« らき☆すた 第17話 | トップページ | 苺ましまろOVA 第3巻 »

2007年8月13日 (月)

なのはStrikerS 第19話

 リインもシャリオも早々に復帰したのに、
ヴァイスとザフィーラは、、、。代役の登場も
含めて、登場人物の女子度が高くなって
ますね。

 テレビアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS」、
第19話「ゆりかご」です。
 L級巡航船アースラに拠点を移したはやて
機動6課。彼女達は本来任務であるレリックの
捜索を通じて、スカリエッティ一味の動きを
探る方針をとることとした。アルトとルキノ
新しい戦力として、6課の活動が再開される。

 冒頭、はやてが「1秒でも早くこんな事件を
終わらせるために」と言っていました。物を破壊
され人を奪われ、彼女達にとってはさんざんな
出来事だったのでしょう。自分達の全力を挙げて、
失われたものを取り返そうとしているようです。
でもどれだけ自分達の意志を固めても、それだけ
では物事は解決しないのでしょうね。相手の事を
きちんと見て対処しないと、何度やってもこれまで
のようにあしらわれるだけのような気もします。
 その意味では、なのはも自分の行動に注意
しなければならないかもしれません。今の彼女は、
だんだんヴィヴィオの事しか見えなくなって
きているようで、、、。(フェイト以外の)他の
隊員達にはまだ平気な顔を見せていますが、
これで仲間が誤解してしまうと、いざという時に
うまく連携がとれなくなってしまいそうですね。
 もっともこの演出は、なのはが私怨に走って
しまうのを食い止めるのはフェイトだけ、という
舞台を作るための流れなのかもしれません。
けれどフェイトにしたって「娘」を奪われている
わけですから、へたをすると2人で暴走、なんて
事に、、、? そうならないように願いたいです。

 リインシャリオと同じように順調に回復した
スバル。彼女にとっても、ギンガという大事な姉を
救い出す目的があります(それだけを目的にしちゃう
のはあまり良くなさそうですけれど、、、)。彼女には、
まだ冷静でいられるティアナの存在がありますから、
なのは達ほど危うい感じにはならないのでは、と
願いたい所です。
 ヴィータも何とか力を取り戻しているらしい
ですね。それにしても「仕事がたまってんだから」
なんてせりふは、仕事中毒のサラリーマンみたい?
彼女達は、自分の力に限りを感じているようですが、
主はやてのためには、まだまだ活躍しなきゃと
思っているのでしょう(でもザフィーラは、、、)。

 さて、これまで反撃しようにもどこを狙えば
いいのか見当もつかなかったスカリエッティの
アジト。何だか簡単にヴェロッサシャッハ
見つけちゃったような印象ですけれど、、、たぶん
ずっと前から地道に調べていたんですよね。
見つけただけでも大手柄の上に、2人は敵に
応戦してます。が、ここは一度退却して増援を
連れてきた方が正解かも、、、と思ったら大きな
動きが。
 ここでスカリエッティの舞台が始まるのですね。
何というか語りながら踊ってますが、これって
もしかして別作品王子様との声つながりだから、
なのでしょうか?

 さてそんな感じで物語も転換しつつあります
(そんな中でも「訓練」を忘れないエリオ
シグナムはさすがかもしれません)。これから
真実がどんどん明かされていくのでしょうね。
ヴィヴィオが叫んでいた「ママ!」の言葉は、
自分を造り出した者の事を言っているのか、
それともなのはとフェイトの事を意味している
のか、これから知らされることになるのでは。
その結果によっては、なのはとフェイトの
百合な「夫婦」関係も微妙に変わってくるかも
ですね。

|

« らき☆すた 第17話 | トップページ | 苺ましまろOVA 第3巻 »

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/7526183

この記事へのトラックバック一覧です: なのはStrikerS 第19話:

» レビュー・評価:魔法少女リリカルなのは StrikerS/第19話 ゆりかご [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 21 / 萌え評価 20 / 燃え評価 18 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 74 / お色気評価 10 / 総合評価 27レビュー数 220 件  戦艦アースラを拠点に、反撃態勢を整える機動六課。  病床のヴァイスに変わってアルトがヘリを操縦し、ルキノがアースラの操縦を担当する。  スバルは自身の暴走によって破壊されたマッハキャリバーに謝罪する。  エリオはシグナムに剣技の教えを請い、来るべき戦いに備えていた。  そして、ついに戦闘機人によるア... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 19時52分

« らき☆すた 第17話 | トップページ | 苺ましまろOVA 第3巻 »