« 「さくらの境」第3巻 本日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 OPテーマ「クロス*ハート」 本日発売です »

2007年1月23日 (火)

ストパニWebラジオ 第1回~第61回

 アニメ本編とはまた別に、麻衣さん、愛さんの作り出す
暖かい雰囲気を楽しめる番組のような気がします。お2人の
何気ないやり取りやゲストとのトークも、時々(ではなく
頻繁に?)笑いを誘うことがあったり。「姉メロ」「姉川柳」
などコーナーも充実してます。

 小説、コミック、アニメ、ゲームなどで展開する作品
ストロベリー・パニック!」を大フィーチャーした
番組、というWebラジオ「麻衣&愛の電撃G'sラジオ
ストロベリー・パニック!~お姉様といちご♥そうどう~

です。61回分の感想をまとめてみます。というか
ラジオ番組なので、感想というより紹介みたいなものかも
しれません。よろしければ見てみてください。
 なお、これまでにこの番組について書いた記事への
リンク
を下の方に置いておきますので、そちらも
参考にしてみてください。
 では、幾つかの項目に分けて書いてみます。

「ここはアストラエアの丘」、、、白百合の園へ
麻衣さん&愛さん=お姉様、リスナー=妹
2人のコンビネーション
ゲストのお姉様方と「肩書き」
オープニング主題歌「きゅんきゅんフリル」
「お姉様の奥」
「白百合事件簿」
「小さな姉のメロディ」
「姉川柳」
今後への期待

・「ここはアストラエアの丘、、、」

 第1回以降ずっと、番組はこのせりふで始まります。
毎回ここから白百合の園へ入っていく、って感じですね。
録音した音声ではないので、その時のお2人のノリみたいな
もの(明るくいくのか、しっとり攻めるのか、とか)を
ここで感じ取れるような気がします(気がするだけかな?)。
 番組は、アニメ本編の話題が出たり、お便りを紹介
したり、ちょっとした出来事を語ったりみたいな進み方
です。でもお2人の語り口が楽しいというか、よく
聞きながら大笑いしてしまいます。

 最初にこの番組が始まると聞いた時は、百合がこれだけ
取り上げられるのも珍しいなと思っていました。その頃は
まだストパニのアニメ化やゲーム化については言われて
いなかったこともありましたし、この番組で百合な雰囲気を
味わえたら良いな、ぐらいの捉え方でした。
 それで実際に聞いてみると、もちろん百合度もそこそこ
ありましたが、中原麻衣さんと清水愛さんのトークが面白くて、
そちらも楽しみになっていました。

 この番組は、(一応)アストラエアでの集い、みたいな
テイストがあるようです。番組冒頭でのお2人の挨拶や、
メールで「ごきげんよう」という書き出しが定着していった
のも、この番組らしさの一部なのでしょう。

・麻衣さん&愛さん=お姉様、リスナー=妹

 この番組での一つの決めごとがこれですね。
 麻衣さんと愛さんは「お姉様」と呼ばれ、リスナーの
方達は「妹」としてお姉様方にお便りする、みたいな
感じで。
 番組では「ラジオネーム」の代わりに「妹ネーム」を
使うようにお願いされていました。「女の子」っぽい名前を
付ける、という事ですね。
 百合な雰囲気を出すには効果がありそうな方法と思います。
けど「男の子」にとっては少しハードルが高くなって
しまっていた、かな? でも第61回の放送で愛さんが
言っていた所では、「ついてきてくれる」人は多かった
ようです。また、番組をしばらくやっていく内に妹ネームに
縛られることも少なくなり、自由に名前を付けてもかまわない
ようになっていたみたいです。
 男の子といえば、「ストロベリーボーイ」という言葉を
使っていた時期もありました。放送の方でも、初期の頃
男性スタッフの声が聞こえてくることがややありましたが、
後になると少なくなりましたね。そういう風にして番組の
カラーがうまくできあがっていったように思います。

・2人のコンビネーション

 やはりこれまでの放送の中で、麻衣さんと愛さんの
コンビネーションの良さは重要だったと思います。
 これまでにも一緒に仕事をされることが多かったから
なのか、初めの頃からスムーズな番組運びだったような
気がします。まだ第1回、第2回辺りは、「お姉様」キャラを
出そうとして苦労されていたみたいですけど、その後
普段と同じ感覚で進行するようになってからは、それぞれの
特徴が出ていた感じです。
 例えばお便りを読む時、質問を受けたりすると、まず
麻衣さんが愛さんに意見を求めて、愛さんが考えを言った後、
麻衣さんが自分の考えと合わせて回答する、みたいな流れが
けっこうあったような気がします。これは、お互いの
意見を押しつけ合わずに良い回答を出すうまいやり方
なのでは、と思います。
 ゲストの方が来ている時も、麻衣さんが相手に話題を振って、
愛さんがゲストの方の言葉を補って、みたいな連携が
あったようです。
 それから息も合っていますね。タイトルコールとかは
何回も繰り返しているから当たり前と言えるのかもしれません
けど、初めて言うせりふも間合いがうまくとれているような。
第61回放送での新年の挨拶(?)も、突然言い出したのに、
ぴったりでした。こういうのは、聞いていても楽しく
なりますね。

