« 春夏秋冬ドラマCD 告知が掲載されています他 | トップページ | エル・カザド 第6話 »

2007年5月10日 (木)

Yes!プリキュア5 第14話

 視聴者の期待度も高い(?)かれんとこまちの
エピソード、、、。でも今回の場合は、第2話
のぞみとりんのような、2人だけの思い出
というわけではないみたいですね。

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第14話
悩める生徒会長かれん」です。
 かれんの所へ、使い古したサッカーボールを抱えた
りんが現れた。フットサル同好会は部に昇格し
部費をもらえるようになったのだが、欲しい物を
買うには足りないという。
 大挙してやって来た他の部の部員達も、口を揃えて
部費の増額をかれんに求めるのだった。

 これはある意味、今までの努力が裏目に出たという
事なのかもしれません。
 のぞみ達と出会う前のかれんは、ほとんど自分一人
だけで生徒会を切り盛りし、生徒達を導いてきました。
自分のしたい事を我慢してまで彼女達の事を考える
かれんを、皆も信頼し、慕って、、、。と、そこまでなら
良かったのでしょう。でも、かれんがあまりにも完璧に
仕事をこなすため、いつの間にか生徒達は、彼女に
寄りかかり自分達で何かをしようという気持ちが
失われてしまったようです。
 かれんは、今までだって一生懸命に皆が楽しんで
学園生活を送れる方法を考えてきたわけですが、
それをさらに上回るような良い解決策はなかなか
思い浮かばなかったようですね。この時の彼女は、
誰にも打ち明けはしませんでしたが、どうしたら
いいのかわからなくなっていたのではないかと
思います。
 そんなかれんに優しく接してくれたのは、、、
こまちでした、、、! 皆の知らない所で苦労を
重ねるかれんの事を、彼女は誰よりも理解していた
ようです。こまちの仕草、笑顔、柔らかな言葉遣い、
そして何より彼女がそばにいてくれることが、
かれんに安らぎを与えているのではないでしょうか。
 物語には描かれていない、これまでの彼女達の
エピソードを見てみたくなりますね。2人きりの時、
彼女達はこんな風にしてお互いを支え合っていたの
かなと。
 今はのぞみ達が近くにいて、2人だけになる
チャンスは、意識しないと作れないかもしれません。
けれど彼女達だけのひとときを、これからも
ちょくちょく見せつけていってもらいたいです。
 また今回は、このシリーズのシンボルとも言える
2人のふれあいが描かれています。見た目的には
こまちがかれんを「リード」している感じ
でしたね。ふだん皆の前ではかれんが前に出て
場を仕切り、こまちは「一歩引いて」支え役に
回って。でもいざという時には今回のような
それぞれの役割になることもあるのでしょう。
ここまで互いを補い合う関係を築けているのは
素晴らしい事なのではないでしょうか。
 後になってりんやうららからこの事を指摘
された時、かれんとこまちはちょっと赤面している
ように見えました。もしかしたらこの関係、
2人は他の人に話したことがなかったのかも
しれませんね。お互いだけが知っている、内緒の
甘い関係なのかも。

 その他では、これまで伏線っぽくなっていた
事が幾つか出てきてましたね。
 おタカさんのブローチとか、、、。もしこの
ブローチをしている2人が別人だとしたら、
何か百合なものが感じられるのですが、いかが
でしょう。遠い昔に結んだ2人だけの約束をこの
アクセサリーに託して、今も学園に関わる立場に
いるのだとしたら、、、時を超えた結びつきが
あるのではないかと。でも違うかな、、、。
 後はうららの卵焼き。やっぱりケチャップ
なんですね。
 ところで以前はのぞみとりんが、そして今度は
かれんとこまちが絆の強さを見せてくれました。
こうなってくるとうららの立場が気になってきます。
彼女は自分だけのパートナーを見つけることが
できるのでしょうか。

|

« 春夏秋冬ドラマCD 告知が掲載されています他 | トップページ | エル・カザド 第6話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/6375161

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第14話:

« 春夏秋冬ドラマCD 告知が掲載されています他 | トップページ | エル・カザド 第6話 »