« シムーンWebラジオ 6/21配信予定です | トップページ | 「蔵出シムーン」 ゲーム編第5回が公開されています他 »

2007年6月 8日 (金)

ウエルベールの物語 第9話

 「あなたを信じます」、、、そんなたった一言が
言えなかったために、2人は「決別」を、、、。
ここに来て、2人の育った環境、考え方の違いが
大きく表れてしまったようです。
 戦争にさえ劣らないこの危機を、2人は乗り越える
ことができるのでしょうか。それとも、、、。

 テレビアニメ「ウエルベールの物語」、
第9話「決別の章」です。
 ガラハドやジャミル達サンガトラスの追っ手を
どうにか振り切って、波止場へと駆け込んだ
リタとティナ。しかしグリーダム行きの船は
わずかの差で出航した後だった。
 次の便が出る明日まで、待たざるを得ない。
一行は追っ手に見つからぬよう、宿にこもって
時間を待つことにした。

 目の前であれだけ必死に訴えていたティナ。
これまで一緒に旅している間も、確かに盗みを
働いたりだらしない所を見せたりしていた彼女
だったかもしれません。でも指切りげんまん(!)
までしてくれた彼女が、約束を破るような人間
だとリタは本当に思っているのか、、、そこには
2人の間の考え方の違いがあるような気がします。

 リタはその日のティナの行動を見ていました。
じっとしているのが苦手なティナは、地団駄を
踏んでまで外へ行きたがります(地団駄を踏む
キャラって久しぶりに見たような気がします、、、)。
子供のような振る舞いを見せる彼女にリタは
外へ出る許可を出しますが、その足でティナが
向かったのはカジノ、、、。
 また、頬にキスをする愛らしい仕草を見せて
いる間に、片方の手では金貨を盗んでみたり。
こういうティナの行動に、リタはアンバランスを
感じたのではないでしょうか。ティナは、子供の
ような無垢な気持ちで、悪事に手を染めている
のではないか、と。王女としての厳格な目から見て、
これはティナの生活態度をどうにかしなければ
ならないと彼女は考えた、とか。
 、、、いえ、というか、ここでリタがティナに
「お願い」をしたのは、もしかしたらもっと相手に
近づきたいと思った、という理由もあるのかも
しれませんね。リタはティナの事を、別の世界に
生きる人間とか単なる旅の同伴者などではなく、
自分と同じ道を歩くパートナー、と考えるように
なっていたのかも。だから、盗みをやめて、と
「命令」するのではなく、「お願い」をした
のではないでしょうか。

 そこまで相手を大切に感じていたかもしれない
のに、、、すれ違いは大きくなっていきます。
これで2人が、似た価値観で育った普通の仲間
だったなら、何となく互いの気持ちを察して、仲直り
できそうな気さえしてしまいますが、この2人は、、、。
なぜこうなってしまったのでしょう。個人的には、
リタがあまりに厳格過ぎたからなのかな、と
思ってます。例えばリタはとても杓子定規な人間で、
ちゃんと筋道の立った事だけを信じるように
育てられてきた、とか。目の前で訴えかけている人の
一生懸命さがたとえわかったとしても、感情に
まかせて行動することができない(もしくは
した事がない)のかなという気がしました。

 そんな彼女の目にはいつの間にか涙が、、、。
これまで彼女自身を形作ってきた行動基準、
決まりや規則をかなぐり捨ててでも
つかまなければならないものに、彼女は
胸の奥では気づいていたのではないでしょうか。
でも結果は、、、。一歩先へ踏み切れなかった
自分を、後で彼女は後悔することになる
のかもしれません。

 ティナの方も。リタのためなら、今まで
生きるためのただ一つの手段だった盗賊稼業を
すっぱりあきらめてもいいと、彼女は思うことが
できました。それなのに相手は信じてくれない。
盗賊と呼ばれる人間がいかに信用されないかを、
こんな重要なタイミングで思い知らされてしまった
と彼女は感じたかもしれません。
 つい何かをしてあげたくなってしまうぐらい
親愛の情を寄せている相手にあんな事を言われたら、
もうどうしていいかわからなくなってしまうの
でしょうね。彼女の目にも涙が溢れてきます。

 こうなると、もう普通に仲直りすることは
難しくなるでしょうね。でも彼女達はお互いに
惹かれ合うものを持っているでしょうから、
そこを足がかりにもう一度正面から向き合い、
理解し合うようになってもらいたいです。
そこまで行けば、単に親しいパートナーという
だけでなく、もう離れられないぐらい固く結ばれた
2人になれるのではないでしょうか。
 そういう重要な場面で、濃厚な百合テイストを
発揮してもらいたいです。

 でも次回予告を見ていると、どうもジンが
出てくるっぽい? それでつじつまが合うのか
どうかわかりませんけれど、ジンにはあまり
お手軽にティナの気持ちを持っていってもらい
たくないような、、、。例えば第5話のタック
みたいに、リタとティナの結びつきをより
はっきり見せてくれる役割になってもらえたら
、、、。

 それと、リタの誕生日。かなりとってつけた
ような設定かもですが、この後彼女とティナ
にとって忘れられなくなるような甘い記念日
になると良いなと思います。

|

« シムーンWebラジオ 6/21配信予定です | トップページ | 「蔵出シムーン」 ゲーム編第5回が公開されています他 »

作品 ウエルベールの物語」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/6714572

この記事へのトラックバック一覧です: ウエルベールの物語 第9話:

» レビュー・評価:ウエルベールの物語/第9話 「決別の章」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 5 / 萌え評価 0 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 2 / シリアス評価 37 / お色気評価 24 / 総合評価 12レビュー数 37 件 船に乗り遅れてしまった一行は、目立つ行動を避けるべくホテルで明日の便まで待つことにする。 退屈に耐えられないティナは、リタに甘えて外出の許可を得る。 そして、リタから盗んだ金貨を手にいざカジノへと向かうティナだったが…… ... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 19時31分

« シムーンWebラジオ 6/21配信予定です | トップページ | 「蔵出シムーン」 ゲーム編第5回が公開されています他 »