« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第11話 | トップページ | 青い花 特集内容が一部紹介されてます »

2007年12月24日 (月)

百合姫S Vol.3 前半

 今号でも新連載や初登場の作家の方が
いらっしゃいますね。たくさんの方の様々な
作品をまとめて見られるのは、ありがたい
事かもです。

 発行一迅社、「コミック百合姫S」Vol.3を
見てみました。内容を一部ご紹介、、、。

・百合テイストゲーム紹介
ソルフェージュ
 本誌発売の3日後にリリースされました。
Vol.2にも紹介記事がありましたが、今号の
誌面ではまた別のイベントイラストなどが
載せられていますね。かぐらの涙など、物語を
想像させるものもあります。
アオイシロ
 こちらは4月発売予定で制作が進んでいるようです。
ここでは吸血シーンのビジュアルなども紹介
されています。妖しい感じが、「アカイイト」の
「姉妹品」と言われるだけの事はあるような。その他
百合姫S向けらしくキスシーン(!)の絵もありますね。

(・作品名(作者名(敬称略)))

・flower*flower(石見翔子)
 朱の事を無理に遠ざけようとはしなくなった
ニナ。2人の仲はたどたどしくも進展する様子を
見せていた。しかし一方で朱の兄、蒼は、ニナの
国との間に不穏な空気を感じていた。
 朱の真面目さと愛情を、ニナ自身も確信できる
ようになってきたのでしょうね。これから穏やかに
愛をはぐくんでいければ、という所で国の間の
争い事が持ち上がる予感、、、。でもそれよりも
重要なのは、ニナがまだ朱を男だと思っている点
なのでは。ニナには、単に性別を超えた愛だけでなく、
女性としての朱を愛してもらいたいと思います。

・ひまわり咲いた(黒柾志西)
 双子姉妹のひまわりとなずなは、小さい頃から
ずっと一緒にいて、周囲も2人の見分けがつかない
ほど。ひまわりはなずなを愛していたが、この頃
いつも、先輩がひまわりだけに手を出してくる。
 ひまわりは、なずなと自分の区別がつかない人達に
うんざりしているようですが、実は自分からなずなと
同じになりたい、一つになりたいと願っていたの
ではという気もします。そんな時に出会った先輩に
対して、彼女がどういう思いを抱くのかが重要に
なってきそうです、、、。次はなずな編も見てみたい
ですね。

・コノハナリンク(玄鉄絢)
 お嬢様学校の葦女から一般の共学校へ編入してきた
智恵利。共学には憧れていたのだが、あいにく
学園祭前日のためか学校中が浮かれているようで、
何となく疎外感を覚えてしまう。
 玄鉄絢さんの連載が始まりましたね、、、。まだ
始まったばかりで具体的に登場人物達が絡んでくる
のはこれからなのでしょうけれど、どのような物語に
なっていくのでしょうか。智恵利は希望してこの学校に
来たようですが、まだ戸惑いはあるようで。彼女が
ここに求めていたものって何なのでしょうね。そしてもう
一人の登場人物とはどんな関係になっていくのか、、、。

・カシオペア・ドルチェ(髙木信孝)
 朝、エルザとオルガはごく普通に起き出して朝食の
用意を。しかし昨夜のキスの嵐のイメージが忘れられ
ないアンナは気が気でない。果たしてあの2人との
キスは夢だったのか、それとも真実なのか?
 ドルチェとしてドールマイスターになるための
修行をしに来たアンナは、もちろん人形が大好きなの
でしょう。そこで自分の師匠になるのが「人形のように」
美しい人なら、惹かれずにはいられないのでしょうね。
本人は女性同士の恋愛には慣れていないみたいですが、
彼女の感じたものが一時的な憧れなどではない事を
願いたいです。いつかは挨拶のキスでなく愛のキスを、、、。

・会長と副会長(袴田めら)
 生徒会長の藤は、副会長の梨塚に甘えさせてもらう
夢を見るのだが、現実は真逆。本来の仕事をいっこうに
しない会長を、副会長はいつも叱ってばかりいる。
そして彼女の堪忍も限界に近づいていた。
 どれだけひどく叱られても会長がすり寄っていくのは、
副会長の本当の優しさを彼女が知っているから、なの
では? たぶん以前に何か経験があって、副会長の
本当の思いに接する事ができた、とかなのかも。
副会長も苦労しそうに見えますが、彼女が相手を
突き放さないでいるのは、実は惚れた弱みなの
でしょうね。

・花のゆりな組!?(小梅けいと)
 委員長が落とした消しゴムを拾おうとした有須。
2人の手が偶然触れあった時に突然黄色い歓声を上げた
のは、武者小路百合菜だった。彼女は女子同士の百合を
ネタに、妄想たっぷりの創作をするのが趣味なのだ。
 以前別の記事で、これは前作の続き? みたいに
書きましたが、、、「[es]」版そのものでした、、、。
でもこうして見ると、何となくこの百合姫Sのカラー、
みたいなものに合っているような気がしますね。
百合菜は自分が嬉しかった事をどんどん広めていこう
としているらしいです。周りの生徒達も彼女の「本」を
読んでいるという事は、気持ちは伝わっているのでしょう。

・「百合姫」レビューリストレビューセンター

|

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第11話 | トップページ | 青い花 特集内容が一部紹介されてます »

百合レビュー」カテゴリの記事

雑誌 百合姫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/9569047

この記事へのトラックバック一覧です: 百合姫S Vol.3 前半:

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第11話 | トップページ | 青い花 特集内容が一部紹介されてます »