« 苺ましまろOVA 第3巻 | トップページ | BLUE DROP ラジオドラマ第6話 »

2007年8月14日 (火)

Yes!プリキュア5 第27話

 今回はサブタイトル通りりんがメインなわけ
ですけど、その原因を作ったのはこまちとも
言えそうですね。彼女は前回、今回、そして次回と
重要人物になっているようで。実は、夏は
こまちの季節?

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第27話
りんちゃんイケメン幽霊とデート!?」です。
 こまちは他の4人を前に怪談話を始めていた。
学園の旧校舎には幽霊が出るのだという。月並みに
怖がるのぞみうらら、話を信用しないかれん
それぞれの反応を見せているが、りんだけは椅子から
ひっくり返ってしまうほど。彼女は怖い話が大の苦手
だったのだ。

 こちらもやはり夏の定番のようなエピソードに
なっていますね。アルコールランプを明かりに
話すのも、っぽくて良い感じかも。でも旧校舎が
元は伯爵の邸宅で、しかも名前がローゼット
というのは、、、何か無国籍的というか。
サンクルミエール学園ってどこの国にあるのか
と思ってしまったり。まあこういう噂話のような
ものは、怖さを演出するためにあり得ないような
尾ひれがつくことがよくあるのかもしれません。
が、今回は、、、?
 大喜びのこまちを先頭に、結局5人は旧校舎へ
行くことになったようです。作家志望なだけに、
こまちはこの手のストーリーには目がないみたい
ですね。事実がどうかとは別に、使う人もいない
建物の中がどんな雰囲気になっているのか、噂が
立つような怪しげな現象とはどんなものなのか、
という所に興味があるようです。だからわざわざ
夜に出かけていったのではないかと。こまちに
つきあわされるメンバーも、りん以外はけっこう
そういうものを知りたい気持ちがあったりする
のではないでしょうか。
 その内、彼女達は伯爵の物語の真相に近づいて
いきます。そこに残された思いに共鳴した彼女達、
特にりんは新しい力に目覚めたみたいです。
 敵を倒した後に、りんは真実を語り合うことに
なるのですが、これが「デート」なのかというと
ちょっと微妙ですね。考えてみるとりんと男性の
取り合わせって、あまり本人にとって喜ばしい
結末にならないことが多いようで、、、。以前の
恋物語」とかもそうでしたし。これがのぞみや
こまちだと、まだ何か転がっていく可能性を
残したりしてます。まあ少女な物語の中に入り
込んでくる男、という役割をココナッツだけに
任せておいてはバリエーションが少なくなって
しまいそうだから外部の要素を取り込もうとしている
のかもしれませんけれど、それにしても限界は
ありそうな気もします。まあここ的には女の子
同士で盛り上がってもらえればありがたいのです
けれど、、、。
 この作品では、男の子とのふれあいは実感の
少ない憧れみたいな描かれ方をしているようにも
思えますね。何しろ相手が妖精だったり幽霊
だったりしますし。女の子同士の方はやはり
見ている側にも質感を持って伝えることができる
でしょうから、そちらの説得力のある取り合わせで
物語を描いてもらえたら良いかもです。
 そういった意味では、突然前回から浮上した
かれんとミルクの組み合わせがちょっと気に
なります(片方は妖精ですけど)。今回は、かれんが
ミルクを抱えて歩いていました。もしかしたら
この関係は順調に進展している? 今後、例えば
1話分とかのエピソードを残してくれたりするの
でしょうか。そうなるのであれば、その時の
こまちの反応とかも見てみたいですね。

|

« 苺ましまろOVA 第3巻 | トップページ | BLUE DROP ラジオドラマ第6話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/7538434

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第27話:

» Yes! プリキュア5・第27話 『りんちゃんイケメン幽霊とデート!?』 [誠鉄道出発進行!]
題名って適当だね〜。 ちゃっかり、ナッツ一言もしゃべってない様な気もするけど・・・ 放送から3日、視聴当日 <あらすじ> 古い校舎に出ると語りだすこまち りんが最後にビビリで倒れる ... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 00時01分

» レビュー・評価:Yes! プリキュア5/第27回 予告 『りんちゃんイケメン幽霊とデート!?』 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 13 / 萌え評価 21 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 23 / お色気評価 9 / 総合評価 13レビュー数 52 件 サンクルミエール学園に現れるという幽霊の話を聞いて、夜の学園に肝だめしに忍び込むのぞみたち。でも一番怖がりのりんが途中ではぐれてしまう。しかもりんは本物の幽霊に出逢ってしまったから、さあ大変!... [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 15時23分

« 苺ましまろOVA 第3巻 | トップページ | BLUE DROP ラジオドラマ第6話 »