・ゲストのお姉様方と「肩書き」

 アニメ化決定や配役発表が行われたり、実際にアニメの
放送が始まると、声優の方達がゲストに呼ばれることが
多くなりました。2人でのおしゃべりも楽しいですけど、
ゲストを交えてのトークもにぎやかで良いですね(、、、
そう言えば構成作家の方(たまちさん?)もスタジオに
いらっしゃるんでしたっけ)。アフレコ現場での制作裏話
みたいなものも聞けました。
 それに主題歌アーティストの方達もいらっしゃって
ました。アニメのOP曲を歌う美郷あきさんと、ゲームの
主題歌を歌っているCooRieのrinoさん。お2人は音楽の
制作現場や、PV撮影、友達関係の話題などを語って
いました。
 そしてこの番組では、ゲストのお姉様方に「肩書き」を
付けるという風習(?)があります。「小悪魔」から
「カリしゅわ」まで、人間っぽかったり動物だったり、
あるいは食べ物だったり、いろいろな肩書きが付けられて
いたように思います。全部並べるとすごいでしょうね。
 麻衣さんの「女王」と愛さんの「妖精」も、最初は
2人とも恥ずかしがってたみたいですけど、ここまで
そろってくると普通に見えたり、、、。

 他にもゲストに呼んで欲しかった人がたくさんいますね
、、、。メインになる12人のヒロイン役の中でも、
まだの人もいらっしゃるようですし。その他では、
桜木花織役の岩村琴美さんとか重要なのでは。後は
六条深雪役の野田順子さん、遠森詩音役の氷青さんなど
でしょうか、、、。でもそう言うメンバーを差し置いて(?)
剣城要役の木下紗華さんと、鬼屋敷桃実役の後藤沙緒里さん
が呼ばれていたのはさすが、なのでしょうね。

・オープニング主題歌「きゅんきゅんフリル」

 番組オープニングは、最初の頃はゲームサウンドトラック
からの曲が使われていました。「きゅんきゅんフリル」に
なったのは第20回放送分からですね。
 最初にこの曲のタイトルだけ聞いた時は、ポップな感じの
曲調なのかなと思っていたのですが、実際はけっこう
しっとりしてます。惹かれ合う2人が胸をときめかせる、
みたいな。
 実は曲を聴く前には、Webラジオの主題歌だし、簡単な音楽
なのかななんて侮っていたのですが、違いましたね。
弦楽器やハープシコードみたいなものが使われていて
いかにも「学園百合」を思わせる中、麻衣さんと愛さんの
ユニゾンで切ない歌詞が歌い上げられています。
 またこの曲が使われ始めた頃はまだアニメの放送が
始まっていなかったこともあり、麻衣さんと愛さんは、
渚砂玉青とは違う雰囲気で歌っていました。そういう
所なども印象的です。
 個人的に、他のストパニの音楽と合わせてよく聴く
曲の一つになっていたりします。

・「お姉様の奥」

 ここからは番組内の各コーナーについて書いてみたいと
思います。
 「お姉様の奥」、略して「姉奥」(ねえおく)は、初期の
半年ぐらいの間やっていたように思います。
 麻衣さんと愛さんが、「お姉様のプライドをかけて」
出されたお題をクリアしていく、というコーナーですね。
腕相撲をしたり山手線の駅名を答えたりと、まああまり
百合的でないお題も多かったですが、何だか笑えてしまって
楽しかったですね(お2人とも笑いのセンスが鋭いのでは
ないかと思います)。
 また、「お互いをほめ合う」とか恥ずかしくなってしまい
そうなものもあり、2人とも照れながらチャレンジしてたり
しました。

・「白百合事件簿」

 ゲストがたくさん呼ばれるようになってから始まった
コーナーですね。アフレコ現場での「白百合な事件」を
ゲストが報告する、というものです。
 アニメは出演者が全員女性なので、確かに白百合な
状況は発生する確率が高そうです。
 麻衣さん、愛さんからゲストの方へ話題を振り向ける
時に、「『白百合な事件』なんてないよねぇ?」という
のが決め言葉みたいになってましたが、逆に2人の事を
つっこまれる場面とかもあったみたいです。

