« Yes!プリキュア5 第5話 | トップページ | 苺ましまろ Sweet-CD1 »

2007年3月 8日 (木)

京四郎と永遠の空 第9話

 いつも後を追いかけ、どんな事でも真似をするほど
カズヤを慕っていた京四郎。でもどういうわけかあの
「踊りながら喋る」スタイルだけは真似しなかった
みたいですね。さすがに恥ずかしかったから、、、?

 テレビアニメ「京四郎と永遠の空」、第9話
乙女見果てぬ」です。
 10年前に起きた実験施設の事故で命を落としたと
思われていたカズヤが、京四郎達の前に姿を現した。
不敵な笑いを浮かべるカズヤは、京四郎を打ちのめし、
せつなを切り捨てて、へと手を伸ばす。

 空は、「存在しないはずの5人目の絶対天使」とか、
かなり特別な存在みたいに言われてましたけど、やはり
4人の内にカウントされていたみたいですね。でも、
1人が2つに分かれるとか、幼い体になるなど、
元作品に通じるものがあって、設定的にはけっこう
面白いような。
 ワルテイシアが空に接触してくる場面があります。
あそこでもう少し百合な描写があるかと思ったの
ですけど、そうはなりませんでしたね、、、。なぜ
そう思ったかというと、第7話でワルテイシアが
ルージュを引いていたから。これは唇やキスに
ついて何かがあるのではないかと考えたのです
けれど、、、。
 本来の姿に戻れるようになった空は、ためらいも
なくカズヤの手を取ります。彼女の頭の中には、
京四郎との思い出はもう、、、ということになって
いるみたいですけど、ここで記憶をなくすのは
ちょっと都合が良すぎるような気もします。まあでも
京四郎の絶望感をあおるための演出なんでしょうね。
 、、、空がずっと見てきた夢の中で、王子様=カズヤ
の姿は、京四郎が以前誇らしげに語っていた理想の
兄と全く同じでした。でも今目の前にいるカズヤは、
2人が理解していた姿とは大きく違っています。どちらが
本当のカズヤなんでしょうね。京四郎の「泣き顔を見る」
ためにわざと「理想」を演じていたのだったら、別に
空の前では王子様ぶることもなかったでしょうし、、、。
カズヤは自分から京四郎に憎まれるような事をしている
風にも見えます。
 ミカを倒したのに京四郎は倒さなかったカズヤ。
その本心がどういうものなのか、この後わかることは
あるのでしょうか。
 っていうか、このスタッフにかかると、「兄さん」と
呼ばれる人達はどうもああいう一人劇場な姿に描かれて
しまう傾向にある? 「神無月の巫女」のツバサとか。
(まあ、単に言葉の多いキャラに動きをつける意味
なのかもしれません。)

 後半、かおんとひみこの場面となります。苦しむ
かおんに取りすがったひみこが、心象世界に入る
辺りとかは、思わず反応してしまいますね。
ムラクモが立ちはだかっている前で見つめ合う
2人(しかもかおんは袴姿!)なんて、元作品
思い出させます。
 あの刹那の時の中で、2人は言葉を交わします。
一瞬ではあるけれど、これまで彼女達を苦しめてきた
ものすべてから解き放たれた場所で。
 出てくる言葉には、それぞれが相手を思いやる
気持ちが込められています。でも自分より相手の
身を心配しすぎて、2人の思いがなかなかうまく
重ならない雰囲気。このまま彼女達はここで一つに
なることができないのか、と思った所で、ひみこが、、、。
2人で話すことができなかったここしばらくの間に
わだかまっていた思いが、彼女を一歩前進させた
のかもしれませんね。
 この辺りからの展開は、千歌音と姫子の経験
したものとはまた違ってくるみたいです。
 結局かおんの胸の中で消えることがなかったひみこ。
2人の物語は、ここで一緒に果てるなどという
(ネガティブな意味での)満ち足りた終わりを
迎えることは許されませんでした。目覚めた
ひみこには、厳しい現実が容赦なく降りかかって
きます。でも、彼女にはもう迷いはないのでしょう。
自分の求めるものに向かって、彼女は自分の意志で
歩き始めたのかもしれません。

