« Strawberry SisterS 2 行ってきました その2 | トップページ | コミック なのはA's »

2007年5月 7日 (月)

なのはStrikerS 第5話

 自分の進む道に光を照らしてくれた人がいる。
不安に陥った自分を優しく励ましてくれる人が
いる。そして、手を差し伸べてくれる人がいる。
周囲から注がれる愛情が、キャロを飛躍させる
力の源になっていくのでしょうね。

 テレビアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS」、
第5話「星と雷」です。
 なのはフェイトが空からの攻撃を食い止める間、
スターズ小隊のスバルティアナ、ライトニング
小隊のエリオキャロは、列車を襲うガジェット
ドローンを撃退する任務に就く。しかしキャロは
自分の過去を思い出し、一人不安に陥っていた。

 今回は敵の姿も少しずつわかってきて、これから
展開していく予感ですね。
 なのは達の変身シーケンスも登場して、絵的にも
準備が整った、という所でしょうか。それにしても
なのはやフェイトのコスチュームが替わる場面が
執拗なまでに細かく描かれていたような。何も
そこまで描写しなくても、と思ったりもしますが
この辺はスタッフのこだわりだったり?

 キャロは、機動6課に配属される直前まで
自分が経験してきた事柄のために、次の一歩が
踏み出せなくなっているようです。でも周りには
優しい人達がたくさんいて、縮み込んでいた
彼女の気持ちをそっと解きほぐしていってくれる
のでしょうね。そんな交流を通じて、ここが
「自分がいてもいい場所」、「自分がいたい場所」
へと変わっていくのかもしれません。そうなった
時、機動6課は彼女にとっての家になり、また
彼女はメンバーを家族のように大切にしたいと
願うのではないでしょうか。
 でもそこに居続けるには、自分が機動6課に
とって不可欠な人間と認めてもらわなければならない
のでしょう。実戦で常に戦果を収めることは、
キャロにとっては、自分の居場所を失わずに
いるためのただ一つの方法なのではと思われます。
それゆえに、彼女は「勝つ」ためなら何でも
しようとするのかも、とか想像してしまいます。
実際にはどうなんでしょうね。

 キャロにとってフェイトは、自分をいろいろな
意味で解放してくれた大事な人のようです
(フェイトの事を他の人と話している時に
「大好きな」というキーワードが出ていました)。
2人は同じ小隊に所属しているみたいですけど、
実戦で組むのはエリオとが多くなりそうですよね。
キャロがどちらに傾くのかで百合的にも意味が
変わってきそうですけど、、、こちらはあまり
期待できなかったりするのでしょうか。キャロと
エリオは、スバル&ティアナとは違って
まだ始まったばかりの間柄ですし、これから
少しずつ近づいていくのでしょうね。

|

« Strawberry SisterS 2 行ってきました その2 | トップページ | コミック なのはA's »

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/6340105

この記事へのトラックバック一覧です: なのはStrikerS 第5話:

« Strawberry SisterS 2 行ってきました その2 | トップページ | コミック なのはA's »