« 百合姫S Vol.4 後半 | トップページ | BLUE DROP~舞い降りた天使~ #5 »

2008年5月12日 (月)

ペンギン娘 はぁと 第4話

 前回は、かえでが見せる厳しさと、その中に溢れる
姉への思いやりが伝わるエピソードでしたが、今回は
それにペンギンが答えられるかどうか、そういう物語
みたいですね。
 という「いい話」ですけれど、配信時間は短くなって
いるようで、、、。

 無料ネット配信中のアニメ「ペンギン娘♡はぁと」、
第4話「めぐりあい夜空(そら)の下」です。
 人の波でごった返す花火大会の会場を歩いていた
ねねシャー・チーは、人を探しているらしい
かえでに出くわした。彼女には初めての花火大会
だったのだが、言い出しっぺの連れが迷子になって
いるという。その連れとは他の誰でもない、彼女の
姉、ペンギンだった。

 妹から言わせれば、自己中心的で周りの事は何も
考えていないペンギンが許せなかったようです。
鯨達に探すのを手伝ってもらって迷惑をかけたり
したのもそうですし、セバスチャンに子供じみた
命令をするのも同じ事なのでしょう。また、特に
この姉妹の場合は、南極財閥の令嬢という事実が
重みを持っているのかもしれません。姉のペンギン
は、やがては南極財閥の跡を継ぐ人間、、、。人の
上に立つ者に何が求められるのかを、かえでは
前回のようにいつも気にかけているのでは
ないでしょうか。
 でももっと大事なのは、ペンギンとかえでの間の
姉妹としての関係、とも言えそう、、、? 2人の
詳しい生活環境はわかりませんが、かえではこれまで
花火というものを見た事がなかったのですよね
原作コミックでは「鼻火」と勘違いしてました
、、、)。それを見せてあげようと言い出したのは
ペンギン。しかもおそろいの浴衣で、、、。彼女の
誘いを聞いた時、かえでは内心素直に喜んでいたの
ではないでしょうか。いくら頼りなく見えても、
6つも年上の姉が自分のために何かをしてくれる
のは、8歳の女の子にとっては嬉しい事なのでは。
 それだけに急に行方不明になるペンギンには
呆れたりもしたかも。でもペンギンの本心を知ったら、
かえではまた違う気持ちになるのでしょう。

 そんな姉妹の絆が見られるエピソード、という感じ
でしたね。ストーリーをこれだけに絞り込むのも
なかなか良かったような気もします。、、、が、
配信時間がかなり短くなっていますね。これまで
だと少なくとも10分は超えていたと思いますが、
今回は8分ほど。オープニングやエンディングなどを
はずしたら本編は5分ぐらいかな、、、。これは
演出なのか、それともこのままどんどん短くなって
いくのか、、、どうなるのかはわかりませんが、
できればもうちょっと長めで見てみたいかもですね。

 このエピソードで原作の時から気になっていたのは、
セバスチャンがどうやってかえで達を運び上げたか
、、、だったりするのですが、アニメになっても
この謎は解けませんでしたね、、、。
 公式サイトで紹介されているサブタイトルが
「【富豪姉妹物語】めぐりあい夜空(そら)の下【いい話】」
となっているのも、見ていてちょっと微笑んで
しまいました。前にも書きましたがこれってやはり
あの作品と関係があるのですよね? さすがに
「金持ち姉妹物語」とは書けないかな、、、。
 そう言えば次回のタイトルは「マリー様がみてる」
みたいですね。本編にも白クマが登場、みたいでは
ありますが、このタイトルはあの作品を意識してる?
タイトル決めはこんな感じの路線になるのでしょうか
、、、? ていうか上の2作品がどちらも百合テイスト
あり、というのが何だか嬉しいですね。

・「ペンギン娘」レビューリストレビューセンター

|

« 百合姫S Vol.4 後半 | トップページ | BLUE DROP~舞い降りた天使~ #5 »

作品 ペンギン娘」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/20916438

この記事へのトラックバック一覧です: ペンギン娘 はぁと 第4話:

« 百合姫S Vol.4 後半 | トップページ | BLUE DROP~舞い降りた天使~ #5 »