« Yes!プリキュア5 第35話 | トップページ | アカイイト ドラマCD再販と冬のイベントの関係? 他 »

2007年10月13日 (土)

GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- 第3話

 3人でいてもすさんだ空気にならないために
考えられた策。これがうまくいけば、皆が
ハッピーになれる、はずだった? 確かに
デートにこぎ着けるまではいったみたい
ですけど、その後は、、、。

 無料配信されているWEBコミック誌
COMIC SEED! に連載中のKUJIRAさん作
「GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り-」
第3話です。なお、この作品は第1話から
第2話までがコミックハイ! に掲載され、
その後この雑誌で第1話からもう一度連載
されていました。
 それぞれの好意を寄せる相手が別の人に
好意を、という奇妙な三角関係になってしまった
風花、利理、一太。学校で顔を合わせては
いがみ合っていた3人だが、たまりかねた
利理が仲裁案を出す。いつも3人一緒に行動し、
抜け駆けはなしにする、というのだ。

 少なくとも風花は利理をあきらめる気が
さらさらないようなので、百合的には
助かります、、、(最後のページの流れとか
見ていると特に)。とはいえこういう風に、
一太から追い立てられるような状況になると、
彼女自身も利理の考えをよく理解しないで
自分の思いばかり押しつけるようになって
しまうのでは、と心配してしまいます。
 利理も以前は風花と抱き合い、女の子同士
という一歩進んだ関係を築いていました。
2人は特別な間柄にあったわけですし、風花と
意思の疎通をする事はできそうなのですけれど、
今は何かあまりうまくいっていないようですね。
何もかも3人で、と決めた時点で2人だけで
話し合うのは難しくなっているのかもしれません。
 この後は、利理がどういう反応を示すかが
ポイントになってきそうです。利理の目から
見ると、風花は自分が思っている相手が
思いを寄せている相手、なんですよね。
その意味ではライバルとも言える存在で、
しかも同性(ちなみに風花と一太の場合は、
ライバルに当たる存在は異性です)。
きつい事も言い合う状況が出てくるかも
しれませんが、そこを乗り切って百合を
見つけてもらいたいです。
 またそうなるまでには、利理に対する
風花の気持ちをちゃんとしたものにしておく
必要があるでしょう。今のままだと、
前に書いたかもしれませんが、風花の
相手への依存が大きいような気がします。
 次回の掲載は10月下旬配信予定の
次号12月号になるようです。

|

« Yes!プリキュア5 第35話 | トップページ | アカイイト ドラマCD再販と冬のイベントの関係? 他 »

作品 GIRL×GIRL×BOY」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/8393289

この記事へのトラックバック一覧です: GIRL×GIRL×BOY -乙女の祈り- 第3話:

« Yes!プリキュア5 第35話 | トップページ | アカイイト ドラマCD再販と冬のイベントの関係? 他 »