« ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その10 | トップページ | エル・カザド 第1話 »

2007年4月 4日 (水)

Yes!プリキュア5 第9話

 これまで学園内で目立つ存在だったものの
接点のなかった彼女達が、急に仲良くなったら
周りはやはり不思議に思いますよね。ていうか
そういう彼女達と親しくなりたいと思う他の生徒も
増えてきそうな気がします。まぶしく輝く
彼女達と一緒に学園生活を送りたい、と。

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第9話
プリキュアがばれちゃった!?」です。
 校内新聞の「サンクルミエール通信」に
かれんうららの事が取り上げられた。
プライベートを暴くような内容にりんは怒るが、
それ以上にプリキュアの秘密に迫る記事があり
一同は焦ってしまう。

 学園で次々に起こる怪現象。そして時期を
合わせたように接近する生徒会長や新人アイドル、
スポーツ万能の女の子。目に見える事実だけを
つなぎ合わせても、確かに彼女達には何か
ありそうに思えますね。そこに目をつけた
増子美香(またベタな名前ですが、、、)は
鋭いのかもしれませんね。
 美香は、かれん達自身よりも彼女達が隠している
らしい秘密に興味があるようです。彼女の追求を
かわすのは難しそうですが、、、今回は何とか
興味の対象が別の方へ行ってくれたみたいですね。
 でもかれん達を追っていた記憶をなくした
とかではないので、この後また探られてしまう
可能性もありそうです。

 これまでのシリーズだと、プリキュアに
無関係な人達は戦いの場面になると気を
失ったりするパターンが多かった気がします。
それはある意味都合が良い展開でもあります
が、あまりやりすぎてつらい状況になることも
あったように思います。
 例えば、「ふたりはプリキュアSplash Star
の第24話「ムープとフープ登場!って誰?
では、みのりの事を忘れてしまう
という場面がありました。これは
とってショックだったでしょうけれど、作品を
見ている側も驚きだったのではないでしょうか。
咲と舞以外に戦いの渦を広げないための設定
だったのかもしれませんけれど、ちょっと
激しい演出だったような気がします。平和な
世界の中で人知れず繰り広げられる少女達の
戦い、を成立させるのはなかなか大変なのかも
ですね。敵に壊された建物がいつの間にか
元に戻る、というのも常識からは少しそれる
ので、まあ目をつぶらなきゃなのでしょうね。

 さて美香の注目はかれん、うらら、りんに
大きく向けられていたようですが、それでは
こまちのぞみはどうなんでしょうね。
のぞみが「リーダー」と呼ばれていた(若干
「パシらされてた」感はありますけれど、、、)
ことは気にしていましたが、以前はノーマーク
だったみたいです。こまちは、、、かれんの
親友という認識はあっても、学園内では
それほど有名な人物といった扱いではないよう
です。のぞみは主人公だから安泰なのでしょう
けれど、こまちは何か外に対してアピール
できるものが見つけられるようになった方が
良いのでしょうか。

 ところで、うららが美香からボーイフレンドに
ついて聞かれて、「尊敬する人は、、、」と
答えてました。あれは彼女お得意のボケの一つ
だったのか、それとものぞみと特別親しく
なりたいという気持ちの表れだったのか、、、
何となく期待させられてしまいそうな、、、?

|

« ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その10 | トップページ | エル・カザド 第1話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/5983091

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第9話:

» Yes!プリキュア5 第10話「腹ペコナッツを救え!」 [6ch 日曜朝を語るヲタブログ]
節目の第10話です。幸い今日はパソコン順調でした。早速行きましょう。 (ネタバレ注意!!続きを読むからどうぞ!) [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 16時19分

» YEs!プリキュア5 第10話 総括 [6ch 日曜朝を語るヲタブログ]
今週もナッツで始まりナッツで終わると共に随所にネタ満載のエピソードでした。 (ナッツハウスのドアが開く。それに気づいて目を覚ますナッツ。) 小々田:ただいま! のぞみ:こんちわ! 人ナッツ:(ムッとして)何だ…、... [続きを読む]

受信: 2007年4月10日 (火) 23時57分

« ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その10 | トップページ | エル・カザド 第1話 »