« ひだまりスケッチ×365 第7話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ配信日が発表されています他 »

2008年8月18日 (月)

百合作品ショートレビュー集 コミック編 その1

 百合な作品ってもっとあるのでは、、、と思って、
少しレビューを書いてみました。これでも
世の百合作品の中ではほんの片隅に過ぎない
でしょうけれど、何かの参考にでもなれば。

 この前発売された「百合作品ファイル」では、
100タイトル以上の作品が紹介されていて、
情報源として貴重な存在になっていると思います。
が、自分の知っている作品が入っていない場合も
あったりして、たぶん世の中にはもっとたくさんの
作品があるのかも、と感じました。じゃあ自分の
知っているものってどんななのか少し思い出してみよう
と考えてこの記事を作ったのでした、、、。
 とはいえどの程度まで書けるのかわからないの
ですが、お暇でしたら見てみてください。
個人的にはラブラブで報われるエンディングが
好みなのでそういうものが多くなっているかも
しれません、、、。また、もし皆さんのお薦めの
作品などあったら教えて頂けると嬉しいです。

 さて、この後の記事の書き方ですが、、、
「百合作品ファイル」に敬意を表して(?)基本的に
あちらに掲載されていない作品だけを集めました。
けれど、コミックとアニメなど、媒体の違うものは
別として扱っています。
 そして各項目の構成は次のようにしています。

・<作品名> (<作者名>) <巻数>
 タイプ:<作品の分類>
 あらすじ:<あらすじ>
 ポイント:<レビュー>
 関連情報:<ネット上にある関連情報>

 <巻数>は、現在発行中の巻数で、「全○巻」と
ある場合は完結している事を表します。
 <作品の分類>は、百合度やその扱われ方を元に
次のようなタイプに分けています(個人的な感想に
もとづいています)。

 百合メイン:
  メインで進行します。
 百合エピソードあり:
  一部にそれらしいエピソードが含まれます。
 百合キャラ登場:
  サブキャラで女の子好きな女の子が出てきます。
 強い絆:
  濃い友情、厚い信頼関係が描かれます。
 想像可:
  直接の表現はありませんが想像で補えたりしそうです。
 かわいらしさ:
  かわいい女の子同士がじゃれあったりします。

 ではコミックについて、この後ちょっと書いて
みます、、、。なお、リストは五十音順になって
います。

学園アリス (樋口橘) 1巻~16巻
 タイプ:強い絆
 あらすじ:
 元気で明るく一直線な小学生の佐倉蜜柑
(さくらみかん)と、クールで頭脳明晰で毒舌な
同級生、今井蛍(いまいほたる)は、近所で
知らない人はいないほどの名物コンビ。いつも
一緒の2人だったが、ある日突然、蛍が転校
する事に。行き先は、「アリス」と呼ばれる特別な
天才だけが入学できる謎の学園だった。
 ポイント:
 最初の方とかでは特に、蜜柑は蛍一筋で、
「蛍の妻」までも自覚しているようです。蛍の方は
そんな蜜柑を軽くあしらったり、「愛にあぐらを
かいて」こき使おうとしたりもするのですが、
深い所ではちゃんと蜜柑を思っているみたい
です。2人の思い出が詰まった学校を救うため、
蜜柑に心配をかけないように自分だけで決断
したり、、、。また、アリス祭の演劇やラスト
ダンス辺りのエピソードも百合度は高めでは
ないでしょうか。
 とはいえそこでは完全に恋愛とまでは
いってない感じですね。周りが驚くほど仲のいい
小学生の女の子達、というぐらいでしょうか。
また、最近フォローしていないのでわからないの
ですが、クラスの男の子達と蜜柑との関係が
クローズアップされそうな雰囲気もあって、
百合的には手放しでは見ていられないかも
しれません。
 関連情報:
 「s-book」のサイトでは、第1話の一部を
試し読みする事ができます。
 コミックを原作として、アニメゲーム
ドラマCDなどが制作されています。

