« ウエルベールの物語 第1話 | トップページ | ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その12 »

2007年4月16日 (月)

なのはStrikerS 第2話

 新しいステージへと進むスバルとティアナ。
先輩トリオのなのは、フェイト、はやても
うかうかしてられないかも? なので、3人なりの
大人なエピソードを見せてもらいたいですね。

 テレビアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS」、
第2話「機動六課」です。
 数年前からはやてが考えていた計画が本格的に
始動した。時空管理局に新たな部隊を設立する
のだ。そこには管理局の精鋭でありプライベート
でも親友のなのはフェイトが迎えられており、
その他にも高い能力を持った人物が続々と
集結していた。部隊の名は「古代遺物管理部
機動六課」という。

 前回の記事にも書きましたけど、管理局の
体制など設定がかなり細かく決められている
ようですね。時空管理局って軍隊みたいな
やり方で統制されているのでしょうか。何だか
スバルティアナどころか、エリオキャロ
ような若い人まで軍人っぽい行動をする所が
あってちょっと堅苦しさを感じてしまったり。
まあいつも厳しく指揮されているわけではない
のでしょうし、それぞれの年齢らしい部分で
ドラマを見せてもらえたら良いですね。
 そういう意味では、4年前の場面で、はやてが
なのはとフェイトに新部隊設立の思いを
打ち明ける所とか面白かったかも。
壮大なアイディアを話していたのが、3人
(+リインフォースII)で雑魚寝してた
クイーンサイズのベッドの上。しかも
3人とも乱れた服装で、、、。そんな
カジュアルな(?)雰囲気を、今後もきちんと
押さえてくれると良さそうです。

 スバルとティアナは、今回も分かり合えてる
間柄を見せてくれてました。互いに依存
しすぎていない所は、割とさっぱりしてる
印象ですね。けれどいざとなったら、前回の
ような熱い思いで互いを助け合うのでしょう。
 エリオとキャロは、、、エリオが男の子
っぽく相手を意識したのに、キャロの方は
特に何も感じなかった様子。このペアが
結びつきを強めるには苦労を経験しそう?

|

« ウエルベールの物語 第1話 | トップページ | ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その12 »

作品 リリカルなのは」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/6124310

この記事へのトラックバック一覧です: なのはStrikerS 第2話:

« ウエルベールの物語 第1話 | トップページ | ストパニWebラジオ 「姉川柳」レビュー その12 »