« かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | トップページ | 百合姫Vol.3 表紙出来 »

2006年1月14日 (土)

舞-乙HiME 第14話

 「舞-乙HiME 第14話 オトメのS・O・S」を見ました。
 1クールを終えてだんだん屈託した展開になってきました。
間合い的には「舞-HiME」に近いような気もします。
どちらの作品も、同名のキャラクタが似た役割を持っていて、
疑心暗鬼な内輪もめがエスカレート、という同様の流れをたどって
いるようです。この状態ではエンディングもあらかじめ見えて
しまいそうなので、「舞-乙HiME」では驚くような展開を
期待したいです。
(これまでの一番の驚きは、マシロが闊達なお姫様(女王様)に
なっていた事や、ナオがなにげに思いやりの人になっていた事
だったり、なんて、、、。)

 百合的には、、、それはもう数多くの、女の子同士のふれあいが
見られます。が、今ひとつ愛情がないように感じられてしまいます
(私だけでしょうか?)。
 登場人物の中にはそういう行為に生理的嫌悪感を抱いている
女の子もいるようで、百合的には見ていてつらい気持ちになって
しまいます、、、。
 今回のエピソードでは、期待の(?)エルスティンも何者かに
動かされている感じでしたね。こうなると、アリカとマシロに
望みを託すしか?

|

« かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | トップページ | 百合姫Vol.3 表紙出来 »

作品 舞-乙HiME」カテゴリの記事

百合レビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/25344/342813

この記事へのトラックバック一覧です: 舞-乙HiME 第14話:

« かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | トップページ | 百合姫Vol.3 表紙出来 »