« ペンギン娘MAX 第5話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- コミックが今日発売です »

2008年4月27日 (日)

GIRL FRIENDS 第10話

 落ち込む理由は、独占欲、、、? なんて事を考える
余裕もないぐらいまりはふさぎ込んでいるようです。
自分の中に生まれた初めての気持ちを、彼女はどんな風に
捉えるのでしょうね。

 発行双葉社月刊コミック・ハイ!」で隔月連載中の、
森永みるくさん作「GIRL FRIENDS」第10話です。
 偶然聞いてしまったあっこの過去。彼女には
夏休みの頃彼氏がいたらしい。それを耳にしただけで、
まりは暗い気持ちになってしまう。あっこと顔を
合わせるのもつらくなり、彼女は学校を休んだ。

 仲のいい友達に、自分と知り合う前彼氏がいた、、、。
ていう事のはずなのですけれど、まりの落ち込み方は
激しいですね。まあ「新しい彼氏ができたから一緒に
遊べなくなった」とか言われたらそれはちょっと
嫌な気分になるかもですけど、そういうのよりも、
自分の知らない彼女の顔がある、みたいな部分が
まりの気を重くさせる一つの原因だったのかも
しれませんね。、、、おしゃれする事やアクセサリーの
事、何でも教えてもらった彼女。そのせいでも
ないだろうけれど趣味も近くて、おそろいの
ストラップを買ったりもした。他の友達から
2人は「親友」だと言われ、学年が変わっても
同じクラスになり、いつも一緒にいたあの娘が、、、。
あっこの新しい面が見えてくるたびにはらはら
どきどきしたり悩んだりしてきたまりですが、今回は
また特別だったようです。

 ここで彼女が感じた気持ちが何だったのか、が
今回のポイントになってきてますね。最初、まり
本人は、なぜこんなに悲しくなるのか、とか、
友達に対してこんな思いになるなんて自分は
おかしいんじゃないのかとか、そういう考えは
起きなかったようです。この時はまだ、彼女は
落ち着いて状況を整理するなんて全然できなかった
のでしょうね。
 そんな時、突然あっこと話す機会が、、、。
まりはどうしたらいいのか迷ってしまいますが
、、、でもつい相手を突き放したりとかはしないの
ですよね。いくら気まずくなっても、あっこと
話したいという気持ちは変わっていなかったのでは
ないでしょうか。それに、これ以上離ればなれに
なりたくない、という思いが本人も気づかない内に
働いていたのかも。
 話し合ってみると、あっこはいつも通りで、自分も
つい普段と同じ調子で喋っていて、、、。あまりにも
いつもと変わりなくて、まりは一気に緊張が解けた
みたいです。

 それで今回の事が、本当にいつものちょっとした悩み
とかだったなら、これで解決、すぐにあっことも元の
「親友」になってまた一緒に遊んだり笑ったり
するようになるのでしょう。けれど、今回はちょっと
違うっぽい、、、? この辺りはどうでしょうか。
 まりのこれまでの行動を見ていると、だいたいは
おとなしいけれど、時々大胆になったりしますよね。
特にあっこが絡むと周りや自分自身さえ見えなくなる
場合があるみたいで。もしそうだとして、この後すぐに
自分の思いを相手にぶつけるようになるのかどうかは
、、、これからのストーリーなのでしょうね。
 ていうかその辺りに行くまでには、恋心の深い部分
とか、しかも女の子同士で、といった悩みとか、経験
すると思われる事がまだまだたくさんありそうです。
それに、前にも少し書いたかもしれませんが、
あっこの方がまりをどう思っているかが語られて
いない感じなのですよね。相手はそうでもなかったのに
まりが自分だけ空回ってた、みたいな結果には
ならないでもらいたいですね、、、。最終的に
2人が百合な方向に行くとしても(というか行って
もらいたいのですけど)、大事なのは2人それぞれの
気持ちでしょうし、もう少しあっこの感じ方を
見てみたい気がします。あっこだって普通の
女子高生ですから、まりとの関係でもっと
考え込む事もあるのではないかと。まりが主人公の
物語で、まり視点で描かれているため仕方ないの
かもしれませんけれど、百合は2人の関係なの
でしょうから、2人の考えを聞いてみたいですね。

 今回ちょっと気になったのは、あっこと色違いで
買ったおそろいのケータイストラップをまりが
見ている場面、、、。まりは、あっこにはピンクが
似合うと考えていたようですが、ストラップに
ついては自分がその色を選んでしまったようです。
これって、まりがあっこに少しでも近づきたいと
思っていたからなのでしょうか、それとも、
まりはあっこ自身になりたいと思っていた?
大きな差ではないかもですが、これからのまりの
態度に影響してきそうな気もします。
 それから、今回まりとあっこの2人がメインに
なっていて、他の登場人物が大きく関わって
こなかったのは良い感じだったように思えます。
あっことの間だけで、まりが自分の胸の中にある
感情を理解していく様子とか、、、。特に今回
最後から2コマ目のまりの表情が、彼女の気持ちを
表しているのではないかなという気がしました。

・「GIRL FRIENDS」レビューリストレビューセンター

|

« ペンギン娘MAX 第5話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- コミックが今日発売です »

作品 GIRL FRIENDS」カテゴリの記事

作家 森永みるく」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/20620275

この記事へのトラックバック一覧です: GIRL FRIENDS 第10話:

« ペンギン娘MAX 第5話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- コミックが今日発売です »