« アオイシロ PC版が「具現化」? | トップページ | Candy boy EX01 »

2008年8月15日 (金)

百合作品ファイル

 知っている作品、知らない作品いろいろ
あって参考になります。が、もっとありそうな
気もするのですよね、、、。インタビューや
アンケート結果の分析などもたくさん載せて
もらえると良さそうかも。

 この前やっと発売となった、発行一迅社による
百合作品の解説本、「百合作品ファイル」を
見てみました。
 コミック、ノベル、アニメについて、1作品
1ページのレビューが合計100タイトル分
以上収録されています。コミックが一番多くて
全体の3分の2ぐらいになっています。表紙や
ジャケットのイメージ、それに注目ポイント
なども一緒に掲載されていて、こちらも参考に
なりそうです。
 レビューの内容は、あらすじの紹介と解説
などで構成されています。が、作品によっては
あらすじの紹介がほとんどになっていたり
しますね。ストーリーがよくわかるとも言える
かもですけど、オチまで見えそうになると
あまり良くないような、、、。こういうのの
加減って難しいですね、、、。
 それと、どんな百合テイストを楽しめるのか、
レビューによっては書いていないものもあって、
その辺りを少し詳しく知りたい気がします。
百合がメインなのか、サブキャラにそういう
雰囲気があるのか、それともはっきりとは
描かれてない所を想像で補うのか、とか、、、。
こういうのは個人差がありそうで簡単には
言えないのかな。

 百合姫コミックスがまんべんなく収録
されているのはさすが(?)ですね。でも特に
ひいきされるわけではなく他と同じように
扱われていたのが良かったように思います。
 百合雑誌の歴史を書いたコーナーでは、やはり
百合姉妹百合姫の存在の大きさが改めて
わかります。アンソロの方でも、「[es]
~エターナル・シスターズ~」や「百合天国」
などは面白いですね。これからもこういう
雑誌、書籍が多く発行されると嬉しいです。
百合姫ももちろん発展しつつ、他の出版社でも
取り上げられるようになるとより広がりが
出てくるのではないかと。

 百合作家の方へのインタビュー記事は、
発行の始まった「一迅社文庫アイリス」より
ワイルドブーケ 花の咲かないこの世界で
を書かれた駒尾真子さんと、「.(period)」を
書かれた瑠璃歩月さんについてのものとなって
います。お2人の百合作品に対する思いが
かいま見える記事になっています。またさらに
百合ノベルをたくさん書いていってもらいたい
ですね。
 後は、他の作家の方へのインタビュー記事も
もっと見てみたい気がします。そこには
いろいろな考え方や意気込みなどがあるの
ではないかと思いますし。小説だけでなく
コミックやアニメなどの分野へも展開したり
するとより楽しそうな、、、。ていうか
もしかしたら最初はこれより多くの記事が
掲載される予定だったとかなのでしょうか?
この本の値段も、最初発表されていたものと
比べて3分の2ぐらいになっていますし、
途中で予定変更されたとか。

 やはりこの本は単発ではなくてもっと
続けていってもらえると良いですね、、、。
今回対象となっていたのはコミック、小説、
アニメ(それから実写映画も少し)でしたが、
他にゲームやドラマCDなどもあるでしょうし、
それぞれの分野でもまだカバーされていない
作品が割とあるように思います。(例えば
コミックでは「ペンギン娘」や「マギーペール」、
ゲームで言えば「アカイイト」、「アオイシロ」、
ソルフェージュ」とかが思い浮かんだりします。
それにアニメでは「KURAU Phantom Memory
や「Candy boy」、「神無月の巫女」なども
忘れてはいけないのでは、、、!)
 百合のジャンルってまだ発展の途中だと
思いますので、こんな風に網羅して紹介する
ような本があるとありがたいです。これからの
展開に期待したいです。

|

« アオイシロ PC版が「具現化」? | トップページ | Candy boy EX01 »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/23007256

この記事へのトラックバック一覧です: 百合作品ファイル:

« アオイシロ PC版が「具現化」? | トップページ | Candy boy EX01 »