« ウエルベールの物語 コミック第1巻発売です | トップページ | Yes!プリキュア5 第35話 »

2007年10月11日 (木)

BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第1話

 マリと萩乃が結びつくためにはただ1点の
障害を乗り越えれば良いようにも見えます。
まあでもそう簡単にはいかないのでしょうね。
SF的な設定の部分を除いても物語として見応えが
出てくるようになってもらえたら良いかもです。

 テレビ放送の始まったアニメ「BLUE DROP
~天使達の戯曲~
」、第1話「Hydrangea」を
見てみました。
 面倒を見てくれていた祖母の薦めで海鳳学園
編入することになった若竹マリへ入るために
自動車で移動する途中、窓の外の海岸で、海鳥の
群れ飛ぶ真ん中にたたずむ少女の姿が目に入る。
不思議な雰囲気をまとったその少女から、マリは
目が離せなくなっていた。

 今回見てみる前に、公式サイトへのアクセス増
などの情報を見ていたため、どんな激しい(?)物語が
第1話から展開されているのかと注意していたの
ですが、割と順当な幕開けという感じだったようですね。
この後はコミックスなどにつながる「クロニクル」に
乗った結末を迎えることになるでしょうから流れは
ある程度決まってしまっているのかもしれません。
なのでその中でキャラがどういう感情の動きを
見せてくれるか、が気になってきます。
 マリが萩乃に抱いた第一印象はかなり良かった
ように思われます。最初に見かけた時は声も出ない
ほどに感動してしまったみたいですし、初めて
会話する場面でも、マリはけっこう積極的に相手を
知りたいと考えていたように感じられます。
 だけど、、、という所なのですよね。まあこんな
事をされたら誰だって怒る(あるいは引いちゃう)
のでしょう。実際にそれが元でかなりの大騒ぎにも
なっているようです。でもその点だけが2人の
間の壁になっている雰囲気もあって、、、。確かに
大きい問題ではありますが、それ以外の事情も
絡み合って影響を与える、といった構成だと
深みが出て良さそうにも思えます。そういうのは
これから出てくるのかな?
 マリが祖母から「厄介払い」されたのではないか
と考えているのも、何か根拠があったりするの
でしょうか。この辺はもしかしたら彼女が過去に
遭遇した事件とも関係ある? マリが5年前に
どういう状況だったのかを知っているのはこの祖母
だけでしょうから、この人が何かヒントを与えて
くれる事がある、とか、、、。

 まあどういう物語になっていくのかは気になる所
ですが、もう一つ重要なのは百合的なものですね。
 萩乃は他の女生徒達からの人気は高いようです。
これは普通の憧れとしてなのか、それとももっと
進んだ間柄になりたいと思っているのか、、、。
皆萩乃の魅力で魔法にかけられている、とか?
異星人としては女の子にしか興味がないわけですし、
わざわざ女子校にいるという事はそれなりの狙いが
あるのでは、なんて思ってしまいます。
 マリにしても、萩乃に変な事をされなければ、
もしかしたらみち子達のように憧れの気持ちを
持つようになっていたかもしれませんよね。でも
そういう風にはなっていないため、他の生徒達と
ぶつかり合うこともあるようです。これが陰湿な
バッシングに発展、みたいなパターンもあり得る所
ですが、この作品ではその方向に行かないように
ブレーキがかかっているっぽい感じもします
(けんかっ早い親衛隊など)。
 萩乃とマリ、そしてマリとみち子達の関係が
恋愛的にどうなっていくのか気になりますね。
そして異星人の側の愛情もどういう描かれ方を
するのでしょうか。この辺りは次回以降、なので
しょうね。

(「BLUE DROP」レビューリスト

|

« ウエルベールの物語 コミック第1巻発売です | トップページ | Yes!プリキュア5 第35話 »

作品 BLUE DROP」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/8361747

この記事へのトラックバック一覧です: BLUE DROP~天使達の戯曲~ 第1話:

» レビュー・評価:BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜/第1話「Hydrangea」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 31 / 萌え評価 17 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 8 / お色気評価 48 / 総合評価 19レビュー数 47 件 祖母に全寮制の学校への編入を命じられ、拗ね気味のマリ。海鳳学園へ向かう途中、多数のアジサシを見かけ寝そべっていた車の後部シートから起き上がる。アジサシの群れの先に佇む少女。不思議な雰囲気の少女に魅入られ、視線が外せなくなる。... [続きを読む]

受信: 2007年10月22日 (月) 15時32分

« ウエルベールの物語 コミック第1巻発売です | トップページ | Yes!プリキュア5 第35話 »