« なのはStrikerS 第5話 | トップページ | マギーペール 第1巻 »

2007年5月 7日 (月)

コミック なのはA's

 StrikerSは見ているものの、第1、第2
シリーズは知らないので参考になりました。
百合的には、、、あまりなかったかも。

 学研から発行の「魔法少女リリカルなのはA's
コミック版を見てみました。発行されたのは
去年で、初出はメガミマガジンでの連載
だそうです。
 1話完結型で、アニメ版の間を補うような
エピソードが描かれています。なのは達の
学校生活、はやての家での騎士達の暮らしぶり
など、、、。アニメ本編をダイジェストした
描き下ろしも収録されています。
 個人的には、StrikerSだけ見ていたため
登場人物の関係が今ひとつわからなかった
のですが、これを読んである程度わかって
きました。シグナムやヴィータとはやての
間柄とか。でもなのはとフェイトの出会い
とかはその前のシリーズになるのですよね。
そこを理解するにはもう一つ前の歴史を
調べなきゃでしょうか。

 ところでここ的に気になる百合の度合い
ですが、、、これは、というのはあまりない
みたいですね。
 その理由が、アニメの方からして元々
こういう雰囲気だったのか、それとも掲載誌の
都合で百合が抑えられていたのか、ちょっと
わかりませんでした。
 登場人物の間のつながりの深さで言うなら、
なのはとフェイト、はやてとヴィータ達辺りに
なるのでしょうね。このコミックでは、友情や
信頼感ぐらいの表現になっていましたけれど、
これからStrikerS本編ではどの程度まで
見せてくれるのかが気になる所です。

 そう言えばStrikerSのコミック版も
メガミマガジンで連載されていましたね。
あちらもその内単行本化されるのかな。

|

« なのはStrikerS 第5話 | トップページ | マギーペール 第1巻 »

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

なのは漫画はお正月の「はい、なのは」「あーん」が正直一番百合度が高かったと思います。
なにせ、原作者自らなのはとフェイトの関係は「愛情ではなく友情」と言いきっています(同氏のサイトで)
個人的になのはの百合は妄想で補間するか、二次創作で楽しむかのどちらかで、原作に百合を求めるのは無理だと諦めています。

投稿: nowhere | 2007年5月 8日 (火) 01時13分

>なのは漫画はお正月の「はい、なのは」「あーん」が正直一番百合度が高かったと思います。

あれはポイント高いですねw。

>なにせ、原作者自らなのはとフェイトの関係は「愛情ではなく友情」と言いきっています(同氏のサイトで)

そうなのですか、、、。それぞれのキャラの思いの強さとか置かれた立場から考えると
百合でも問題なさそうですけれど、制作する側にも考えがあるのですね。ちょっと
もったいない気もします。(、、、という事であればやっぱり補間?)

投稿: ギンガム | 2007年5月 9日 (水) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/6340425

この記事へのトラックバック一覧です: コミック なのはA's:

« なのはStrikerS 第5話 | トップページ | マギーペール 第1巻 »