« シムーン 第1話 | トップページ | マリみてWebラジオ 第3回 今日配信です »

2006年4月 5日 (水)

ストロベリー・パニック 第1話

 こちらも放送が順次始まっているテレビアニメ
ストロベリー・パニック」です。第1話「櫻の丘」を
見ることができました。
 アストラエアの丘には、乙女達の通う三つの女子校が
寄り添うように建てられている。中高一貫教育を旨とする
三校の内、聖ミアトル女学園に編入してきた蒼井渚砂
登校初日、神々しいほどの美しさを持つ少女花園静馬
出会った。しかし彼女は不意に渚砂の肩に手を置き、
唇を寄せて、、、。
 といった感じでかなり濃厚な雰囲気が冒頭から漂って
います。アストラエア三校自体やそこに通う生徒はあまり
屈託がなく明るいのですが、百合な急先鋒(?)と思われる静馬や
夜々は妖艶な空気すらまとっているようです。
 お姉様やお嬢様が、無垢な少女達の恋の扉を開く、みたいな
展開が多くなってくるかもですね。もちろん百合はそのパターン
ばかりではないと思いますので、天音絆奈達には頑張って
もらいたいです。
 他には玉青のアプローチも気になります。対面した直後から
世話を焼いたりちょっかいを出したり。渚砂と同室であるのも
彼女にとっては強みになりそうです。
 もっとも、静馬も学園内での位置づけは相当上のようですから
彼女は彼女で、好きなように振る舞ってくれちゃいそうな気も
します。

 渚砂も、編入先で出会った美しい人がああいう立場と性格
だったのは災難かもしれません。でも静馬の気持ちは最初から
はっきりしているでしょうから、後は自分自身の思いがどうなのか、
なのでしょうね。玉青の今後の出方も気になります。いろいろな
ストーリーが考えられそうですね。

 ストーリーといえば、この前書いた「森のいちご狩り」も
ちょっと参考にしてました。映像を見て、なるほどこれか、と
納得することもあったり。ちなみにあの文章につけてある
時間は、CMまで含めた放送上の時間を元にしているようです。

 全体的に見るとやはりしっとりした印象ですが、時折
コミカルな場面も出てきます。そういったシーンでうまく
切り返せたらメリハリがつくような気がします。この辺りは
今後の展開にも関係してくるのでしょうね。

 それと驚いたのが、エンディング、、、。こういう演出って
あまり見たことがないような。

|

« シムーン 第1話 | トップページ | マリみてWebラジオ 第3回 今日配信です »

作品 ストロベリー・パニック!」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/1286037

この記事へのトラックバック一覧です: ストロベリー・パニック 第1話:

» (アニメ感想) ストロベリー・パニック 第1話 「櫻の丘」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ストロベリー・パニック! 1 (1) タイトルからポップでキュートなアニメを予想していましたが、実際は小百合色濃い学園もの。どうせならトコトン濃い世界を展開していって欲しいですね。それでは、感想です・・・。... [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 (木) 00時41分

« シムーン 第1話 | トップページ | マリみてWebラジオ 第3回 今日配信です »