« ストパニ PS2用ゲーム情報が更新されています | トップページ | ストロベリー・パニック 第7話 »

2006年6月 1日 (木)

シムーン 第7話

 テレビアニメ「シムーン」第7話、「公海上空にて」です。
 グラギエフから儀礼用のリ・マージョンの練習を言い渡された
コール・テンペスト。シミレ・シムーンで夜の空へ飛び出した
彼女達へ向かって飛んでくる1機のシミレがあった。乗っていた
のはマミーナとユン。ネヴィリルの父親ハルコンフの意向で
連れてこられた新しい補充人員だった。
 百合姫連載のコミック版では第1話から出ていて、一部では
あるキャラに似ていることで有名(?)だったマミーナがついに
登場です。ハルコンフが彼女を連れてきた理由、それに
ロードレアモンとの関係など、因縁がありそうですね。
 一方、ユンにも彼女なりの考え方があるようです。
シヴュラであり続ける理由についても、そう思うように
なるまでの経緯には複雑なものがあったのでしょう。
アーエルとは衝突しそう? (ところで、これまでカイム
「眼鏡っ娘+ボクっ娘」攻勢はありましたが、ユンは
「俺」、、、。どうしましょう(←別にどうもしなくて
いい)。)

 前回のレビューでは「青春の時期に~」といった事を
書きましたが、今回冒頭でアルティが微妙な発言、、、。
大空陸でも、「結ばれる」という事はそういう意味
なんでしょうけど、百合的にはその方向性は、、、。
他の巫女達はどう考えているんでしょうか。
 それに、アルティが言うようにしないといけないなら、
(巫女でなくても)人は17歳になるまで、恋しても
結ばれないことになりそうです。

 しかしコール・テンペストの巫女達、同じせりふを
聞き飽きたからと言って、自分達への非難を笑いの
種にしてしまうのはあまり良くない傾向のような。
アーエルは怒ってましたが、パライエッタドミヌーラまでが
笑ってました、、、。ネヴィリルのためにも、何とか全員で
うまくコールを動かしていってもらいたい気がします。
 そのネヴィリルのちょっとしたピンチ(?)を救った
アーエル。これはけっこうポイント高かったかも。
 とはいえ彼女も、前回はパライエッタに認められはしましたが
今回また新たな障害が。
 ネヴィリルへの道は険しいかもですけどまっすぐ進んでいって
もらいたいです。

 コール・テンペストには本当にいろいろな過去を持った
巫女達が集まっています。(前話でカイムが「皆寂しい」
という表現を使ってましたね。)これだけ個性的な人達を
まとめて同じ方向へ向かわせるのは並大抵のことではない
でしょう。けど、それがうまくいった時、胸のすくような
美しいリ・マージョンが見られるのかもしれません。

|

« ストパニ PS2用ゲーム情報が更新されています | トップページ | ストロベリー・パニック 第7話 »

作品 シムーン」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/2019387

この記事へのトラックバック一覧です: シムーン 第7話:

» レビュー・評価:Simoun シムーン/第7話 公海上空にて [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 35 / 萌え評価 28 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 7 / お色気評価 46 / 総合評価 22レビュー数 39 件 任務に復帰はしたものの、周囲からお荷物扱いされているコール・テンペスト。あと2人の補充人員が必要となっているところへ、ネヴィリルの父、ハルコンフがマミーナとユンを連れてやってきた。彼はネヴィリルにマミーナとパルになれと言うが……。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月23日 (火) 19時51分

« ストパニ PS2用ゲーム情報が更新されています | トップページ | ストロベリー・パニック 第7話 »