« BLUE DROP アニメ化、PV、ラジオドラマ | トップページ | Yes!プリキュア5 第22話 »

2007年7月 9日 (月)

GIRL FRIENDS 第5話

 休み時間にはとりとめもない無駄話ばかりしてしまう
友達。授業中だって、振り向けばそこに彼女はいる。
 当たり前と思っていたそんな事ができなくなってしまう
としたら、どんな気持ちになるのでしょう。まりは
まだそこまで経験していないためか実感が湧いていない
ようですが、不安である事にかわりはないみたいですね。

 発行双葉社「月刊コミック・ハイ!」で隔月連載中の、
森永みるくさん作「GIRL FRIENDS」第5話です。
 通学途中、いつもまりと待ち合わせていた場所に
あっこが来なかった。風邪を引いたのだという。
珍しくあっこ抜きの昼休み、話題は進路の事になる。
3人ともそれぞれの思いからコース選択をしていたが、
あっこがどのコースを選んだのか、誰も聞いていない
ことが判明した。

 この4人の場合、仲良しになった友達はたまたま
同じクラスだった、ぐらいの感覚なのかもしれません。
でも実際に2年生になってクラス替えされて、
離ればなれになってしまったらどうなるか、に
ついてはあまり具体的には考えていないのかな
という気がします。何しろ4人は1年生なため、この
学校でクラス替えの経験はまだないでしょうし。
その辺りについて描くエピソードはあったりする
のでしょうか、、、。誰と誰が同じクラスになる、
ならない、と判明した所で一つドラマが、とか。
 今回はまりがちょっと不安になっていたよう
です。当日は現にあっこが目の前にいなかった
から、余計に心細くなったのでしょうね。それと
すぎさんとたまみんに対しても、ここまで仲良く
なれた友達はいないと感じているみたいで、
彼女達と離れるのにもちょっと寂しさや不安が
あるようです(って、まりはそれまで他のクラス
メイトとどういう友達づきあいをしてたん
でしょうね。前にも少し書きましたけどそれが
気になります、、、)。他の3人に比べるとまりの
思いにはやや温度差がありそうですね。その
違いがはっきり見えてきてしまうエピソードとか
描かれたりする、、、?

 風邪も無事に治って翌日には登校してきた
あっこは、朝の廊下でまりと急接近、、、。
まりはときめいているようですが、あっこは
そうでもなさそう? この辺りが2人の違いと
言えば違いなのでしょうか。もっとも、まり
にしても今は友達の範囲での意識なんでしょうね。
もしこれがこの後どんどん発展していって、
恋愛感情を抑えきれなくなるとしたら、先に
行動するのはまりの方かも、なんて思ってしまい
ました。
(ところで今回2人がふれあったこういう場面、
しっとりした、というよりは、かわいらしい
って感じの描写になってますね。仮に舞台
桜女」だったならば、もうちょっと違う雰囲気も
出ていたのかもしれません。そういうのも
見てみたいような、、、。)

 今回新しくわかった事は、、、すぎさんとたまみんの
フルネーム、ですね。後はあっこの母親が、たぶん
初登場ですよね。どうも仕事で忙しい人みたいです。
あっことのすれ違いが、今後問題になったりするのか、
ちょっと気になりますね(今の所あっこの方は全然
気にしてないようです)。
 その他知りたいのは、あっこが見入ったというDVDが
何なのか、とか。それと今回の時期って、まだ1月
なのかな。だとするとこの先には2月のイベントが待って
いるのでしょう。そうなったら、イベントを通じて
まりとあっこがお互いをどういう風に思っているか、
少しわかるのかもしれませんね。

 この作品、今月号から3号連続掲載になるそうです。
なので次回の掲載は7月下旬発売の8月号という事に。
これまで隔月で入手していた人(私も、、、)は注意が
必要かと思います。
 掲載ペースが上がっているのは、それだけ人気が
あるという事なのでしょうね、、、。

|

« BLUE DROP アニメ化、PV、ラジオドラマ | トップページ | Yes!プリキュア5 第22話 »

作品 GIRL FRIENDS」カテゴリの記事

作家 森永みるく」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/7099056

この記事へのトラックバック一覧です: GIRL FRIENDS 第5話:

« BLUE DROP アニメ化、PV、ラジオドラマ | トップページ | Yes!プリキュア5 第22話 »