« ペンギン娘 はぁと 第16話 | トップページ | ソルフェージュ~Sweet harmony~ シナリオ紹介が始まっています他 »

2008年10月11日 (土)

神無月の巫女 第5話「夜闇を越えて」

 オロチになるのは、人の世への深い絶望を味わった
人間。中でも「一の首」ともなれば、その暗い感情は
計り知れないほどでしょう。ソウマはそんな相手に
立ち向かおうとしています。自分との強いつながりの
ある相手に。

 テレビアニメ「神無月の巫女」第5話「夜闇を越えて」
です。
 姫子とソウマの前に現れたオロチ衆一の首、ツバサ。
戦いを挑むソウマだったが、相手の力は強く、簡単に
ねじ伏せられてしまう。
 戦闘のさなか、姫子は爆風で吹き飛ばされ、千歌音に
借りたワンピースは無惨に引き裂かれていた。

 オロチになるには、それなりの理由があります。
ツバサが経験したのは、口に出すのも嫌になるような
出来事ばかり、、、。この人にとっては、世界がどう
なるかなんて、もうどうでもいい事みたいです。
こういう精神状態が、邪神と同調する元になるの
でしょうね。
 まだ考えに迷いのあるソウマでは、この相手には
とても太刀打ちできないようです。2体のロボットの
戦いは最初から一方的。そしてツバサの「語り」も
一方的のような、、、。一部では「ツバサ劇場」とも
呼ばれているらしいですけど、それだけ激しい感情が、
この人の胸の中には渦巻いていたのでしょう。
(絶望を味わったという意味では、他のオロチ衆も
同じはずですが、今回は(今回も?)割とコミカルな
位置づけになってますね。レーコの一言も妙に効いて
ました。)
 これほど強力な相手で、しかも実の兄であるツバサに
対して、ソウマに勝ち目はあるのでしょうか。、、、自分も
オロチの力に染まれば、もしかしたら。救いも希望もない
家庭環境の中で子供時代を過ごしたこの兄弟には、
2人ともオロチになる、そんな道以外には何も残って
いないのでしょう。
 ソウマが選んだ答えは、、、。自分には苦しみしか
降り注いでこないとわかっていても、もう迷いは
しないようです。

 こうしてソウマは、雄々しく立ち上がりました。
それを見た千歌音は、どう感じたでしょうね。これまで
姫子と一緒に行動してきても、千歌音は大事な時に
彼女を守る事ができませんでした。責められても
文句は言えない所でしょう。
 それなら、このまま引き下がって、オロチも地球も
巫女の運命さえも、ヒーローに任せるべきなのか、、、。
何の苦労もなく名声を欲しいままにして生きてきた
お嬢様は、結局それだけの人間だったという事なの
でしょうか。
 千歌音が、今までずっと一人で抱えてきた胸の奥の
思い。そこに何があるのかが重要になってきそうです。

・神無月の巫女 短期集中レビューリスト

|

« ペンギン娘 はぁと 第16話 | トップページ | ソルフェージュ~Sweet harmony~ シナリオ紹介が始まっています他 »

作品 神無月の巫女」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/24454082

この記事へのトラックバック一覧です: 神無月の巫女 第5話「夜闇を越えて」:

« ペンギン娘 はぁと 第16話 | トップページ | ソルフェージュ~Sweet harmony~ シナリオ紹介が始まっています他 »