« マリみて 新エンディング曲 今日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 第9話 »

2007年3月 7日 (水)

Yes!プリキュア5 第5話

 「私がやらなきゃ」がほとんど口癖になっている
かれん。彼女には周りの状況がよく見えるから、他の
人より速く正確に物事を判断できてしまうのでしょうね。
でもどういう形であっても、彼女が困っている人に
手を貸してあげていることにかわりはありません。
彼女のそういう行為の中には、深い優しさがあるのでは
ないでしょうか。

 テレビアニメ「Yes!プリキュア5」、第5話
プリキュアの資格」です。
 自分の楽しみを犠牲にしても、生徒会の仕事を
こなしていくかれん。ある日彼女の家をのぞみ達が
訪れ、プリキュアになってくれともう一度頼んで
くる。今度は親友のこまちまで一緒だ。しかし
彼女達の言う事を信じられないかれんは、興味が
ない、と断るばかりだった。

 、、、うららは、のぞみとのダブルボケという
立ち位置を自分の場所にした、のでしょうか?
ネタ運びを成功させてりんの激しいツッコミを
もらうためには、のぞみのほとんど回収不能な
ボケをさらに超えるか、または異次元のボケを
かまさなきゃですよね。これはかなり難しい作業
かもしれません。でも何とか成功させて、のぞみや
りんにとってかけがえのない人になっていって
もらいたいです、、、。

 その他でちょっと気になっているのは、ピンキー
でしょうか。たくさん集めるとナッツを解放
できるらしいですけど、集めるのは5体という事?
だとすると次かその次の回辺りに実現しそうな
雰囲気ですよね、、、。
 ナッツが出てくるとどうなるかというと、
オープニングアニメの感じでは、ココとの
「濃い友情」を見せるのかな(ここ的にはあまり
見たくないかも、、、)。それと、のぞみが
また美形にときめいちゃうのかという問題も
ありますが、これについてはココ並みの反応に
収まるのでしょうか。(ところでナッツの話し方って、
語尾はやはり「ナッツ」になる?)このキャラは
未登場の状態でこの話数まで引っ張っているので、
もしかしたら視聴者の反応を見て性格が決まる
のかも、、、?
 それから、今回出てきたピンキーの鳴き声(?)、
ウサウサー」には少し笑ってしまいました。

 後は、今回プリキュアになり損ねた(?)おタカさん
の胸でさりげなく光っていたブローチも気になり
ますね。何かいわくがありそうな。その内
エピソードとして描かれることになるのでしょうか。

 そして、かれんです。彼女は生徒会長としての
有能さを発揮していますが、何でも一人で抱え込んで
しまう癖があるようです。皆でうまく仕事を
分け合えるように配慮するのも能力の一つだとは
思いますけど、彼女はそのやり方を実行できては
いないみたいですね。まあでも別の角度から見れば、
分け合わなくても全部一人でできてしまうぐらいに
彼女が有能だったと言えるのかもしれません。
 そんなかれんを信頼しきって、周りの役員達も、
自分達の持つ不安を素直に彼女にぶつけてしまい
ます。頼られてしまったかれんは真正面からそれを
受け止めて対処しようとしてるようですね。本当は
自分にもやりたい事、欲しいものがあるはずなのに、
ついそれらを後回しにしてしまいます。
 そうしてプライベートを切りつめてまで仕事を
こなし、誰にも弱みを見せないかれんは、結果的に
学園中の憧れの女性になっていきます。この「憧れ」
は、「ああいう人になりたい」という希望よりも、
「ああいう人に優しく導いて欲しい」という、
ある意味身勝手な望みなのかもしれません。
 無邪気に慕ってくる女生徒達に、かれんは
微笑んで応えていますね。一線を越えて近づこう
とする女の子は(今のところ)いないみたい
です。でも、もしかれんファンの誰かが胸に
飛び込んできても、ここまでの彼女なら、自分の
思いを隠して相手を尊重する対応をするかも
しれませんね。
 彼女の笑い方は、学校と家とではちょっと
違っているようです。というか、のぞみ達が
するようなじゃれ合いが、彼女の目には新鮮に
映っていたのでしょうか? のぞみは、持ち前の
思い切りの良さ(?)で、かれんが自分でも知らない
内に作ってしまった他人との壁に、風穴を
開けようとしているのかも。かれんにとっても、
のぞみは今まで相手にしてきたのとは違う
タイプの女の子のようですし、そんな人から、
満面の笑顔で「何度でもアタックしちゃいます!」
なんて宣言されたら、思わずグラっときてしまう
のではないかと。
 、、、こまち、うらら、そしてりんもですが、
のぞみのまっすぐな気持ちに惚れてプリキュアに
なったような所がありますよね。かれんの場合も
そうなりそうな感じでしょうか。、、、これは、
のぞみのハーレム状態?。

 では、こまちとかれんの関係はどうなんでしょう。
2人の出会い(なれそめ?)のエピソードは
これまで語られていませんし、そこにどれだけ
の絆があるのか、ちょっとわかりませんね。
音楽家のご令嬢と老舗和菓子屋のお嬢様、、、
この2人はのぞみとりんのように幼なじみだった
のか、それともサンクルミエール学園に通う
ようになってから知り合ったのか。お互いを
どう思っているのかも聞きたい所ですけれど、
明らかになることはあるのかな(意外と次回
だったり?)。
 かれんとこまちがそれぞれ抱えている問題は、
どうも2人の間で解決するのではなく、のぞみが
糸口を与えてくれる、という形式になっている
みたいです。のぞみがプリキュアのリーダーに
なるにはそういう関係が必要なのかもしれません
けれど、あまり一極集中にならず、1人1人の
思いを大切にしていってもらいたい気がしますね。
かれんとこまちの特別な絆を見てみたいです。

 のぞみは、いったん決めたらどんどん進んで
いく性格のようです。彼女の言う「決定!」が、
うまくいっている内は良いのですが、決定事項を
曲げないために道を踏み外してしまう、なんて
危険性もありそうですよね。そういう、「うまく
いかなかった場合」を乗り越えて、皆の本当の
笑顔を見つけられるようになるエピソードが
あったら、物語に深みが出るかもしれませんね。

|

« マリみて 新エンディング曲 今日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 第9話 »

作品 ふたりはプリキュア」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/5602647

この記事へのトラックバック一覧です: Yes!プリキュア5 第5話:

« マリみて 新エンディング曲 今日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 第9話 »