命な
姿や、誰かを助けたいと思う優しさを、くるみは
そばで見続ける事になります。
 そして思った事は、、、。くるみは自分ものぞみ達の
ようになりたい、彼女達に近づきたいと考えたの
ではないでしょうか。実際の所、くるみだって
変身はできますし、ドリーム達と同じかそれ以上の
強力な力を持った技を出す事もできます。何も
足りないものはないように見えるのですが、、、
彼女は満たされていないように思えてしまいます。
 くるみは、今は「プリキュア5」のメンバーでは
ないのですよね。そのためなのか、彼女の持っている
アイテムではパルミンをショットする事ができません。
戦いなんかよりずっと大切な、行方不明の王様達を
探す手だてがない、、、。のぞみ達とのこういう
違いが、彼女にとっては大きな意味を持っているの
でしょう。
 、、、自分はプリキュアではない。たとえどれだけ
望んでも、プリキュアにはなれないかもしれない。
やっぱり自分はいつも1人なんだと、くるみは
考えてしまったのかもしれません。彼女はお世話役
見習い
の頃、ココやナッツを探して人間の世界を
さまよっていましたが、その頃はまだ人間に変身
する事ができなかったのですよね。なので人の輪の
中に入り込む事もできず、できるだけ目立たない
ように1人で生きてきたのではと考えられます。
誰かと同じではない、と感じたとたん、彼女の頭の
中には、その頃の記憶がありありとよみがえって
くるのではないでしょうか。

 けれどその時と今とは違います。のぞみ達がそばに
いるからです。のぞみ達は、くるみが1人で学園を
飛び出していっても、自分勝手で周りに迷惑を
かけているなんて考えたりしません。使命を背負った
彼女の胸の中を何となく感じ取っていて、どうするのが
一番いいか皆で考えていますね。与えられた役割とか
チームとかではなく、一緒にいて喜びや苦しみを
分かち合う関係を、彼女達は大事にしているみたい
です。

 そしてのぞみとくるみの思いが高まった時、
「ふたり」が誕生します。彼女達が手をつなぐ瞬間は、
まさに「ふたりはプリキュア」という感じですね。
こんな風に1対1で向き合って、相手との違いを
乗り越えてお互いを強く意識しあう姿が感動を
呼ぶのでは。
 けどそこに行き着くまでのエピソードが、今回は
ちょっと弱かったような気もします、、、。自分の体を
盾にして仲間をかばう所とかはアツい展開だったかも
です(何だか別作品を少し思い出してしまいました)が、
2人を強く結びつけるような気持ちの動きはあまり
見られなかったようですね。彼女達のコンビネーション
も含めて「これから」らしいので、期待したいです。
、、、というか最初にも書きましたけどくるみの
青い薔薇は一輪だけで、のぞみ達は皆赤い薔薇の
力の持ち主なのですよね。そうなると、くるみと他の
メンバーとの組み合わせとかもあったりする、のかな?
でもこの辺りはあまりぶれずに、特別な2人の
女の子達、みたいなカップルが誕生すると良い
ような気がします。
 もし次の新シリーズがあって、法則(?)に従うなら、
今度は7人のヒロインが登場するかもしれませんね。
例えばそこで、「5人のチームと2人」みたいな
組み合わせになったら、「ふたり」の百合な仲が
描かれるのかも。

・「ふたりはプリキュア」レビューリストレビューセンター

|

« 櫻の園 映画第1作がBSデジタルでも放送されています | トップページ | ペンギン娘 はぁと 第21話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/25334697

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5GoGo! 第38話:

» ◎Yes!プリキュア5GoGo!第38話『二人の力!ドリーム&ローズ!... [ぺろぺろキャンディー]
カレンが赤いバラをもってくる。クルミが青い場ははないのかきくと、青いバラは、幻だとリンちゃんが説明。青いバラの花言葉は奇跡だった。シロップが青いバラがキュアローズガーデンに咲いてたことを思い出す。そして、みんなにキュアローズガーデンへいったことがあると...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 3日 (水) 03時25分

« 櫻の園 映画第1作がBSデジタルでも放送されています | トップページ | ペンギン娘 はぁと 第21話 »