 ミカも今回は、そんな彼女の後押しさえしている
ようですね。これはかなりの心変わりのような
気がするのですけど、なぜそういう事になって
しまったのでしょう。
 カズヤを見て、自分も同じような「残酷な
仕打ちをしていたと気づかされたのでしょうか。
かつてカズヤに愛する者を奪われていた自分が、
いつの間にか奪う側に回っていたと。
 それとも、どれだけ手を尽くしても、どう
あがいても、自分が愛したいと思っている人から
笑顔を向けてもらえる日が来ないと気づいて
しまったのでしょうか。
 もう一つ、これはよくわからないのですが、
ミカが恋をした相手は、かおんに似ている別人
だった? 第7話で、実験施設で事故が起きた時に
怪我をしたミカを手当てしてくれた看護服の
女性がいましたけど、あれがかおんなのか
どうか今ひとつわかりません、、、。ミカは
その娘に恋したみたいなんですけれど、彼女が
かおんでないなら、前の記事に書いたように
かおんとひみこには都合がよくなってしまって
いるのでは、と。
 ともかくかおんの命運はひみこに託された
ようです。ネット上に掲載されている次回予告
見ると、ひみこはかおんを求めて旅立って
いたりするのかな? 彼女には、かおんを
見つけ出して、もう離れないようにがっちり
つかんで欲しいですね。

 他にかおん達で気になるのは、なぜミカ
ではなくひみこが、かおんにマナを与えられる
唯一の女性だったのか、ですね。
 京四郎にはせつな、ソウジロウにはたるろって、
カズヤにはワルテイシア。たぶんこの兄弟は
それぞれマナを与えることができるのではと
思うのですけど、ミカだけは与えることが
できないような描かれ方をしています。この
辺りも、何かうまく仕立てられてしまっている
感じはします、、、。ミカがオッド・アイになって
しまった事と何か関係があるのでしょうか。

 かおんとひみこを取り巻く状況には様々
あるみたいですけれど、前の作品とは少し
違った展開になってきているようですし、
この作品ならではの彼女達の愛の形を見せて
もらえたら良いですね。

|

« Yes!プリキュア5 第5話 | トップページ | 苺ましまろ Sweet-CD1 »

作品 京四郎と永遠の空」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/5615291

この記事へのトラックバック一覧です: 京四郎と永遠の空 第9話:

» 京四郎と永遠の空第09話「乙女見果てぬ」感想 [物書きチャリダー日記]
さてさて今日もやってきましたよ。前回はとんでもないところで終わったこのアニメ。その場のテンション的にはかなり笑えるけど、ストーリー的には全然笑えないわけで。今回はいったいどんなストーリーが待っているんでしょうかね〜。京四郎と永遠の空第1巻初回限定版早速...... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 15時45分

» 「京四郎と永遠の空」第2話期間限定無料放送中! [[i-revo]京四郎と永遠の空]
「京四郎と永遠の空」第2話(~3/13)、「RADIO 京四郎」第14回、無料放送中! http://te-a.i-revo.jp/kyoshiro/ (powered by i-revo) [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 16時28分

» (アニメ感想) 京四郎と永遠の空 第9話 「乙女見果てぬ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
京四郎と永遠の空―前奏曲 京四郎の前に姿を現したカズヤ。その横には、失われたはずの絶対天使メギンギョルドのワルテイシアを従えていた。カズヤは京四郎にその拳をもって襲い掛かる。絶望の中、京四郎は静かに倒れていった・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 9日 (金) 23時15分

« Yes!プリキュア5 第5話 | トップページ | 苺ましまろ Sweet-CD1 »