« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第8話 | トップページ | プリキュア 新シリーズ予告 »

2007年11月28日 (水)

Yes!プリキュア5 第41話

 うららが食欲をなくすなんて、よほどの事
なのではないでしょうか。でもこれが恋の悩み
とかじゃない所が彼女らしさなのかも。うららが
ドラマのような恋愛を経験するような場面は
いつか描かれたりするのでしょうか。またその時の
お相手は誰になるのか、、、。こまち?

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第41話
伝わる気持ち こまちとうらら」です。
 小説を執筆するこまちは悩んでいた。最後の
場面で、去りゆく青年に向かって少女が言う
せりふが浮かんでこないのだ。何も思いつかず
図書館から引き上げる事にした彼女は、帰り道で
うららに出会う。うららもまた何かを悩んでいる
ようだった。

 こまちとうららの結びつきが取り上げられるの
って珍しいような気がします。ここでそれぞれの
キャラクターを考えてみると、、、こまちは、物腰が
柔らかくおっとりしている雰囲気があって、
なおかつかれんリードしちゃうぐらい芯が強い
女の子、という感じ? うららは、元気いっぱい
だけど出しゃばりすぎず、芸能界の仕事には
真面目に取り組んでいて、しかものぞみ
上回るほどの天然、みたいな、、、。2人は
学年が2年も違いますが、同じプリキュアの
メンバーとして友達関係にあったと言えそう
です。
 その彼女達がお互いに引き寄せ合うとしたら、
相手のどういう部分に興味を持つようになるの
でしょうね。こまちが物語を作る人、うららが
物語を演じる人だから、というのは当然とも
言えそうなので、何か他の部分は、、、。
例えばうららは、グループの中で一番幼い分、
自分をきちんと見守っていてくれる優しさを
求めたくなる時もある、とか。こまちの方は、
かれんのようなりりしさとは違う、無邪気な
可憐さが気になる事もあったり? そういう
性格付けみたいなものも合わせて、今回の物語で
描かれるとより深みが見えたような気がするの
ですが、今はその方向性ではないみたいですね。
2人が通い合わせた気持ちも、これまでのシリーズ
のように「大切な人」とか「大好きだから!
といったものではなかったようで。シチュ的
には、2人きりで愛情を深めて行くには良い
チャンスだったように思うのですけれど、、、。
何しろ、いつもこういう場面に入ってきて
おいしい所を持っていくのぞみが出遅れてきたり、
りんやかれんもけっこうかやの外だったり
したので。
 それに、2人が舞台の上で演技する場面
なんて見所だと思いますし、これで百合的に
踏み込んでいってくれれば、と思っちゃい
ますね。こういう、もう一歩近づくことが
できない描写は、第1シリーズに近い感じ
かもしれません。
 こまちの考える小説で、青年のモデルは
やはりあの人なのでしょう。でも最後の場面が、
離ればなれになる設定だというのは、、、。
こまちは自分達の間にもそんな結末が待って
いると考えてる? 仮に意識してなくても、
うかつにそんな書き方をするとかえって
現実になってしまうのがドラマだったり
しますよね。今回のせりふと同じものが、
後で2人の間で繰り返されるパターンも
ありそうです。

 それにしても、こまちとかれんの間が
どんどん遠くなっていくような気が、、、。
どうにか元のようになってもらいたいの
ですけど、どうなるでしょうか。
 こまちとかれんが元の鞘に収まるというなら、
うららの方は、、、のぞみをお相手に、とか。
元気なダブル天然少女の取り合わせも
なかなか良いのではないかと思ったりします。
 そうなると今度は、りん、ミルクの行方が
、、、。「ふたり」じゃない、というのは
こういう時難しいものですね。

|

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第8話 | トップページ | プリキュア 新シリーズ予告 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/9171964

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第41話:

» Yes!プリキュア5 第41話 『伝わる気持ち こまちとうらら』 [誠鉄道出発進行!]
<レビュー> 背中を向ける少年に少女は言った と書くも続かないこまち そんな時、「恋のスカッシュ」の台本を黙読して歩くうららを見るこまち 声をかけるも行ってしまううらら ドラマのオーディションをす... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 00時28分

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第8話 | トップページ | プリキュア 新シリーズ予告 »