« コミックラッシュ 6月号が発売です | トップページ | GIRL FRIENDS 第10話 »

2008年4月26日 (土)

ペンギン娘MAX 第5話

 雨の中出会った2人。お互いの素性が
わからなかったせいもあるのかもしれませんが、
どちらも先入観を持たずに、相手の優しさに
触れられたのではないでしょうか。
 また、ねねなら相手がどんな人でも癒せて
しまうのかもですね、、、。
 それからプレミアムDVDの方も見てみました。

 発行秋田書店チャンピオンREDに連載
中のコミック「ペンギン娘MAX」、第5話です。
 ペンギンをさらう事に失敗してばかりいる
シーラは、ボスのブラックタイガー(BT)から
見限られようとしていた。落胆する彼女の前に、
巫女服を着た女の子が現れる。

 お互い相手が何者か気づかなかったのは、
暗かったし雨も降っていたから、、、? いえ、
たぶんこれは「服装さえ違えば顔を出していても
本人とは気づかれない」変身ヒロインものの
鉄則! 、、、ってこの作品はそのジャンルでは
なかったですね、、、(ていうかペンギンの
コスプレパワーは一種の変身能力かな?)。
まあたぶん相手の雰囲気がいつもと違っていた
ためにわからなかったのでしょうね。
 ともかくねねもシーラも、後になって相手の
事が気になり始めているみたいです。厳しい
組織の中で生き抜いてきた(らしい)シーラは、
誰かから優しくしてもらえた、という事が
大きいのかもしれません。でもそれだけでは
なく、自分でも気づかずに持っていた優しさを、
ねねが見つけてくれました。その意味では
彼女にとってねねは特別な、自分の内面に
触れてくれる存在と感じるようになったのかも。
 ではねねの方はどうなのでしょう。周りの
皆に癒しを与えるキャラのねねは、雨の中
出会った女の子にも他の人に対してと同じ
ように分け隔てなく暖かく接しています。
ねねの普段の行動を見ていると、彼女に
とっては誰もが大切な人で、その人が
困っているなら自分のできる限りの力で
何とかしてあげたい、と思っているのでは、
という気がします。それはシーラに対しても
同じ、、、だったはずなのですが、何だか妙に
相手の事が気になってるみたいなんですよね。
普通に心配する以上の気持ちが、ねねの
胸の中で目覚めようとしているのでしょうか。
 、、、とはいえねねとシーラという取り合わせは、
この後発展するのかどうか、、、。シーラが
組織に対してどういう態度を取るのかにも
よるのかもしれませんけれど、、、やはり
ねねにはペンギン、鯨と3人で一緒にいて
もらいたいかもですね。

 ところでシーラは組織のトップではなかったの
ですね。ブラックタイガーの正体も気に
なりますし(「タイガーホール」とは関係ない?)
、、、やっぱり女性なのかな? それと、
シーラって年齢は幾つなんでしょうか。
アクア課長みたいに14歳で揃えてくる?

 今回はねねの気持ちの動きみたいなものが
多く扱われていましたね。これは実はねねの
考え方や存在感をよりはっきりさせる事が
狙いにある、とか? 、、、というのも、
原作の高橋てつやさんが、ご自身のサイト
モエモエカフェ」で以前ねねについて
書き込まれていた事があって、、、。2月に
とらのあなで行われた、コミック第3巻
発売記念のサイン会で、参加者の方達から
リクエストされたキャラの絵を描いていた
そうです。そのリクエスト内容を数えた所、
第3巻の表紙がねねだったのにもかかわらず、
ペンギンや鯨よりも描いた数が少なかった
そうで。
 ねねって、徹底的なほど優しくてこれまで
一度も怒った表情を見せた事がない、みたいな
感じのキャラかなと思います。これは自分の
趣味のために暴走しがちなペンギンや、純情
だからこそ自分の力の使い方がわからなくて
思わず拳が出てしまう鯨を包み込んであげられる
貴重な存在のようにも感じられます。個人的には
彼女の無償の愛みたいな所は良いかもと思って
いるのですけれど、たくさんの人に好まれている
というわけではないのでしょうか、、、。
「おばあちゃんキャラ」と言われているのが
あまりいい印象ではない、とか? 彼女にも
もっと人気が出ると良いですね。
 ところでコミック第2巻にも登場していた
ねねの技が今回も登場していたようです。
彼女にはあまり腕力を使わずに、愛で
周りの人達に影響を与えていってもらいたい
気がするのですけれど、なかなかそうも
いかないのでしょうか、、、。

 今回のエピソードが掲載された6月号には、
プレミアムDVDが付録として付いています。
ここに、6月号の発売日に第1話のネット配信が
始まったアニメ「ペンギン娘♡はぁと」のスペシャル
映像が収録されています。
 個人的に勝手に予想していたのは、制作発表
時に冒頭に流れていた映像とか、アニメ本編
からの抜粋とか、、、だったのですけれど、
どちらでもなかったようです。内容は、作品の
紹介と、ペンギン達登場人物がダンスする
というものになっています。ダンスの中には、
最近ニコ動などで有名になっている動画
(「Caramelldansen」に振りを付けたもの
ですね)と同じ踊りもあったりして、ネットの
雰囲気が出ている感じでした。アニメの方も
人気が出ているみたいで、次のエピソードが
楽しみですね。

・「ペンギン娘」レビューリストレビューセンター

|

« コミックラッシュ 6月号が発売です | トップページ | GIRL FRIENDS 第10話 »

作品 ペンギン娘」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/20591509

この記事へのトラックバック一覧です: ペンギン娘MAX 第5話:

« コミックラッシュ 6月号が発売です | トップページ | GIRL FRIENDS 第10話 »