« ひだまりスケッチ×365 第13話 | トップページ | 神無月の巫女 第3話「秘恋貝」 »

2008年10月 5日 (日)

櫻の園-さくらのその- 試写会情報と新企画が公開されています

 全国ロードショーの開始まで1ヶ月ほど。この作品は
試写会や映画祭への出品なども行われるようです。
また、公式サイトでは情報が増えて盛り上がって
きている感じですね。ブログパーツの配布なども
あるようです。

 「櫻の園」は、吉田秋生さん原作のコミック
中原俊さんの監督で映画化した作品です。実は
この作品が映画化されるのは2度目だそうで、
最初の時も中原さんが監督を務められたらしい
です。
 その新作「櫻の園-さくらのその-」は11月に
ロードショーが予定されいます。そこまでの間に
試写会が行われるようで、募集一覧が公式ブログ
掲載されています。募集期間、締め切り日などある
みたいですので、アクセスする場合はお早めの方が
良いかもしれません。また、東京国際映画祭(TIFF)で
特別招待作品として上映されるそうです。そちらの
スケジュールやチケット情報も掲載されています。

 私はコミックも映画第1作も見ていないため
よくわからないのですけれど、この作品って
百合テイストはあるのですよね。でもちょっと
気になるのは、今度上映される第2作は前作を
そのままリメイクしたものではないらしいという
事。ベースになる設定は同じらしいですけれど、
ストーリーの流れが少し違っていたり、新キャラが
登場したりするみたいです。
 そこで百合度がどうなっていくのか、ですね。
公式サイトのトップには、「悩んだり、落ち込んだり、
泣いたり、笑ったり、、、高校3年、この一瞬が永遠に
かわる6人の胸キュン♥ストーリー」と書かれています。
また、一緒に手書き風の文字で「私たち、あんがい
自分らの生き方にスジとおしてるよ☆」ともあります。
この雰囲気だと、割とポップな描かれ方になったり
するのでしょうか。明るめのガールズラブも面白い
と思います、けれど原作との関係もあるでしょうし、
どうなるのかはちょっとわからないですね。
 公式サイトで流されている予告編映像では、
女の子同士で抱きしめあったりキスしそうになったり
する場面があります。これが作中でどう扱われて
いるのか、、、。サイトにはこれからも情報が追加
されていくようですので、そこで何かヒントが
つかめたら良いかもです。

 それから、この作品をテーマにしたブログパーツ
配信されています。名前は「キャラクター診断
オリジナルブログパーツ」です。内容は、表示される
質問に答えていくと、映画の登場人物6人に当てはめて
診断してくれる、というものらしいです。試しに
ここにも置いておきます、、、。

|

« ひだまりスケッチ×365 第13話 | トップページ | 神無月の巫女 第3話「秘恋貝」 »

百合情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/24319498

この記事へのトラックバック一覧です: 櫻の園-さくらのその- 試写会情報と新企画が公開されています:

« ひだまりスケッチ×365 第13話 | トップページ | 神無月の巫女 第3話「秘恋貝」 »