・「小さな姉のメロディ」

 「小さな姉のメロディ」、略して「姉メロミックス」!
、、、って略になってない、みたいなつっこみは、あったとか
なかったとか。
 まあそれはともかく、基本は「妹達」のお悩みに答える
コーナー、なんですよね。この部分はきちんと行われていた
ように思います。「コンビネーション」の所に書いたような
やり方で、うまく意見をまとめられていた気がします。
 なので最後の「姉メロ」演奏の部分がギャップが大きくて
笑ってしまいます。愛さんのバイオリンは、まあそうなの
ですが、麻衣さんのフルートが時々完全に打楽器だったり、
ゲストの方のピッコロとかティンパニーなども、何を
演奏しているのか想像もつかない楽器でした(っていうか
楽器だったの? ぐらいの音でした、、、)。これはこれで
ある意味、妹達の胸に届くメロディなのかもです。

 また、入学式文化祭などのイベントではお姉様方が
ずらりとステージに並んでいっせいに演奏することが
あったりしました。これはかなりの壮観だったのでは
ないでしょうか。

・「姉川柳」

 「小さな姉のメロディ」とともに特徴のあるコーナーが
この「姉川柳」でしょうね。
 リスナーの方から寄せられた「ストロベリー・パニック」
っぽい川柳を詠み上げるのですが、その前にちょっとした
ストーリーが、麻衣さんと愛さんの語りで繰り広げられます。
 これがまた甘い、百合な物語になっています、、、。
1分ぐらいのごく短い時間なのですが、雰囲気が出ていて
楽しめますね。しかもこれって毎回欠かさず2本ずつ
放送されていたんですよね。という事は合計122本も
作られている、、、? 驚きです。(ちなみにWebラジオCD
第2弾には追加で2本、新作が収録されています。)
 物語は、麻衣さんか愛さんどちらかがお姉様に、
もう1人が妹に、というシチュエーションで展開します。
ある時はお姉様が妹を誘惑したり、またある時は
妹の無邪気な仕草がお姉様をめろめろにさせたり、
甘さを堪能できます。
 また声優の方がゲストで来ている回では、3人で
姉川柳というパターンもありました。この場合は、
1人のお姉様と2人の妹、または逆に2人のお姉様と
1人の妹、という組み合わせになっています。これも
聴き応えがありますね。

 これまで、「きゅんきゅんフリル」、WebラジオCD
第1弾第2弾それぞれに10本ぐらいずつ収録されて
きましたけど、それでもまだ全体の4分の1ほど
なんですよね。全部聞いてみたい気もします、、、
けど一挙に聞くのはもったいないかもですね。

・今後への期待

 このWebラジオは、笑いどころもたくさんありつつ
百合な雰囲気を楽しめる番組と言えそうですね。
個人的には1回目から既に笑わせてもらっていた気が
します。
 しかも毎週配信で、年末年始になっても1回も
休まずにきっちり続けていた所とか、さすがだと
思います。姉川柳も毎回あるし。

 という風に毎週聞けていたので今はちょっと寂しい
ですねー。もっと聞いてみたいです。そのためにはやはり
ストパニ本編の方を何とかしてもらう必要がありそう
ですけれど、、、。
 ラジオをやるならやはり麻衣さんと愛さんを
パーソナリティにお願いしたい所ですね。(2人とも
この番組には思い入れがあるようですし。)お2人の
コンビネーションの良さは彩りの一つになるのではと
思います。コーナーは、姉奥のテンションの高さや、
姉川柳の甘さなど押さえていってもらえたら。最初から
ねらい澄ましたコーナーでなくても、ともかく
百合な空気を感じさせてもらえればありがたいです。

各回リマインダとレビューへのリンク

 「リマインダ」には、その回の紹介と前回の感想が
書いてある場合があります。
 「レビュー」には、その回の感想が書いてあります。
 最初の頃のはどちらも、軽く紹介する程度の内容に
なっていますね、、、。だんだん詳しくなってくるのは
第32回分ぐらいからみたいです。

-リマインダ

第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回
第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回
第23回 第24回 第25回 第26回 第27回 第28回
第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回
第35回 第36回 第37回 第38回 第39回 第40回
第41回 第42回 第43回 第44回 第45回 第46回
第47回 第48回 第49回 第50回 第51回 第52回
第53回 第54回 第55回 第56回 第57回 第58回
第59回 第60回 第61回      

-レビュー

第11回 第61回 WebラジオCD第2弾    

|

« 「さくらの境」第3巻 本日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 OPテーマ「クロス*ハート」 本日発売です »

作品 ストロベリー・パニック!」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

こあんさんへ
ご要望のありましたこあんさんのコメント2つを消しておきました。
私もストパニ2期、Webラジオに期待したいですw。
またどうぞ気軽に書き込んでくださいね。

投稿: ギンガム | 2007年1月26日 (金) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/5055429

この記事へのトラックバック一覧です: ストパニWebラジオ 第1回~第61回:

« 「さくらの境」第3巻 本日発売です | トップページ | 京四郎と永遠の空 OPテーマ「クロス*ハート」 本日発売です »