« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第3巻が発売です | トップページ | 初恋姉妹 コミック第6話 »

2008年2月28日 (木)

ウエルベールの物語 第22話

 きらきらに飾られた部屋に大はしゃぎの
シェリー。変なものに興味を持ち始めなきゃ
いいですけど、、、。
 と、お祝い騒ぎの中、危険な真実が明らかに
なろうとしてますね。

 テレビアニメ「ウエルベールの物語 第二幕」、
第22話「死神蜂の章」です。
 ウエルベールへ戻ったリタ達一行は、城へ
赴きハイデル王に謁見を求める。王は久しぶりに
娘に会えた喜びをかみしめつつ、リタをずっと
支えてきたティナにも深く礼を述べるのだった。

 ティナにとっても、ガラハドにとっても、
始まり」の場所だったウエルベール城。ここに
また舞い戻ってくるとは予想してなかった
でしょうね。ティナはお宝目当てに城へ
忍び込み、(成り行きではありましたが)
王女のリタをさらっていった女盗賊でした。
またガラハドは、城内で大立ち回りをし、
ヴァイスに大けがを負わせた(元敵国)
サンガトラスの軍人。こんな2人がお城に
のこのこ入っていったら、普通ならすぐに
捕まってただじゃすまされないのでしょう。
 でも2人は大歓迎されています。特に
ティナは、これまでしてきた事をすっかり
ゆるされたようです。ハイデル王が寛大な
人だったからここまでしてもらえたとも
言えそうですが、それ以上に、ティナ自身の
行いの良さが大きな理由なのでは、と
思えます。
 許された時のティナの表情は、呆気に
とられたような感じでした。今まで、
生きるためとはいえ罪を犯してきた自分に、
こんな日が来るとは思いもよらなかったの
でしょう。けれどこれは、ただ単にリタと
一緒にいたから実現したわけではなく、
ティナが本当にリタの事を大切だと思い、
実際に支えになってきたからこうなった
のではないでしょうか。ティナは、自分の
中にある優しさや、善い事を行おうとする
気持ちにまだはっきりとは気づいていない
のかもしれません。でもその気持ちを
持ち続けていれば、必ず道は開けるの
だという事を、彼女はこの時実際に体験
したのでは、と思います。

 また他にも嬉しい事が続いていくの
ですが、、、ガラハドとヴァイスの決着、
リタからハイデルへの打ち明け話など、
何もかもうまくいきすぎて怖い感じも
しますよね。、、、と、この展開を受けて
なのか、最後の方で怪しげな雰囲気に
、、、。このストーリーは、第1幕から
考えると何となく予想できそうでは
あったのですが、現実にそうなって
しまうと、ティナにとっては重苦しい
事態みたいですね。
 でもこの事態は、ティナとリタとの
結びつきを試そうとしているようでも
あります。是非ここで2人の絆の強さを
確かめ合ってもらいたい所です。どんな
結果が待ち受けているのかよりも、
彼女達がこの困難にどう立ち向かうのか
の方が気になりますし、百合なテイストの
エピソードを見せてもらえればと思います
、、、。

 今回ちょっと驚いたのは、リタがハイデル
に自分達の事を話す場面、でしょうか。
「ささやかな宴」に集まったたくさんの人達の
前で、しかもあんな大声で言わなくても、、、。
空気読めない感が満点だったような。
身分違いである事を深く悩んでいたはずの
彼女にしては、あのやり方はけっこう大胆
だったかも。それだけいっぱいいっぱいに
なっていたとも言えそうですけれど、、、。
 後はティナとガラハドが宴の時に着ていた
衣装が、、、やっぱり似合ってない?

・「ウエルベールの物語」レビューリストレビューセンター

|

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第3巻が発売です | トップページ | 初恋姉妹 コミック第6話 »

作品 ウエルベールの物語」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/10826108

この記事へのトラックバック一覧です: ウエルベールの物語 第22話:

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第3巻が発売です | トップページ | 初恋姉妹 コミック第6話 »