« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第1話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- 第3話 »

2007年10月12日 (金)

Yes!プリキュア5 第35話

 ギリンマといいブラッディといい、ナイトメア
にはナッツと浅くない関係を持っている人が
多いようですね。ブラッディも部分的には正確な
事を言っているようで、ナッツはすぐに言い返せず
悩んでいるようです。

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第35話
ナッツの鍵とこまちの心」です。
 こまちが小説を書き上げた。ナッツの批評を
受けて何度も手直ししたもので、今度も読んだ
感想を聞くことになっている。のぞみ達はこまち
本人以上に結果が気になっていた。

 ナッツはパルミエ王国一の読書家だそうで、
これまで国内外のたくさんの本を読んできた
ようです。人間世界の本は読んだ事があるのか
どうかわかりませんが、読者としては一目置かれる
存在なのでしょうね。けどだからといって、良い
小説を「書く」ためのアドバイスまでできる能力を
持っているのかというと、ちょっと違うような
気もします(今回の好評価も、「鍵」に対する
自分の思い入れから来るものなのでは、なんて
邪推してしまいます)。、、、実はナッツ自身も
小説家を目指していた、とか?
 ともかく小説という共通の興味の対象を持って
いるためか、この2人は一緒に行動しても
不自然さが出ないですね。7人(+ミルク)で
買い物に行ったはずが、いつの間にか無理なく
2人っきりになってましたし。また同じ事が
のぞみとココにも言えるようで、気がついたら
2組が即席デート? かれんりん、意見を
戦わせてる場合じゃないですよ。
 こんな風になると、うららが恋愛について
どういう位置づけになるかが気になります。
今の所グループ内には(男にしても女にしても)
お相手はいないみたいですし。じゃあ外部の
誰かが? まあどちらにしても百合テイストで
お願いします。

 「鍵」に隠されたナッツの過去は、王国に
関わるものでした。その割にはココのせりふが
「使えない鍵」とか「ポイしてやる」とか、
あんまりな言い方でしたけど、、、。少なくとも
ナッツには深い思いがあるのでしょう。
 ブラッディはそこを指摘してきます。「与えられた
仕事はきちんとやり遂げるのが大人というもの」
というのはまあその通りでしょう。そこでナッツに
対して、「国民を守る」という王子の「仕事」が
できたのかどうか問いただします。これには
さすがにナッツも言い返すことはできなかった
ようですね。「だからドリームコレットをよこせ」
って理論はちょっと筋違いな感じがありますが、
少なくともここでの対話はナッツにはこたえた
のではないでしょうか(実際に自分に責任が
あるだけに)。
 そんな傷ついたナッツを支えるのは、、、
こまち? ついに特定の思い入れに溢れた
小説さえ書き始めてしまった彼女ですが、
この先の行方はどうなるのでしょうね。
恋心に関しては、これまでのシリーズとは
少し違う描かれ方をしているようですので。
でも何が起きたとしても、こまちは最後には
かれんの所へ戻ってきてもらいたいですね。
 そう言えば終わり近くの場面でこまちが
「彼の優しさに」と言っていますが、これが
どうしても「かれんの優しさに」と聞こえて
しまって、、、。思い込みでしょうか?

 後は戦いの場面で、ミントの必殺技が、、、。
ミント・プロテクションの時もそうでしたけど、
最初に技が破られるのはいつもこまちのような。
 でもこまち達を助けるために、のぞみ達は
敵のシールドを超えてたどり着きます。、、、って、
このシチュエーションは、「Splash Star」にも
ありましたね。第28話旅だ!電車だ!大冒険!
では、敵のフィールド内部にとらわれた
助けるためにが飛び込んでいきます。ここで
すごいのが、2人一緒じゃないため変身できない
咲が、舞への思いをばねに生身で(!)フィールドを
突き破ってしまう所ですね。「仲間のため」という
ぼかした感じではなく、舞と咲、1対1の結びつきを
求める姿勢は、ちょっと感動的でさえあったかも。
 今のシリーズでは5人そろわなくても1人で
変身できるのでここまでの演出はあまりできない
かもです。百合的な面を考えても、Splash Star
の方が楽しめたかな、という気もしてきて
しまいますね。そうではない、と言える素晴らしい
演出をこのシリーズでも期待したいです。

 それと、今回からオープニングが少し変わった
みたいですね。新しい技のポーズが描かれていて、
ミルクも登場してます。またエンディングも
動きが増えて、これで正式バージョンになった
という感じでしょうか。

|

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第1話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- 第3話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

初めまして。通りすがりのコメントで失礼します。
>ナッツのアドバイス
読書家という点に加えて、ひいき目なしの意見を言ってくれそうな辺りが、本気で小説家を目指している人にとってはありがたいかもです。
>うららのお相手
うららはのぞみさんLOVEに違いない!と妄想しております(笑)。

投稿: Hana | 2007年10月13日 (土) 14時15分

Hanaさん、コメントありがとうございますー。

>ひいき目なしの意見を言ってくれそうな辺りが

確かにそうかもですね。飾った言い方をしない分、読者がどう感じて
いるのかを、作者が率直に知ることができそう。そこまでわかれば
作者(こまち)も描き方の工夫を考えられそうですね。

>うららはのぞみさんLOVEに違いない!

そう言えば第9話辺りで増子美香にボーイフレンドの事を聞かれて、
なぜか「尊敬する人はのぞみ」とか言ってたような。あれは彼女の
さりげないアピールだったのかも。この2人の場合、何か初々しい
カップルを期待できちゃいますねw。

投稿: ギンガム | 2007年10月15日 (月) 02時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/8374767

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第35話:

» Yes! プリキュア5・第35話 『ナッツの鍵とこまちの心』 [誠鉄道出発進行!]
とうとう、EDのフルダンス達成! (OPは早送りのため確認できず・・・) 放送から3日、視聴から2日 <レビュー> 「海賊ハリケーン」を諦めきれないこまち それを審査するのがナッツ カギをめぐるココと... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 02時08分

» レビュー・評価:Yes! プリキュア5/第35話 『ナッツの鍵とこまちの心』 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 50 / 萌え評価 0 / 燃え評価 0 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 100 / お色気評価 0 / 総合評価 25レビュー数 2 件 真剣に何かを読んでいるナッツと、その前で緊張しているこまち。それはこまちの書いた小説「海賊ハリケーン」をナッツに見てもらっていたからでした。今までに何度もダメだしされて、今回でもう7回目。しかし今回はきびしいナッツの目にもかない、初めて認められたのでした。自分のことのように喜ぶみんな。でも一人暗い表情のナッツ。それはこ... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 18時52分

« BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第1話 | トップページ | GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- 第3話 »