小さな惑星(ほし)の小さなお話 (かずといずみ) 全1巻
 タイプ:百合エピソードあり
 あらすじ:
 不良の巣窟となっている元お嬢様学校に通う
一柳藤(いちやなぎふじ)。本当の彼女はとても
かわいいもの好きなのに、強面の外見と無口さ
から「静かなる阿修羅」と呼ばれ恐れられている。
そこへスウェーデンからの留学生、まるで人形の
ようにかわいいキリ・ストゥルルソンがやって来て
、、、「あかよろし!」をはじめ商業誌、同人誌
からの作品を集めた短編集。
 ポイント:
 不思議な村に住む2人の女の子、女子校の
生徒会や新聞部、6人姉妹と母親の女系家族など、
「女の子だけ」率はかなり高めです(でも男の子が
メインに絡んでくる作品もあります)。とはいえ、
女の子達の間で紡がれるのは、恋愛というよりも、
相手を誠実に思いやる気持ち、みたいです。
普通の友情や家族愛よりはよほど濃い感情
なのですが、百合な心情描写が前面に来ている
わけではないようです。
 この作品集に出てくる主人公の女の子達は、
何かに追いつめられてぎりぎりを生きている、
そんな人が多いようです。お金がなくて生活に
困っているとか、村の厳格な風習にとらわれて
いるとか、魔法のヒロインに変身するための
薬が残り少ないとか、、、事情はそれぞれです。
そんな中でも一生懸命に生きていこうとする
姿が美しいのではないでしょうか。そしてその
結果は、、、こちらもいろいろあるようです。
これだけぎりぎりの立ち位置にいると、うまい
方向に進む事もあれば、その逆もある、と、、、。
 この中では、、、「魔法少女ケミカルネオン」、
「禁止されていること」、「くろくろ」辺りが
やや百合度高めでしょうか。
 関連情報:
 「あかよろし!」が掲載されたコミックラッシュ
作品紹介ページにあるリンクをたどると、本編の
一部が試し読みできるようになっています。
(レビュー記事「あかよろし!」)

14(ジューシー) (原作 朝田光、作画 亜桜まる) 全2巻
 タイプ:百合キャラ登場
 あらすじ:
 西瓜中学2年生の3人組、リエコ、真奈、幸子
(14歳)はそれぞれサッカー部、野球部、陸上部の
マネージャー。自分達の部活の面倒を見るのは
それなりで、スクールライフをゆるく満喫している
3人だが、彼女達が集まるといつも、ちょっとした
事がおかしな大事件に発展してしまう。
 ポイント:
 もっともらしい事柄を少しずつ重ねていったはず
なのに、いつの間にかおかしな状況になっている、
みたいなエピソードが面白いですね。合宿での
携帯電話とか3人がチアをする回など笑えました。
 西瓜中は共学なので何かと男子は出てきますし、
リエコ達も男子の部活のマネージャーだったり
します。ですがメインになるのはほぼ女子で、
各体育系、文化系の部活のマネージャー(しかも
ほとんどが14歳)がたくさん登場して思わず笑える
ストーリーを展開していきます。これぐらいの
男女配分というのもけっこうありかもですね。
 そういう共学の環境でもリエコ(ボクっ娘です)は
女の子達にもてもてだったりします。本人は特に
自覚がないのですが、高い身長や精悍な顔つき
などに憧れる女生徒はかなり多そうです。
 そこで黙っていないのが真奈、ですね。彼女も
リエコが大好きで、リエコに熱い視線を向ける
女子を見つけるとすぐにけんか腰になってしまう
みたいです。真奈が傍若無人に振る舞うのを、
リエコはあまり快く思っていない感じですが、
でも別に嫌っているわけではないようですね。
幸子も含めた3人の関係は続いていくようです。

ちょいあ! (天蓬元帥) 1巻
 タイプ:百合メイン
 あらすじ:
 幼稚舎から高校まで一貫教育のお嬢様学校に
通う中学2年生の正親町眉子(おおぎまちまゆこ)
は、姫カットに太眉、小4並みの幼い体型が
かわいがられる、学院の人気者。編入生でクラス
メイトの阿倍小聖(あべしょうせい)も、マユ子
とはもっと仲良しになりたいと思っているのだが、
周りからは何かとちょっかいを出されてしまう。
 ポイント:
 最初は良識のある行動を見せていた小聖ですが、
マユ子の魅力(?)には逆らえないのか、だんだん
スキンシップが過剰になってきているようです。
マユ子はもちろん嫌がったりするのですけれど、
小聖から素直な愛情を向けられてまんざらでも
ないみたいですね。いつの間にか小聖に甘える
ようになったり、彼女が他の女の子に人気がある
と聞くと呆然としてしまったり、、、。さらには
小悪魔的な振る舞いで相手をめろめろにさせたり
と、2人の仲は少しずつ進展しているようです。
 割と肉体的なふれあいが目立って描かれて
いますが、時々見せる2人の甘い「百合トーク」も
楽しめるのではないでしょうか。他には、途中回
から猫耳装着率100%になる趣味全開の漫研の
ホープ、天草真綿(あまくさまわた)と、口喧嘩
しながらもよくつるんでいる美術部員の杏子
(きょうこ)、それから真綿を慕う下級生の
カヤなども、百合的に盛り上がりそうな予感は
ありますね。また、桜子や楓子、白雪といった
奥ゆかしいネーミングや、上級生は「様」付けで
呼ぶしきたりなど、お嬢様な雰囲気を押さえて
いる部分も面白いです(とはいえどのキャラも
行動は激しいですけれど、、、。話している内容が
時々わからなかったりする事も)。

ふたりはプリキュアSplash Star チクタク危機一髪!
 (原作 東堂いづみ、作画 上北ふたご) 全1巻
 タイプ:強い絆
 あらすじ:
 海原市のカラオケ大会に出場する事にした
日向咲(ひゅうがさき)と美翔舞(みしょうまい)。
練習をしたり衣装を縫ったりお守りを作ったり、
2人で一緒に準備を進めてきたのだが、当日の朝、
咲が寝坊してしまって一騒動に。そこからなぜか
お互いの気持ちがかみ合わなくなり、仲良しだった
彼女達の間に気まずい空気が流れ始める。
 ポイント:
 こちらは劇場版アニメ作品をコミック化したもの
となっています。劇場版の場面をかなり忠実に
再現しながらも、オリジナルなせりふなどが
挿入されたりしています。またこれが作品に
マッチしていて、さらに百合度を高めている感じが
あります。上北ふたごさん(双子の作家さんです)
の絵柄はアニメ版の雰囲気をうまく表しつつ、
アクションシーンやコミカルな場面でも絵が
とても安定していて読みやすいですね。
 才能を持っているのに引っ込み思案で保守的な
所のある舞、何事にも前向きで少しの失敗なんて
気にせず突き進む咲、テレビアニメシリーズでは、
この2人の絶妙なコンビネーションが発揮されて
数々の問題を解決していきます。ところが今回は
彼女達の気持ちが裏目に出てしまい、、、という
展開ですね。テレビシリーズではほとんど仲違い
なんてした事がなかっただけに、一度亀裂が入ると
すぐには元に戻らないようです。コミック版では
その辺りの思いの移ろいが詳しく描かれていて、
それだけに彼女達が再び手を取り合う時の感動は
大きいのではないでしょうか。
 関連情報:
 劇場版アニメ作品が制作されています。
(テレビシリーズレビューリスト

(この下に、各作品のイメージ画像を貼っておきます。
が、特にクリックする必要はありません。作品を
探す時の参考にでもしてもらえれば、、、。)

|

« ひだまりスケッチ×365 第7話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ配信日が発表されています他 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

作品 学園アリス」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/23074697

この記事へのトラックバック一覧です: 百合作品ショートレビュー集 コミック編 その1:

« ひだまりスケッチ×365 第7話 | トップページ | マリア様がみてる Webラジオ配信日が発表されています他 »